堅物だと思っていた女子大生と駐車場の車の中で
画像はイメージです
大学時代、同じクラスに、いつも冴えない女子3組がいた。
3人とも、もっさりしたセーターに長いスカートを穿いているような堅物で、この大学に入ったのは勉強のためだと本気で思っているような3人組だった。


でも、俺はその中の1人恵利は、本当は美人なんじゃないかと前々から思っていた。
だから、何かの飲み会の後、オンボロ中古車で恵利をドライブに誘った。
昔は、まだ飲酒運転がそれほど厳しくなかったし、そんな学生はいくらでもいた。
そういう時代だった。

30分ぐらいドライブをして、公園の駐車場に車を停めた。
いい雰囲気に持ち込むのにテクなどいらない。
俺は会話を抑えて、徐々に黙り込むようにした。

恵利は空気が読めてないのか、それともそんな空気にならないようにしようと思っていたのか、車の中でずっとしゃべっていた。
スイスのコルビジェセンターがどうしたとか、何だかそんなことをいつまでも話していた。
正直、恵利がこんなにしゃべるとは思っていなかったので、少し意外だったが、俺は、(ああそうか、飲み会の後でちょっと酔ってるんだな)と、ようやく理解してきた。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


焦れったくなってきた俺は、結局、実力行使で行こうという結論に達し、「お前さあ、本当は美人だよな、ちょっと顔見せて」と、俺の顔を恵利の至近距離まで近づけた。
普段はメガネをかけていて、あまりよく分からなかったんだが、間近で見て確信した。
本当に美人だった。
恵利の瞳は、展開が読めなくて驚いていたように見開いていた。
短いまつげが綺麗に目の縁を取り囲み、切れ長の目は、少し汗をかいたこめかみに続いていた。

息を押し殺した恵利から、それでも少し漏れてくる吐息は、レモンサワーの臭いがした。
カーステレオから流れるジプシーキングスが次の曲に変わる一瞬、車の中に静寂が訪れて、俺は、きらきらと輝く恵利の薄い唇に自分の唇を重ねた。
恵利は一瞬、ビクッとして体を硬くした。
俺は大切なものを守るように恵利を抱きかかえた。
それは、ちょっと本能的とも言えるもので、優しく抱いてあげることで恵利の不安を少しでも取り除いてあげたかったんだと思う。

意外だったのは、恵利が俺の口の中に舌を入れてきたことだ。
たぶん何かで読んだか聞きかじったのか、恵利は口づけとはそういうものだと思い込んでいるらしかった。
ぬるっとした感触が恵利の口から俺の口に伝わってきて、俺の股間は一気に硬さを増してきた。
Gパンの中で俺のペニスは、痛いくらいに硬くなってきた。
恵利は、初めて異性とキスをしているという事実もさることながら、自ら舌を差し込んだという破廉恥な振る舞いに自ら猛烈に興奮しているようだった。

普段、あれほど堅物でまじめだと思っていた恵利が、今、俺の口の中で舌をレロレロと動かしている。
その感触にどの程度、溺れて良いのか、恵利は少し戸惑いつつも、自分の中に呼び覚まされた猛烈にいやらしい情欲をもはや抑えきれないようだった。

俺は、ふいに唇を離し、「お前、本当はいやらしいんだな」と耳元で囁いた。

恵利は少し泣きそうな顔をして、俺から目を逸らす。
俺はもう一度唇を重ねて、今度は俺の方から恵利の口の中に舌を差し込んだ。
と同時に恵利の胸に手をやり、服の上から、少し撫で擦るように恵利の胸に触れた。
恵利は堪えようとしても堪えきれないといった調子で、鼻息を荒くする。
俺は恵利の胸を揉む手に力を加える。
胸全体を大きく回転させるように、大きく大きく揉みしだく。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

恵利は、俺の手の回転運動に呼吸を合わせるかのように、口からも息を漏らしだす。

「本当にいやらしいな」

耳元でそう囁くと、恵利は小さな声で、「イヤ」と反応する。

ここからは速攻だ。
まず恵利の上着とスカートの隙間から右手を服の中に滑り込ませる。
恵利のほっそりとした脇腹から背中に向けて右手を滑らせ、ブラのホックに到達する。
ブラのホックを外すのに2、3度手間取ったが、それも外し、ブラの内側を撫でるように、今度は恵利の脇の下から右の乳房に到達。
見かけによらずたっぷりとした重量感のある乳房を今度は少し優しく揉みしだく。
手のひらに硬くなった恵利の乳首を感じつつ、恵利の乳首を転がすように右の乳房全体を揉みしだく。

「ああ」

恵利の口から初めてエロい声が出る。

「感じるのか?」
「・・・」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「感じてるんだろ?」
「・・・」

「いいんだ、それで」

右手を微妙にスライドさせ、親指と人差し指で軽く乳首を摘んでやる。
それがスタートの合図であるかのように、「ああああ」と恵利が声をあげ始める。
その間、俺は、恵利の首や頬や耳たぶや瞼や額に繰り返し繰り返しキスをし続けた。
それから乳房を揉む手を恵利のスカートにホックに滑らせる。
案外スカートのホックは簡単に外れて、恵利のウエストが露わになる。

「いやっ」
「何が嫌なの?」

「わ、私、少し太ってるから」
「こんなの、太ってるうちに入らないって」

恵利を俺の方に抱き寄せて恵利の腰を浮かす。
と同時に、スカートをずり下げる。
堅物の恵利のパンツなど、すっかり中学生みたいな子供っぽいパンツなんだろうと思っていたが、意外にも恵利のパンツは薄紫色で、とてもエロかった。


「いつも、こんなパンツ穿いてるの?」
「え、ああ、普通だよ、はあ、こんなの」

「いや、それは普通だろうけど、お前にしては意外だな」
「・・・」

「だろ?」
「私のこと、すっごい真面目っ子だと思ってたんでしょ?」

恵利は、いきなり俺のいきり立ったジュニアをGパンの上から擦りだした。
少しは手慣れてることを示そうとしたんだと思うが、実際には力が入りすぎていて少し痛かった。
それで俺は恵利の手を少し脇にのけてベルトとボタンを外し、Gパンのチャックを下ろした。
俺は、トランクスから飛び出しそうになっているジュニアを完全に外界に解放した。
恵利の手を、いきなり飛び出した肉の塊に持っていくと、今まで経験のない得体の知れない感触を確かめるように、恵利は俺のジュニアを強く握ったり離したりし始めた。

「す、すごい、おっきい」

「どうだ、いやらしいだろ?」

「あと、熱い」

本体とそれを取り巻く皮という二重構造に興味が惹かれるらしく、恵利は本能的にジュニアをしごきだす。

「う」

不覚にも声をあげた俺を見逃さず・・・。

「え?気持ち良いの?」
「もっと先っぽの方も、今みたいにして」

「ん?こう」
「あああ」

俺は少し大袈裟に声をあげてやった。

「ね?気持ち良いの?気持ち良いの?」

「ああ、気持ち良い」

「ん?先っぽから何か出てきたよ」

たぶん、こういうことも本能的にプログラミングされてるのか、恵利はジュニアの先から出てきた汁を亀頭に塗りたくる。

「おお」

今度は本当に強烈な快感が襲ってきた。
恵利は少し狂ったようにジュニアを握る手を動かし出した。
たぶん恵利自身、猛烈に興奮していたんだと思う。

俺は、お返しとばかりに恵利のパンツの中に手を入れた。
想像通り、あり得ないというほどパンツの中は洪水状態になっており、股間部分はまるで熱い飲み物をこぼしたようになっていた。
こんなの、どう触っても大丈夫そうだなと思った俺は、適当に中指と人差し指を恵利の穴の中に押し込む。

「あああああ」

今までの流れからは信じられないほどのトーンと大きさで恵利は声をあげる。
中指と人差し指を適当にかき混ぜる。

「あああ、あああ、あああ、あああ」


かき混ぜる回転運動に反応してリズミカルに喘ぎ声をあげる恵利。
少し手首にスナップをきかせて、回転運動と同時に穴の上壁を押し上げる動きをプラスすると恵利は腰を動かし出した。

「エロいな」
「あああ、あああ、あああ、言わないで、はあ、はあ」

「お前は、本当にエロいな」
「いやあ、あああ、あああ、あああ」

「お前、授業の時とか、真面目な顔しながらエロいこと考えてるんだろ」
「あああ、あああ、いや、考えてないって、はあ、はあ」

「いや、考えてるね。少なくとも、明日の外国語講読の時間には思い出すね」
「はあ、はあ、何を?あああ」

「指を入れられて、腰を振って、よがっていたってことをだよ」

回転運動と手首のスナップに加えて、手のひらでクリも押し込む。
また別に快感が恵利を襲い、体を少し捻るようによがる。


「んんんーん、いやああ、ダメ、ダメ、ダメ」
「何がダメなんだよ」

「ダメ、あああ、もう、本当にダメ」
「何がだよ」

「あああ、なんか、なんか、出てくる、熱いのが、熱いのが」
「それはお前がエロいって証拠だよ」

今まで遊んでいた左手を恵利の背中からまわし、恵利の上着の下に滑り込ませる。
そして左手で乳房を揉む。

「ああ、もういじめないで、いじめないで、ねえ、あああ」
「いじめてなんかないだろ、お前はこういうのが好きなんだ」

「いやあ、もういやあ、あああ、あああ」
「気持ちいいって言ってみなよ」

「いや、はあ、はあ、はあ」

「気持ちいいんだろ、気持ちいいって言ってみなよ」

「・・・はあ、はあ、はあ」

サディスティックな欲望が膨れあがった俺は、いきなり手首をぐりんと反転させ、今までクリの裏側を押し上げていた人差し指、中指で今度は肛門の方を押し上げる。
たぶん、ここまで濡れてなかったら痛かったと思う。
この乱暴な動きが、恵利に最後の一線を飛び越えさせた。

「ああああああ!気持ちいい、気持ちいい、気持ちいい、ああああ」
「それだけか?」

「あああ、ダメえ、もう死にそう、死ぬ、死ぬ、死ぬ、あああ」
「お前、明日、外国語講読の時間、発表、当たってるだろ」

「え?あああ、あああ、はああ、はああ」
「もう準備できてんの?」

「え、う、うん。でも、なんで、こんな時にそんなこと言うの?」
「今、俺は穴を乱暴にかき混ぜたからな」

「・・・」
「だから、お前は、明日になっても、股間の奥底に俺の感触を感じ続ける」

「・・・」
「穴の中が少し痛くて、クリがジンジンしているはずだ」

「・・・」
「俺は、そんなことを考えながらお前を見つめる」

「え?」
「それで、お前は俺の視線を感じるたび、股間の感触を思い出す」

「何、やらしいこと言ってるの?」
「やらしいのはお前だろ」

「恵利、ティッシュ持ってる?」
「え?何に使うの?」

恵利はティッシュをバックから取り出す。

「今から出す」

「え?」

「見てろよ」

俺は、これ以上ないくらい硬く突き上がったジュニアを、ゆっくりしごき出す。

「やらしい」

恵利に見せつけるように手を大きく上下させる。
恵利は駐車場の車の中で、男がジュニアを擦っているという状況に興奮しているようだった。

「ほら、恵利も、自分の、触りなよ」

「え?そ、そんなこと、したことないし」

「嘘つくなよ」

俺は左手で恵利の右手首を掴み、そのまま恵利の右手を恵利の股間に導いた。


「ほら、ほら」

「いや」

「自分で、自分のクリを触ったり、穴に指を入れたり」

そこまで言ったところで恵利はクリを小さく揉み出した。
少し面白かったのは、恵利が俺のジュニアとオナニーを見つめる真剣な眼差しが、まるで授業中の恵利の真剣な表情そっくりだったことだ。
俺は授業中の恵利の顔と、恵利がクリを愛撫する様に興奮して堪えきれなってきた。

「ねえ、イキそうなの?」
「ああ」

「イク時、精子、出てくるの?」
「そうだ」

「ああああ」

何に興奮したのか分からないが恵利が喘ぎ出す。


「白いのがドクドクと出てくるぞ」
「はあ、はあ、はあ」

「見たいか」
「いやあ、はあ、はあ」

「一緒にイクぞ」

そう言ってジュニアをしごくスピードを速めると、恵利もクリを擦る手をスピードアップさせた。

「はあ、はあ、はあ、あああああ」

恵利はいつの間にか左手を服の中に入れて自分の乳房を揉んでいる。

「はあ、はあ、いやあ、ああああ、ああああ」

恵利も絶頂に近づいているようだ。

「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」

恵利は軽くまぶたを閉じると、苦しげに眉間にしわを寄せ、少しずつ体を震わせている。

「ああ、はああ、ああ、ダメ、はあ、ああ、ああ、ああ」

恵利はイクんじゃないのか?
俺のジュニアをしごく手はますます速まる。

「ねえ、ねえ、ねえ、ああああ、もうダメぇ」

恵利は体を大きくブルンと震わせると、「ああああああー」と一際高い声をあげて果てた。

俺も恵利がイッた様をみながら射精した。
ジュニアは初発の後、5回も6回もうねりながら精液を放出した。

その後、ちょうど他の車が駐車場に入ってきて、俺と恵利はすぐさま服を整えた。
それからそそくさと駐車場を立ち去った。

恵利のアパートの前に着くと、恵利は明日の発表の準備が残ってるからと言って、すぐに車を降りようとした。
俺は、こういう日にはこうするものだといった調子で、恵利の手をとって引き寄せ、恵利の唇にキスをした。
恵利は、今度は決して流されまいという感じで俺を軽く押し戻した。

「じゃあ、また明日」

恵利は、少し硬い笑顔を見せて車を降りていった。

翌日、外国語講読の時間に恵利は発表をした。
恵利は発表の途中、一度も俺を見なかった。
たぶん恵利の体には本当に前日の余韻が残っていて、だから、俺の顔をまともには見られなかったのだろうと思う。

恵利はその後、彼氏ができたのか、それとも、もしかしたら、その時から付き合っていた奴がいたのか、ともかく俺とはそのまま何も発展しなかったんだけれど、20年近く経つ今でも思い出す、俺のとっておきの青春ズリネタだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 堅物だと思っていた女子大生と駐車場の車の中で

私の周りのビックリ看護師たち
画像はイメージです
私の知ってる看護師のお話をします。

出会いは15年前、テレクラでした。
看護科に通う高校生で、今で言う援助でした。

彼女は初体験の従兄にのめり込むあまり、怖くなった従兄に逃げられ、荒れた状態でした。
はっきり言って誰でも良かったのでしょう。
優しく接してやると、すぐに彼女気取りでしたが、相変わらずのテレクラ生活でよく男の助手席に制服で座る彼女とすれ違ったものでした。

高校を卒業して准看として勤め始めましたが、寮生活の為か乱れた生活に拍車がかかりました。
私の彼女を気取ってるかたわら、男関係はより乱れたものとなりました。
男遊びする彼女を見る機会が増えました。
彼女の男ぐせの悪さは治る事も無く、職場を変わっても飲み会で持ち帰られたり、男性看護師やドクターとの関係も減ることはありませんでした。

ある日、私とのセックスを拒み、服を脱ごうとしないので問いただすとケジラミをうつされたらしいのです。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

しかし、彼女は「一緒にホテルに行って、服は脱がされたけとセックスはしてない」と言い張るのです。

私的には「ホテルに行った時点で浮気だし、陰毛が触れ合わないとケジラミなんてうつらないだろ?」と言いましたが、セックスしてないの繰り返しです。

「俺に対して服を脱がないって言ってるけど、その時はなんでホテルに行くのを拒んだり、服を脱ぐのを拒否しなかったの?」と聞くと黙ってました。

その頃からか、彼女に対して何かが崩れ始めたのがわかりました。
公園で放尿させたり、昼間の駐車場でフェラさせたり、縛ったりと、玩具の様に扱い始めました。
彼女も私への罪悪感からか大人しく従うので、恥辱に徹したプレイを楽しみました。

しかし、私が彼女のルーズさに我慢が出来なくなり、別れる事になりました。
彼女は特に時間にルーズで、約束の時間を守った事なんか有りませんでした。
当然、男にもルーズで付き合った男のアド携番はメモリーされてますし、連絡も取り合ってる様でした。
男にしてみれば、誘えばやらせてくれる簡単な女ですから重宝されたはずです。
おまけに男にアド携番を聞かれたら簡単に教えるのですから、メモリーが減ることはなかったです。

それについて文句を言うと「なんで?ダメなの?」と言いだす始末でした。

罪悪感なんて無かったみたいです。
ケジラミの一件以来、私も彼女の大勢のなかの一人として接してるつもりでしたが、彼女にしてみれば私が彼氏らしく、問題や頼みごとは私に持って来るのには閉口しました。
彼女だけが特別なのかと思ってましたが、彼女の話を聞くと、とりたてて特別では無いみたいでした。
一番びっくりしたのは、違法薬物中毒患者と同棲してる同僚看護師の存在でした。

ナースと言えばヤリマン、ド変態のイメージでしたが、モラルすら存在しないとは驚きでした。

あくまでも私の周りでの話です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 私の周りのビックリ看護師たち

AVビデオに出演していた妻
画像はイメージです
とりあえず、私は『妻夫』とでもさせて下さい。

私(40)と妻(28)は、一回りも歳が離れています。
そもそも妻は、私の会社に派遣されてきた女の子だったんです。
まぁー普通に言えば派遣の子に手を付けたオヤジってことになるんですが、その妻の初出勤日、私達の職場に挨拶しにきた時、どこかで見た様な気がしていました。
その時は、あまり気に留めていなかったたのです。
そんな私は、恥をさらす様ですが、この歳で素人童貞だったんです。
実際は左手が恋人状態で、そのおかずとしてよくお世話になっていたのがAVビデオでした。

有名メーカー物は、もちろん、そう言うのにも飽きてきて、インディーズとかのビデオ(ビデオ安◯り王なんて言うショップに良く行くもので、店員と顔なじみなったりして)を一夜の恋人にしていたんです。
ここまで書くと勘の良い人にはわかってしまうと思いますが、なんと妻(当時は派遣の女性)は、そのうちの一本で見た子だったんです。

2~3日一緒に仕事をしていて、何か引っかかるものがあったので、家に帰ってから、自分のビデオコレクションを見てみたんです。
レンタルとか、買っても捨てたり、あげたりしていたんで、無いかもと思いながら捜していると、偶然にも取っておいた1本でした。
(有名女優より、素人っぽいのとか、1本だけの出演で消えた女優なんて言うのが自分の趣味で取っておいた事も幸いしていました)
あんまり知らないメーカーでした。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

(潰れたのかな?)
再生すると、現在の妻よりかなり若い感じで、他人とも見えるんですが、ほくろなどで確かに本人と判断出来ました。

内容は、自分から見るとありきたりで、屋外で普通の撮影の後、室内のソファーに座らされて自己紹介(もちろん偽名)。
そして下着姿になってオナニー(このとき男にクンニされていました)そのあと、ベッドに移って男優と絡んでから、はめられて、最後に顔射で終わっていました。
そのあえいでいる顔が本気だったようなのと素人っぽいように見えて、捨てずに私のコレクションにされた様に覚えています。
薄消しと言いながら、目を細めれば見えるかもって言う感じだけで、実際は生ハメかコンドーさんかの違いは全く判りませんでした。

そうなると、自分の机の横にいて、会社の制服を着ている女性が、再生しているAVビデオに出演していたなんて思うと、それだけで、自分の物はギンギンになってしまい、とうに飽きてビデオでは抜けなくなっていた自分が久々に2回も抜いてしまいました。
そのビデオの中の彼女(妻)は、結構、スレンダーな姿形で、脚も長く、おっぱいは巨乳では無いのですが、その形は、男をそそる良い形をしていました。
なんか、見れば見るほど惚れてきました。

翌日、会社に行くと、もう彼女はいて、いつもと同じように挨拶してくれます。
でも、その挨拶が自分だけのものの様に思え、それだけで、急に彼女と親近感が沸いて来るのを感じていました。
かといって相手に対してそんな事を言う事はしませんでした。
(結婚をしたのは別にビデオを事で脅したりした訳ではありませんので)

でも、そんな風に思うと、ついつい彼女に親切になってしまい、来たばかりで判らない仕事の手配や内容について親身になって教えていました。
そうやっていると隣で話をしている彼女とビデオの彼女がダブっていて、昼と夜の違いって言うのか、そのギャップを楽しんでいたと言うのが本心かも知れません。
特に飲み会などでは、あえて彼女と話さなかったりして紳士を装っていました。
そんな事をしていると、彼女の方も、普通のおじさんから自分に親切にしてくれる男の人になって来た様で、ついにある日、彼女に自分の仕事の手伝いをしてもらっていると、彼女の方から「たまには飲みに誘って下さい」とデートの誘いともとれる言葉を言われました。

その時は、「あっ、うん、そのうちにね」と言ったのですが、内心はヤッターと言う感じでした。
2~3日何もなく過ごしたのですが、たまにこちらを潤んだ様に見ているのに気がついて、本当に誘わなければと、翌週金曜に誘いました。

「俺とだけれど良いの?」って聞くと、構わないと言う返事に感激しました。

そのデートの日、ちょっとしたレストランで食事をしてお互いのことについて話をしました。

女は兄弟が結婚し、親と同居したので、自分は外に出て、一人暮らしであると言う事、このご時世、大学は出たけれど就職口がなく派遣業界に身を置いているとの事でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

当時まだ彼女は24歳でした。
この派遣も期間が終わるとまた別の所を紹介されて行くけれど、次の所が無ければ、決まるまではアルバイトなどで食い繋いでいかなければならないなど、身の上話や業界の話も聞いたりして、とてもビデオの事など言い出せる事が出来ませんでした。

その夜は、レストランで終わって帰りました。
結構紳士であったと思います。
翌日楽しかったと言われ、次のデートの約束もしてしまいました。
そんな事で続いていると、初めての素人の女性との付き合いでしたが、そんな彼女の体が次第に欲しくなり、ついにあるデートの時に自分の部屋に来ないかと言いました。
もちろん彼女も行ったらSEXありかも知れないと言うのは判っていたと思います。
私もこんなおじさんの部屋に来るのかなと思っていたのですが、「良いですよ」と言われ、その夜、彼女をというか女性を初めて部屋に招きました。

彼女は、私の部屋に入ると、やっぱり男の部屋に戸惑っているようでした。
急に誘ったので、部屋は片付けてなく、乱雑でした。
自分が片付けようと雑誌や衣服を拾い集めていると、彼女も手伝ってくれていました。
押し入れに押し込む様にしていると彼女が、私のコレクションを発見してしまいました。

「◯◯さんもこう言うのを見るんですね」と、しげしげとその一部を見ていました。

自分も恥ずかしくなって、「そうだねと」と言いながら、途中で買って来たビールやチューハイなどをテーブルの上に広げてながら、横でそのビデオ集をながめている彼女を見ると、そのビデオの中には、私が発見した彼女が出演している物も入っていました。

あえて、何も言わずに「さぁー続きだよ。飲もうよ」と言うと、「うん」と急に口数が少なくなり、お酒と摘みを広げているテーブルの所にきて、絨毯の上に脚を崩して横座りになりました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


スカートから出ている彼女のすらりとした脚を見て思わずごくりとしました。
ビールを空け、しばらく飲んでいると、だんだん話はHな方向に行きました。

彼女は、さっきのビデオの事を言い出し、「男の人ってこういうビデオでするんですか?」とか、私の女性経験などを聞いてきました。

私も、彼女に初体験とか、男性経験の話をしました。
彼女いわく、遅くて大学に入った後の19歳で男性経験は5人以内だそうです。
私が、冗談で処女かと思ったよと言うと、彼女は真顔で「この歳で処女は変ですよ」と言われました。

逆に私が「俺が童貞だったらどうする」と切り返しました。
すると、「えっ、◯◯さんって童貞だったんですか」と酔っぱらって赤くなった顔で真剣に見つめられてしまいました。

「えっまぁー、そんなところかも、この歳じゃ変人かな」と言うと「嘘でしょ、そんな風に見えないし、良い人に巡り逢わなかったんですよ。でも男の人の初めてって筆下ろしって言うんでしょ」と言う彼女の甘ったるい言葉を聞くと、その瞬間、私の理性が飛んでしまいました。

黙ったまま、立ち上がって、座っていた彼女を抱き上げて、ベッドに運ぶと、キスを浴びせました。
彼女も積極的に舌を出して私の口を吸ってきます。
彼女のブラウスとスカートを脱がすと下着だけにしました。

そこにはビデオの中の女優が私のベッドに横たわっていました。

慌てて、自分の着ているものを脱いで、ビキニ(私はトランクスではなくこの歳でもビキニを履いているんです)になると、その様子を見た彼女が「◯◯さんって結構いいからだをしているんですね」と褒められてしまいました。
(腹は出ていると思うんですが)
でも、ビキニの前部は、自分の物の形がくっきりと出ていて、それは彼女にも判っていたはずです。
彼女が私のビキニに手を延ばすとその形を撫で廻し始めました。
そうなると先端部から液体が出てきたのか、グレー生地の一部が濡れ始めました。

まるでビデオの一部だなと思いながら、そんな彼女の指の動きに気持ち良くなっていました。
自分も彼女のショーツを脱がし、初めてその部分を目にしました。
ビデオではモザイクで見えなかった部分が、今目の前にあるんです。

彼女が自分から、その長い脚を広げると黒い陰毛の奥には、濡れたピンク色がありました。
ビキニを脱ぎ、全裸になると、ベッドに横たわりました。
彼女もブラと足首に引っかかっているショーツを脱いで同じく全裸になると私の上にのり、69の体勢になりました。
風呂に入っていない私のいきり立った物をためらわずくわえて、上下に口を動かし始めました。

私も負けずに少々おしっことチーズが混じったような匂いがするその部分に舌を差し込んでいきました。
しかし、経験が少ない素人童貞の私には、ただ口と舌を舐め回すだけの単純な動きしか出来ず、彼女にして見れば、やっぱり童貞だったんだと言う事を再認識させる事だったと思います。
でも、彼女も興奮していたのか、そんな私の幼稚なテクでも、自然にあそこからはぬるぬるした液体が大量に分泌される様になりました。
彼女は、私の物から口を離し、あえぎ声を上げていました。
そのまま、自ら、騎乗位の体位になり、私の物を握って自分のあそこに導くと、腰を下ろしました。


しばらく私の上で腰を振っていましたが、倒れ込んで来たので、繋がったままで、体をひっくり返し、今度は私が上になりました。
私の腕の下で、彼女が目を瞑って声あげています。
次はバックをと思っていたのですが、情けない事にその喘いでいる顔が、ビデオ女優の彼女とタブってしまい、急に私の物に彼女の絡みついてくるひだを感じると、とたんに彼女の中に発射してしまいました。

中に出してしまい、とたんに自分はさめてしまいました。
彼女も私が出してしまった事が判ったようで、私が離れると立ち上がり、その部分をティッシュで押さえていました。
そして、バスルームの場所を聞くと、駆け込んでいきました。

10分ぐらいだったでしょうか、バスタオルを巻いて出てきた彼女に、すぐに「子供が出来たら結婚しよう、いや出来なくても結婚しよう」と言いました。

彼女にしてみれば、あっけに取られていたのかもしれませんが、「うん」と頷いていました。

結局、子供はできませんでした。
今は、避妊しながら中出ししていて子供はまだいません。
その時の様子を妻に聞くと、私の部屋で自分のビデオを見つけ、脅されるのかもと思っていたそうです。
しかし、そんな素振りも見せない私に少し安心し、残りの派遣期間も少しだし、親切にしてくれた童貞のおじさんに、SEXぐらいプレゼントしてあげるつもりだったそうです。

妻に、そのビデオの事を聞いたら、あと一本同じ会社から出ていたそうです。
大学生の頃、悪友(いまも仲の良い友達だそうです)から誘われ、旅行のお金が欲しくて出たと言っていました。

後で妻の男性経験の人数がそのビデオと合わせると数が合わないので聞くと、ビデオで絡んでいる男の人数は含めないのが業界の常識だそうで、知りませんでした。
と言う事は、本当の経験人数は両手ぐらいと言う事になりますね。
その後、妻とはタブーが無くなって色々と楽しませています。

さて、プロポーズを成り行きでしてしまい、向こうからも一応OK?と言われ、翌日、彼女(妻)が帰ってから、事の重大性に気が付きました。
親兄弟には彼女の事をどうやって説明するか、まさかAVに出ていたなんて口が裂けても言えるわけがありません。
自分も、果たしてそれで良かったのかと、これから悩まないでいられるのかと自問自答しました。

しかし、結局、彼女のけなげさ(派遣で苦労している話などを聞いて)にやっぱり、結婚の決意を固めました。
(妹みたいと言ったら変になりますが、似た様なものです。)

実際、彼女(妻)も冗談で言っていたと思ったらしく、翌週の月曜に私に「あの話は、よく考えてから言って下さい」と思い直した方が良いともとれる様な事を言われました。

しかし、そんな事を言われれば言われるほど、逆に結婚への決意を固めた次第です。

その夜も強引にデートに誘い(最初は断られました)結婚したいと言う事を再度言いました。
そのあとは、時間が無かったのにも関わらずホテルへ行って2回目の性交渉を持ちました。
(今度はちゃんとバックも)
私の決意が変わらないのも知って彼女(妻)も次第に真剣になり、ちゃんとお互いの両親への紹介と結納等を経由して結婚へといたりました。

もちろん結婚までは、清い体で、・・なんて言う事は全く無く、毎日の様にお互いのアパートを行き来し、やりまくっていました。
(多分この時に私の性欲を使い果たしたのかも)
彼女(妻)のアパートで2本目のビデオを見させてもらいました。
ちなみに妻は、体はいいのですが、どこにでもいるような普通の女の子で、AVアイドルになれる様な感じではありません。
(そこら辺が2本で終わった原因かも、こんなこと書くと妻が激怒しますね)

そのビデオはいわゆる3Pでした。
さすがに婚約者にこれを見せる時には嫌がっていました。
私が、AVを良く見ていたと知っているからこそ、強引に言うと押し入れの奥から取り出してきました。

1本目もそうでしたが、妻はまだ若く(当然ですね)そして、専門のメークさんもいて、ちゃんと化粧をしてくれたらしく、映っている妻は美少女的でした。
1本目の男優は、まだ若くて、体も引き締まった男でしたが、2本目は、頭が寂しくなっているオヤジと同じ年頃の中年男性でした。

きっとそのビデオ会社は金がなくて、ちゃんとした男優を呼べなかったみたいです。
(スタッフかも)内容は、アルバイト先の女子大生(当時、妻は本当の女子大生だった)が雇い主にやられてしまうという内容だったと思います。
ビデオは、結婚して、新居に引っ越しして来るまでの間に彼女(妻)に捨てられちゃいました。
私のコレクションも、みっとも無いし、誰かに見られたらどうするんだと、言われ同じく全数廃棄の運命でした。
金が掛かっていたのに。

当時、その2本目は、趣味に合わず、汚らしく見え、嫌いだったのですが、今は2本目の方が、興奮すると思います。


そこで思い出す範囲でその内容を(他のとダブっていて間違っていたらご容赦を)。
ストーリはお粗末でしたが、妻(もう妻を彼女というのはなにか変なので、妻に統一します)は、制服の上を脱がせれ、ブラをたくし上げられると、そのピンク色の乳首を執拗に指で弄られたり、しゃぶられたりしていました。
不自然なミニスカートの下は、パンストでは無く生足で白いショーツでした。
もう何度も見たパターンですが、ショーツを絞られたり、その上から指でいじくられたりしていました。

本目と同じようなソファーの上で全裸にされた妻は、もう一人の中年オヤジの禿げたオヤジの物をフェラしながら、もう一人にクンニされ、演技か本物か喘いでいました。
禿げたオヤジの方は、やっぱり男性ホルモンが強いのでしょうか、頭には毛が無いのですが、胸毛やら、腕とかすね毛は、ぼうぼうでした。

フェラしている妻は、時々その毛をかき分けるようなしぐさをしていました。
(こんな事を言う訳は、私自身が、逆に脚など毛が余りなくつるんとしています。妻はそんな私の脚が好きだと言ってくれ、良く脚を絡めてきます。)
そう言うわけで、私としては自分と正反対の男が、彼女(妻)としているのを見ると演技とは言え、凌辱している様に思え、ついつい真剣に見てました。

思い出すと妻の白い全裸の体とそのオヤジの毛だらけの体が、白と黒で対比がきつかったです。
(今は興奮ものかも)
もう一人の中年のオヤジが、バックで妻を逝かせて、自分も妻の背中に射精していました。
続いて、その仰向けに寝た禿げたオヤジに、妻をまたがらせ、騎乗位で妻が腰を振っていました。
突然、画面が切り替わると今度は妻がそのオヤジの毛深くて太い腕の下にいて正常位で責めたてられていました。
最後は、顔射かと思ったのですが、そのオヤジは妻の上に乗ったまま終わってしまいました。
もちろん、途中では、その両方のオヤジには妻の可愛い唇が奪われ、しつこいくらいのキスをしていました。

キスが好きな方(キスフェチ?)もいるようですが、最近私もその気持ちがわかります。

1本目が恋人同士の様な感じだったのに比べるとこっちは全然逆でした。
相変わらず、妻は、演技か本物か判りませんが、凄く感じている様に見え、そのしぐさに何度となく左手をせわしなく動かしていました。
実際にこれに出演した女優が、すぐそばにいるのにも関わらずです。
さすがに、その後のSEXは、中に入れると同時に発射してしまい、妻の顔は呆れた様子でした。

自分のアパートに帰る時に「そのビデオを貸してくれ」と言いましたが、答えは「ノー」でした。

そして、いつの間にか処分されていました。

ビデオの件で、結婚後ですが、どうなっているのかを色々と聞いてみると、監督以下、カメラマンやメークさん達がいて、妻との絡みを撮影するのですが、監督さん以下初心者という妻に対しては、親切であったそうです。
行為後などは、ADなどが妻の体に付いたすぐに汗や男優の出した名残を拭き取ってくれたそうです。
男優もあのオヤジ達も面白い事を言って笑わせてくれたり、初心者の妻に親切にしたそうで、これがAVで無ければ、普通の会社の仕事風景なんでしょうね。

肝心のモザイク部分のことについて演技中、妻の中に入っているものは、もちろん男優さん自身のものです。
コンドーさんを付けるかどうかなのですが、1本目は気を使ってしていたそうですが、2本目はコンドーさん無しでした。
つまり、妻は、両方のオヤジ達の物を生で挿入されていた事になります。
コンドーさんの有り無しでお金が違い、もちろん顔出しとかそういうのでも違っています。
2本目ともなると慣れたでしょうと監督さん達から言われ、断りにくくなり、うやむやのうちに生での挿入を承諾させられました。

そして、生の時には、妊娠に気をつけるため、エー◯イと言う会社の避妊薬や使い、演技を行いました。
禿げたオヤジの方は、本当は顔射の予定だったのが、我慢が出来ずに妻の中に出してしまったそうです。
妻は、出されたオヤジの暖かい精液を自分の奥で感じて、中で出されたのは判ったのですが、ここで騒ぐと今までのが台無しになると思い、しばらく目を閉じて逝ったふりをしたそうです。

後で、監督さんから、そのオヤジは怒られていたそうです。
すぐにシャワーで洗い、出てくるオヤジの精液を洗い流しながら、妊娠しない様にと祈ったそうです。
幸い薬のおかげか、妊娠する事も無かったのですが、この先、こう言う事があると怖くなり、これで終わりにしたという次第です。
妻の中に出したのは、このオヤジが一人目で、その後、妻は数人の男性経験を積んでいましたが、中出しだったのは、私が二人目ということだそうです。
(こればかりは、妻の言葉を信じるしか無いみたいです)

自分の婚約者のその大事な部分を自分以外に多くの人が見ていて、その内の数人が妻のその部分を試していたのかと思うとやるせない気持ちでした。
しかし、妻の話は私を充分に興奮させるものでした。

結婚後の事もあるのですが、ここは結婚前のトピと言う事で、ここら辺で終わります。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 AVビデオに出演していた妻

仲の良かった友達に頼んで潮吹き体験
画像はイメージです
潮吹きってご存知ですよね!

雑誌やAVなんかで時々出るので大抵の方が知ってると思いますが、現実に体験した男性は少数だと思います。
私も2年前までは見たことがなく、どんな様子なのかかいもく見当がつきませんでしたが、2年前に初めて経験しました。

奥さんで何度か試してみましたが、愛液がペチャペチャといつもより多く出るというレベルで『潮吹き』という感じはなく、吹く方と吹かない方がいるんだと思います。
以降、2年前に体験した潮吹きを詳細に書きます。

2年前、久しぶりに北海道に2泊3日の出張が決まり、学生時代仲の良かった友達(学生の時、お互い酔って1度だけエッチした)に連絡を取り、夜飲もうという約束をしました。

この女性は、私と同じ歳なんで当事44歳、バツ1で子供1人。
久しぶりに会って、居酒屋で楽しく会話したんですが話題が段々エッチっぽくなっていきました。

「特定の人とかいるの?」
「もう男はコリゴリ」

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「でも、たまにはしたくなる事とか女はないの?」
「もちろん女でも性欲はあるよ」

「そうだよね、そんな時 どうするの?」
「◯◯だから云うけど、もちろん一人でするんだけど・・・。実はねーー、ネットのあるサイトに申し込んで3Pをやったの」

「うそーーー それは凄い!どんな感じ???」

・・・と、もうお互い小声なんですが、すごい盛り上がり(笑)

「病み付きになるといけないから1回だけだけどねメール出して、一度3Pを経験したいとだしたのそうしたら40歳以上は本来断っているが、会員メンバーに確認してみると返事がきたのそれから2、3日して、お相手してもいいという方が出ましたという返事があったの」
「うんうん」

「当日、シティホテルのツインの部屋予約して、お酒買ってオードブル買って待ってたよ、もうその日の朝からドキドキもの、だってそうだよね、会った事もない男2人といまからやるんだもの。現れた2人は、35~6歳と、私と同年代の普通のサラリーマンぽい方、最初の1時間ぐらい軽くお酒飲みながら会話してたの。その後、シャワー浴びてきたら?って云われて、シャワーを浴び、男の方2人順番にシャワー浴びて、3人ともバスローブになって始まったの」
「話聞くだけでドキドキするね!それから?」

「両側から本当にやさしく愛撫されて、その時間が長いの30分は軽く触れられるだけって感じ、久しぶりだったんで気持ちよかったよ。でーー私、潮吹いたんだよ」
「えーー!あのAVとかで時々ある潮!?」

「うん、指で愛撫されて激しく動かされ、ワァーーイク!ってなった時、ピィーピィーって!50cmぐらい飛んだのその後も、3~4回出たよ、二人も驚いた顔してた」
「へーー!俺、一度も見たことないよ。ねーー。今日は早く帰らないといけないの?ゆっくり出来ない?」

・・・って、もう見え見えで誘った。
彼女も3Pの後、1年ぐらいやってなく、やる気満々で会いに来たようで、子供は実家に預けているので、ゆっくり出来るとの事。

居酒屋から出るエレベータの中で、お尻に手を廻して軽くタッチ。
もうこれだけで目が潤んできていました。
ホテルに入ってドアをロックした瞬間、彼女が抱きついて来てディープキス、お互い中年なんで舌を絡め合うような濃厚な奴(笑)

5分ぐらいたったままキスしてました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

お互いちょっと落ち着き・・・。

「ねーー、一人エッチ見せてよ」
「やだよ、そんなの、あれは一人でやるもの人に見せるものじゃないもん」

「チェッ、残念だなーー」

その後は、ベッドで愛撫しながら服を脱がせた。
乳房から背中お尻に舌を這わせ、アソコに指を這わせるともう洪水状態。
彼女を体操座りさせ、両足を開かせ、中指と薬指をアソコに挿入し、第2関節を曲げて上下に軽く動かす。
彼女は大きな声をあげて感じていました。

段々と速度を速めて動かすと「あーーーダメーーー」と云った瞬間に指を抜くと

ピィーピィーピィーと、3回に分けて『潮』を吹いた。

こんな感じなんだァーーともう感無量です(笑)
飛んだ先のシーツにちょっとした水溜りが出来ていた匂いを嗅いだが、無味無臭という感じでした。

その後も、結合してても吹くし、結局3回、潮吹きを体験しました。
彼女も久しぶりで大満足したようで、2時近くタクシーで帰っていった。

戻って早速奥さんでもやってみましたが、潮は吹きませんでした。

貴重な体験でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 仲の良かった友達に頼んで潮吹き体験

私だけに見せてくれた叔母のレイさん
画像はイメージです
もう11年も前の話になる。

私が9才の頃、母親の実家によく行って遊んでいた。

当時、母は28歳は仕事が忙しいと私を実家に預けて仕事に向かっていたんです。
母の実家には、兄夫婦(33歳/27歳)が住んでいたんですが、まだ子供も居ませんでした。

俺の他にも、母の妹の子供(レン5歳・みっち7歳)が預けられ、その世話役を兄の妻(レイさん)が見てくれていた。
レイさんは子供が好きだった様で、いつも一緒に遊んでくれていたんです。

母の実家は農家だったので、祖父母はいつも田畑に行っていて、家にいるのは、レイさんとオッピ爺ちゃん(当時74歳)と僕たちだけでした。

その時は、仮面ライダーゴッコと言いますか、まぁ“ヒーロー”と“悪役”って感じで、レイさんが悪者役です。

奥座敷で、座布団や敷布団を利用し大はしゃぎ!
玩具の剣や鉄砲で「バンバン」と言いながらレイさんを攻撃していたんです。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


レイさんも本気で遊んでくれるから、私達も本気でアタックしていると、レイさんが布団に倒れ込んだんです。
その時、レイさんはミニスカート姿だったので、白いパンティがモロ見えです。

まぁ子供ですから、相手にしてみれば関係無かったと思うんですが、当時の私はちょっとマセていて、女性の裸に興味があったんです。

レイさんは畳まれた布団の間に頭から突っ込んで、お尻が丸見えです。
しかも身動きが出来ない様で藻掻いていました。

私は、そんなレイさんのお尻をジッと見つめると、パンティの横から毛が食み出ていたんです。

「悪者めぇ・・・こうしてやる」と剣でお尻を叩くと「ちょっと駄目!叩かないで」と声を上げるレイさん。

そんな言葉を聞いて「駄目だ!悪者はこうだ!」とパンティを下ろしたんです。

「ちょっと、ちょっと何するの?変なことしちゃダメ」ってレイさんは藻掻いていたんですが、流石に男3人に押えられては動けない様です。

母のは見た事があったけど、他の女性器は初めてです。
レイさんのお尻はヒクヒクしていました。
何だか面白くなって、お尻をぺんぺん叩いていると、前の方の筋から汁が溢れて来たんです。

剣で撫でると、納豆の様に糸が引き不思議でした。

「レイさん!変なの出て来たよ」と言うと、「見ちゃダメ!早く起こして」と流石に怒るレイさんでした。

私達もレイさんから離れると、何とか起き上がり素早くパンティを戻すレイさんでしたが、御爺ちゃんが見ていたのを知ると、レイさんは何処かへ消えてしまったんです。

そんな事が起こってからでしょうか・・・?
かくれんぼとかしていると、レイさんは私だけを部屋に招いて「ここ見たい?」と聞いて来る様になったんです。

「うん」と言うと、レイさんはスカートを捲り上げ、パンティを下ろして見せてくれる様になりました。

いつも透明な汁が溢れていて、私は指を入れたり剣を差し込んだり!
レイさんは何故か「あ~気持ちいい」と声を上げて喜んでくれました。

胸も何度も触らせてもらい、いつしか吸っていたのを覚えています。
そんなレイさんも、私が12歳の時に子供が出来て、遊んでくれなくなりました。

今、考えると興奮してフル勃起です。

レイさんは今、38歳!
まだまだ綺麗なお母さん。
私を見ると思い出すんでしょうか?
時おり頬を赤らめる時があるんです。

もう一度、レイさんのおまんこを見せて貰いたいと思う、今日この頃です。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 私だけに見せてくれた叔母のレイさん

フェラ上手な娘との思い出
画像はイメージです
二十歳の頃の話。
当時コンビニでバイトしてました。

そこのオーナーには息子がいたんですけど、中学浪人して三流私立高進学、高校浪人して東京の某三流私大の夜間学部、在学中に一回留年して23歳で大学2年生という、とても横滑りが上手な方でした。
いい年して親離れが出来ていないらしく、2週に一回は週末に帰省してきておりまして、何も用事がないのに、店に出てきては、私のようなバイト君に勝手に指示しては、みんなに迷惑がられるという何だかなぁという方でした。

彼はコンプレックスが人一倍強い性格らしく、自分の中でした格付けで、自分より上位にいる人間には偉そうに振舞い、格下と思える人間には賞味期限切れになった弁当をバイトの帰り際手土産に持たせ、煮込みすぎてグズグズになったオデンのチクワなどを休憩時間にご馳走してくれるという、とても優しい方でした。

私は当時地元の国立大の2年生だったのですが、彼の中では私の方が格付けが上らしく、帰省してくるたびに何かと的から少し大きめに外れた指示を出しては、困惑させてくれていました。


ある時期から息子さんの帰省が毎週になりました。
理由は地元で彼女が出来たから。

その子は前年までバイトをしていた子で、バイト当時は短大に通っていた女の子でした。
よく私がバイト中レジに入っていると、連れ立って店に来て、見せ付けるように店内を歩き回り、やはり金を払わずお買い物(になるのかな?)していました。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


まあ、特別可愛いくも、それといってブスでもないのですが、初めてできた彼女を自慢したいらしく、彼女のいないバイト生に自慢しては悦にいっていらっしゃるようでした。

少し面長の、一重目蓋のやや切れ長で、細身の体はスラッとして、まあまあかなと私は思っており、たまに視線が合うと少し妖しさ加減が微妙に入り混じった微笑をするのが気になっているぐらいでした。

卒業してわたしと入れ替わりでバイトを辞めたのですが、息子さんはその子のことが好きだったらしく、その子がバイトしていた時は毎週末帰省してきては、セクハラまがいの個人指導をしていたと、古株のバイトの先輩から後で訊きました。
その子は当時他に彼氏がいたらしく、息子さんのしつこいアプローチを徹底して無視してたらしいのですが、失恋してしまったらしく、まぁコンビニ経営とはいえ他にも2店舗経営していた親はソコソコ金をもっていた為、一人暮しの生活を何かと援助してくれる息子ちゃんとは(その子のバイト中、親からお小遣いせびっては貢いでいたらしい)、経済活動の一環として付き合い始めたようでした。

ある日のこと、早番のバイトを終えた私にオーナー宅(店のすぐ隣)での飲み会参加の誘いがありました。
若者好きのオーナーは、たまにバイト君達を誘っては、自宅で飲み会を催しておりました。

以前から誘われていたのですが、何かうざく感じて、いつも適当な用事をあげて断っていたのですが、その日はバイト仲間の看護学生(可愛い、けど気が強い)も参加するので何となくいいかなと思い参加することにしました。

宴の途中、23年目にして初めてできた彼女をヒザに抱くようにして鯨飲していた息子ちゃんは終始ご機嫌で、酔いがかなり回っていたようで途中から訳がわからなくなってしまったようで、自分の彼女にむかい、アフターは出きるのか?同伴は何時から大丈夫か?この店で何件目かなどと、普段の生活ぶりがまるわかりの発言でオーナー夫婦を焦らせて、正面に座るバイトの女子高生の乳を触ろうとして嗜めた自分の母親に、この店のママは態度が悪い、サービスがなっていないなどと叫んでおりました。

飲み会が終わり、帰ることになりました。
息子ちゃんは完全に潰れてしまい、その子を送っていく人がいません。
帰る方向が一緒だった為、仕方なく私が送っていくことになりました。

あまり酒が強くないのかビールの500ml缶一本しか飲んでいないのに、送っていく途中彼女はフラフラして、足元がおぼつきません。
途中座り込んでしまい、動けないというので、仕方なくおぶってやりました。

冬の日のこと、背中に感じる女性の体温がとても暖かく感じられ、着痩せするタイプなのか、背中にあたる彼女の胸は、予想していたよりも、だいぶ大きいようでした。
酔っている為か、ふざけているのか、耳元で「ウフ、ウフ~ン」などと言っては、私の胸を撫で回したり、襟元から息を吹き込んできたり、胸を背中に強く押し付けてきては、また「ウフフ、ウフフ」と笑っておりました。

彼女のアパートまで後5分と本人が言った直後、彼女が私の首筋に舌を這わせて来ました。
驚いていると、背中から降り、正面に回って唇を合わせてきます。
舌先で私の唇を舐り回し、舌を入れてくると、アルコールの匂いに混じって、女の子の甘い息が鼻腔に広がりました。
同じ大学の2年先輩が送っていった看護学生が気になっていましたが、まあいいかと思い、彼女の舌に、舌を絡めました。
興奮しているのか、彼女は夢中になり舌を口中で動かしています。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私は横から彼女を支えるようにして抱きしめながら、彼女の舌の動きに合わせ、ゆっくり胸に手を持っていきました。
先ほど背中で感じていた通り、胸はやはり大きく、服の上から触っていても、十分過ぎるほど質量と重量感が感じられます。
夢中になりかけましたが、路上でこんなコトしてると、通り掛かりの人が参加してきそうな気がしたので、道脇にあったペットショップの裏に連れていきました。

壁にもたせかけるようにして立たせ、しばしお互いの舌を吸い合いました。

キスをしながら胸を揉みジーパンのジッパーを下げ、そこに触れると、「アレ」という感触。
彼女も一瞬ハッとしました。
女の子の日だったのです。
どうしようかと思いつつお尻と胸を遠慮がちに揉んでいると、彼女がしゃがみました。

「ごめんね、出来ない日だから。かわりに、で?いい?」と言い、私を見上げながらパチッと一瞬両目を瞑りながら何かを咥えるようなしぐさをしました。

「うん」

頷くとジーパンの上から、わたしのそこに軽くキスをし、上から手を回すようにして愛撫をしてきました。
しばらくジーパンの上から撫で回した後、ファスナーを下げ、モノを取り出しました。
大きくパンパンになっていたモノが、寒さの為少し萎みました。
彼女は少しの間私のものを薄明かりの下見つめていましたが、やがて右手で握り込み、手首のスナップを利かせながらゆっくりシゴキ始めました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


彼女の手の中がほんわりと暖かく、少し汗をかいたシットリとした手の感触が心地よくまた膨らみが増してきました。
しばらく手を動かした後、また「ごめんね」と言うと私のものを、一気に根元まで加え、ゆっくり頭を前後に動かし始めました。

奥まで加え、亀頭に戻り、また奥、亀頭と前後に唇をすべらせる度に、口に含まれている部分は生暖かく、口中から出て唾液が付着している部分は冷気で冷やされ、その暖と冷の繰り返しがすごく気持ち良く、酔いも手伝ってか、脳髄が溶けるような快感がザワザワと腰から昇ってきます。

それまでの女性経験は、二人。

一人はフェラしてくれましたが、もう一人はしてくれなくて、してくれた方もあまり好きではなかったようで歯を立てられたりして、そのせいかそれまであまりフェラしてもらっても気持ち良く感じたことはありませんでした。

フェラをしている彼女の口中にだんだんと唾液が溢れてきて、快感が増すのに合わせてシゴキ立てる「チュッ、チュッ」という音が大きくなります。
冬の澄んだ静寂の中に、彼女が私をシゴキ立てる音が響いています。

しばらく快感に浸っていると、ファスナーの金属部分が目に当たるからといって、ジーパンを足首まで下げられました。
続けてまたモノを含み、リズムを取るようにしてテンポよく、「チュッ、チュッ」とフェラを続けます。

私もしゃがみ込んだ彼女の胸に手を回し、胸を揉みます。
背中をまくり、ブラのホックを外しました。
彼女が服を胸の上まで捲り上げてくれたので、薄明かりの下ですが、当時人気のあった細川ふみえばりの大きな胸が見えました。
フェラは気持ち良かったのですが、その大きな胸を見て溜まらなくなり、彼女を立たせ私は彼女の胸に吸い付きました。

Fカップはあるのかな、などと吸いつく意識とは別の頭で考えながら、夢中で胸に下を這わせました。
わたしの頭を抱え込むようにしながら、彼女は私の耳元に甘い香りのする吐息を吐き喘いでいます。

生理中でもいいかと思い、ファスナーの中に手を入れ、下着の脇から指をすべり込ませました。
かなり濡れていました。
生理とは明らかに違う、粘りのあるものが、私の指を、ネットリと包み込んできます。

わたしはしばらく夢中になって、胸を舐り、指を動かしました。

耳元にふきかけられる吐息が、荒い呼吸音に変わり、「フーフー」が「ハッーハッー」に変わっていきます。

彼女の腰が少しずつ痙攣してきたところで、「ダメー、したくなっちゃう~」と言い、差し込んでいた左手を彼女の手が抑えました。

入れたいという私に、生理中はダメと言って彼女は抱きついてきました。
むずかる私をなだめ、彼女は今度は胸を使いモノをシゴキ始めました。
興奮がもう沸騰点に限りなく近づいていた私は、少し挟んでもらっていただけで、すぐに限界がきました。

「もういく、もうダメ、腰が引ける~」←自分で意味わかんないけどその時言った。

そう私が言うと、彼女は胸を離し、再び口に含みました。

ネットリとした暖かさに包まれた瞬間、腰が弾けた感覚がして、私は彼女の口の中に射精しました。
腰がガクガクとしばらく痙攣したように動いている間も、彼女は唇を滑らせ、最後の1滴まで出るように、シゴキ立ててくれました。
コトを終え、少し照れくさくなりましたが、その後彼女をアパートまで送り届け、部屋に上がり込み、結局はまた膨らんでしまった元気を解放する為、お風呂で2回繋がってしまいました。

コトの最中「イヤ~ン」と言いながらも、彼女も積極的に動いてくれたので、とても気持ち良かったです。

その後彼女は息子ちゃんと別れ、、私達は付き合い始めました。
最初にしたのが外だった為、それがきっかけで外でするのが癖になってしまい。
週末はバイトをこっそり抜け出し、外で隠れて待っていた茶目っ気のある彼女と、そのコンビニのオーナー宅の隣にある、自動コイン精米機の裏の、道路とオーナー宅から死角になる場所で、フェラしてもらったり、クンニしたり、繋がったりして興奮しておりました。

その最中に、隣から息子ちゃんの声が聞こえてきたりすると、気持ちよくなりながらも、二人で思わず笑ってしまいました。
後で聞いたのですが、その息子ちゃんにはまだやらせてなかったそうで、キスもさせなかったそうです。
その方が引っ張れるだけ、引っ張れると思ったそうです。

短大卒業後、保母さんをしていた彼女は、2年したら実家にもどり、お見合いでもしようと思っていたとのこと。
それまで息子ちゃんに貢がせて、凌ごうと思っていたそうです。
女って怖いなって思いました。
その子とはその後しばらく付き合ったあと、私の大学卒業、就職の為の引越しに合わせ、彼女も実家に帰るということで、別れてしまいました。

まあ、恋人というより、お互いに同士であるかのような気持ちでいたため、別れるにしても、特別な感慨も悲しさもなくサッパリとしたものでした。

別れた後仕事で彼女の住む町に行ったりすると、たまに会って抜いてもらっておりました。

やはり彼女のフェラテクは最高で、体に惹かれなくても彼女の口技に別れを告げられず、しばらくお互いに相手がいてもズルズル関係が続いていましたが、しばらくして彼女の結婚を機に会うこともなくなりました。
あの息子ちゃんにんは悪いコトしたなと思いつつも、欲望を理性で抑えきれなかった、若かりし頃のフェラ上手な娘との思い出でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 フェラ上手な娘との思い出

最後は彼女の希望通り、顔にブッカケ!
画像はイメージです
ボクも女性といいことがしてみたくて、出会い系サイトに「割り切った交際相手募集。特に人妻さん希望」みたいな書き込みをしたところ、数人の方から返事が来ました。

その中から「31歳の人妻です。主人とは何年もなくて欲求不満で、もう限界です。年上ですけど、何回も出来る人ならお願いしたいです」という方と何度かメールのやり取りをしてから会うことになりました。

平日の昼間、彼女の指定した場所まで行くと、なかなかの美人が待っていました。
人違いかもと思ってメールすると、ズバリ、その人でした。
あまり期待してなかったけど、美人な上にスタイルもよくて、この妻を抱かない旦那が憎くなるほどでした。

「誰かに見られると恥ずかしいし、早くしたいから」と言う彼女に手を引かれてホテルに行きました。

部屋に入ると「こういうの初めてで緊張してるけど、いい人そうでよかった」と、いきなり抱きついてきました。
少し緊張していたけど、チンコはもうビンビンに興奮していたので、たまらなくなってボクも抱き締め返しました。
彼女は目を閉じてアゴを上げるのでキスをしました。
舌を入れて、絡めて吸いました。

タイトスカートの上からお尻を撫でると、こんもりと柔らかな感触が手のひらに広がってきて、思わず指に力を入れて揉みしだきました。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

スカートをまくり上げてパンストの上から肌触りと感触を楽しむように撫で回してから、尻の割れ目から前の方へと指を滑らせました。
彼女のアソコはもうすでにじっとりと濡れていて、熱くむにゅむにゅとしたいやらしい弾力が伝わってきました。

ガマン出来ずにパンストをビリっと引き裂くと、「ひやぁ」と声を上げて驚きましたが、パンティの脇から指を入れるとマンコはいい具合にヌメっていて、すぐにいやらしい声に変わりました。

指を入れて激しく動かしたかったのですが、届かなかったので左右の8本の指でクリトリスからアナル辺りまで、何度もワレメを往復させました。
それが焦らすような感じになったのか、彼女は「もっと、もっと」と言いながら腰を動かしました。
すると、体に密着していたチンコがさらに押し付けられて、ボクの方も発射寸前まで興奮してきてしまいました。

ヒクヒクと脈打つボクのチンコに反応したのか、彼女はその場に跪くと、素早くズボンとパンツを脱がしてビンビンに反り返ったチンコにしゃぶりついてきました。
両手をボクの後ろに回して指先で撫で回すようにしながら、玉の方から舐めてきました。
裏スジに唇を押し付けるようにしたり、舌先でチロチロするようにしたりしてきます。
だからボクのチンコはビクンビクンと反応して、何度も彼女の鼻面にぶつかりました。
舌先が先端まで来ると、じっくりと味わうようにカリ首をチロチロと舐めてから亀頭をレロレロしてからヌポっと咥え込んできました。
その頃になると、彼女の指はアナルに達していて、ソワソワと刺激してきました。

正直、もう限界です。

ボクは無意識のうちに彼女の頭を押さえて、喉の奥をズコズコ突いて発射しました。
発射した後、涙目でボクを見ましたが、搾るように吸ってから精子を飲み干しました。

お風呂のお湯が溜まるまでイチャイチャしながら待ってから、湯船に浸かりました。
彼女を後ろから抱きかかえるような感じで、柔らかくて大きなおっぱいを揉んだり、ヌルヌルしたアソコを愛撫しました。
湯の中でもはっきりとわかるくらい愛液が溢れていて、いっそう熱さと柔らかさが増しているような感じがします。
今度は指が届いたので、2本を挿入して激しくかき回しました。
彼女はたまらなさそうに腰をモゾモゾさせてから耐えられなくなった感じで喘ぎ声を出しました。
お風呂の中だから、すごく響いていやらしさが増しました。

それからバスタブの縁に座らせて股を開かせてから、濃いヘアーを掻き分けてパックリ開いたワレメを凝視しました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「いや、恥ずかしい」と手で隠しましたが、いじわるく「手を退けないと舐められないよ」と言いました。

彼女は顔をいっそう赤らめましたが、ワレメが舐められるくらい少しだけ手をずらしました。
その隙間に顔を埋めてズビビとわざと音を立てるように舐めました。

最初は「いや」とは言っていましたが、またすぐにいやらしい喘ぎ声を出すようになって、ボクの頭を押さえて股間を押し付けるようになりました。
コリコリになったクリを口で刺激しながら、穴には指を入れてかき回すと、「ダメー!」と絶叫しながらイキました。

腰が抜けてタイルに落ちそうになる彼女を抱きかかえると、「ベッドに行くまでガマンできない、早く入れて」と懇願するので、ボクは生で入れました。

ヌルっとして熱く、奥の方から締め付けてくる感じがしてなんとも言えない感触でした。
ボクは片足を持ち上げて奥まで入れると激しくピストンしました。

突くたびに「あっあっ、いい、ああん、ああー」と大声で喘ぎました。

無我夢中でよがり泣く彼女を抱き締めてキスをしました。
彼女は腰をひくつかせながら、何度も絶頂しました。
絶頂するたびに、アソコがキュウキュウと締め付けて、絡みついてきました。

最後は彼女の希望通り、顔にぶっかけました。
うっとりしながら精子を指ですくってから口に運び飲み込みました。
もちろん、ボクのチンコも綺麗に舐めてくれました。
でもそれは、掃除フェラという次元のものではなく、本気フェラなのでイッたばかりのチンコはくすぐったくてしょうがないのですが、またすぐにビンビンになってしまいました。

一度、汗と精子をシャワーで流してからベッドに移動し、濡れたままの体でまたすぐにハメました。
お風呂では正常位だけでしたが、ベッドではバックや騎乗位、変則的なものなど色々な体位でハメました。
昼過ぎにホテルに入ってから夕方までの5時間くらいで、8回くらい出しました。

人妻なので生でハメても中出しできませんでしたが、全部、口か顔に発射して、飲みました。

また会う約束をしてから別れました。
これから楽しみです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 最後は彼女の希望通り、顔にブッカケ!

俺、先生の事が好きなんで、卒業したら先生の彼氏になりたいんですけど
画像はイメージです
俺が高校2年に上がった頃に嫁が新任で入って来た。



それまで俺には片思いの女の子がいたんだけど、教壇に立つ嫁を見た時に惚れた惚れた、ズッキューンと来た。



眠そうな顔つきに落ち着いた口調。



どストライク。



見た瞬間ふあぁぁぁって感じw。



現在は嫁好きエロ夫だが、当時の俺は童貞優等生だった。



生徒会の末端にいたので、職員室によく出入りして嫁とも気軽に話すようになった。



事前情報で彼氏がいないのを掴んでいたので、誰かに取られたくないって思って。



if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

告白を決意したんだけど、強い印象を与えたいから考えた。



告白決行日、職員室突入。



俺「あの先生、先生って彼氏いるんですか?」



嫁「いないよ?」



俺「じゃぁ今好きな人は?」



嫁「いないけど、どうしたの?」



俺「俺、先生の事が好きなんで、卒業したら先生の彼氏になりたいんですけど」

嫁「え?」



嫁焦る。



周りの教師焦る。



俺「卒業してからですけど嫌ですか?」



嫁「え?嫌という訳じゃ…」



嫁顔真っ赤。



俺「卒業前にもう一回告白に来ますね。考えておいて下さい」



嫁「本気?」



なお真っ赤。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


俺「一目惚れだから本気です」



嫁「分かった」



嫁キレ気味。



終了~退散~他の教師全部無視。



頑張った俺すっげー頑張った。



帰ってから恥ずかし過ぎて凹んだ。



告白で停学するかもって思った。



このシチュエーションはプロポーズでも使った。



披露宴で暴露されて死にたくなった。



翌日から俺は自重したよ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


嫁との会話も激減した。



教師に告白してるし、告白場所が場所でね。



マークされてる感が半端じゃなかったし。



変な事すれば嫁が責任取らされるから、卒業までは普通を押し通した。



ただ、嫁も含め教師達には相当印象強かったみたい。



表向きは難しい顔されたけど、裏では褒められたというか楽しまれた。



そんな感じで時は経ち、卒業を控えるだけになって、もう1回告白する為に再度職員室に突入。



他教師は期待顔で楽しみ感抜群。



嫁焦る。



俺緊張。


俺「先生」



嫁「なに?」



顔真っ赤でキレ気味。



俺「前に言った通りもう1度来たんですけど」



嫁「ここじゃ無理」



キレ気味。



俺「え?」



嫁「だからここじゃ無理」



なおキレ気味。



俺「はぁ」


嫁「2年前凄く恥ずかしかったんだよ?だからここじゃ無理、他の先生方楽しんでるし」



視線外す他の教師達。



笑い堪えてる。



童貞の純粋で真面目な恋を楽しむんじゃねー。



俺「じゃぁどうすればいいですか?、卒業までそんなにないですよ?」



嫁バック内ゴソゴソ。



嫁に主導権移行。



嫁「これ持って行って、卒業してからお願い、それと○○(俺)君のも頂戴」



携帯番号・メルアド書いた紙ゲットー!ヒャッハー!今もお守りとして財布に入れてるのは内緒。



俺も書いて渡した。


俺「あの、これ」



嫁「はいありがと、じゃぁ卒業してからお願い、その時に話聞くから」



俺「ありがとうございます」



夢心地~。



俺気づいた。



そして聞く。



俺「先生?」



嫁「どうしたの?」



俺「この紙バックの中から出しましたけど、用意してました?」



嫁焦るキレる。


他教師我慢出来ず吹き出す。



俺勝利確信。



嫁「うるさいな、もういいでしょ!早く戻りなさいよ!」



顔真っ赤。



お礼言って退散~そして卒業~。



色々思い出しながら書いてるけど若さって怖いな。



さすがゆとり世代。



ちょっと話が逸れるけど、以前から俺には就きたい職業があって、それが大学一切関係ない仕事だったんだよね。



専門学校かバイトから持ち上がりみたいな職業で、進学せずにバイトから社員目指したんだわ。



それなりの大学に入れる成績あって、学校側には進学を勧められたけど断った。


ありえない告白したって生徒の間では噂になったよ。



俺は俺で否定しなかったし、好きっていうのを隠さなくなったから。



一部の嫁好き生徒や教師(やっぱりいた)以外は自然鎮火した。



プロポーズは最後に書く。



じゃぁ続き~。



卒業した翌日の夜にメールした。



心臓止まるかと思った。



告白しようと思ったけど電話か~って思って、メールで週末会う約束を取り付ける。



その週末の夜、食事に行く。



スーツじゃないカジュアルな嫁。


やっぱ好き、すげー好き、やばい緊張。



俺「こんばんは先生」



緊張。



嫁「こんばんは、なに緊張してるの?」



俺「カジュアルな先生だから」



緊張。



嫁「職員室で堂々と告白してきたのに?」



俺「あれは頑張りましたね、ご飯行きます?」



嫁「今日は○○君の奢りだよ、告白までされるんだから。あれだけ恥ずかしい思いしたから罰当たらないでしょ」



普段無口系なのにやけにテンション高い嫁。


緊張してる。



それで嫁が選んだのはなぜか焼肉!初デート焼肉。



今でも焼肉食べ行ってこの話が出ると嫁凹む。



夫婦の黒歴史。



色んな話をした。



仕事・親・恋愛観・結婚観・異性関係。



焼肉だけど。



俺「学校で告白されたとかないんですか?」



本当は風の噂で知ってた。



全員撃沈。


嫁「○○君の後に何人かに告白されたよ、生徒とか先生とか」



先生!?嫁「○○君の告白が凄すぎて誰にも興味持てなかったんだよ~」



嬉しいですね、他の教師まで巻き込んでますからね。



俺「もしよければ先生って誰ですか?」



嫁「○○先生」



俺「あの人って結婚してるんじゃ~」



嫁「不倫のお誘い、するわけないのにねww」



ちなみに○○先生、2年後離婚して学校を去る。



○○先生に何があった!?嫁も理由分からず。



俺「今まで彼氏とかいなかったんですか?」


嫁「1人いたよ、幼馴染」



俺「子供の頃から一緒なのに別れたんですか?」



嫁「うん」



俺「もう好きじゃないんですか?」



嫁「うん、普段は尊敬出来る人だけどちょっとね」



理由は後々聞く事になる。



幼馴染の頭イカれてる。



で、黒歴史の初デート焼肉が終わる。



焼肉臭い。



デートスポットに一緒に行く。


ニンニク臭いのに。



俺頑張って手を繋ぐ。



嫁微笑む。



童貞なので怖気づく俺。



嫁「ねぇ○○君、私告白されるんだよね?」



俺「はい」



恐怖。



嫁「待ってるんだけど?」



待たせたつもり無い俺の頭真っ白。



ニンニク臭いけどもう知らん。



頭真っ白で思わず抱き締めてキス。



嫁「終わり?ちゃんと言って?」



俺「初めて見た時から一目惚れして誰かに取られたくなくて告白しましたけど、2年間毎日落ち着かなくて苦しくて好きで好きで堪らなかったです。年下だけど先生の恋人になりたい」



嫁「うん、これからよろしくw」



頭抱えたいほど恥ずかしい。



結構覚えてるもんだね。



ニンニク臭かった。



そのまま帰って別れ際にキスしてバイバイ。



夜眠れねぇ。



童貞なんてこんなもんでしょ?。



実は焼肉屋で告白されると思ってたらしい。



どういう感性してるんだろう。



ちなみに俺は嫁さんの6歳下。



その後は真面目だったんだな、良いお付き合いを続ける。



俺は社員になるためにバイトを頑張ってやってたし。


嫁も教師順調。



デートも順調。



嫁は俺との事で他の教師に随分からかわれて楽しまれたらしい。



しかし、夏の旅行で躓く。



普通ならもうそろそろかな~って思ってゴム用意して旅行へ。



昼間は一緒に楽しくしてるのに、夜は同部屋なのに壁がある。



雰囲気良くなっても躱される。



俺混乱。



翌日もう一回挑戦。



躱される。



さすがに聞いた。



その時の俺少し怒ってたかも。



俺「いや?」



嫁「いやじゃないんだけど」



俺「まだ早い?」



嫁「そうじゃなくて」



俺「他に好きな人出来た?」



嫁「○○君が好きだよ、でも痛いの怖い」



真っ青。



聞いた。



セクロス恐怖症。



幼馴染イカれてるって話はここ。



嫁の初恋相手が1歳上の幼馴染で、高校の時に告白されて付き合った。



順調に行って初セクロス(童貞と処女)。



しかし幼馴染、処女にムードなし前戯なし避妊なしスパンキングの超自己中プレイ。



セクロス=痛くて辛い行為な考えの嫁が出来上がり。



幸い妊娠はなかったそう。



十数年来の初恋も吹っ飛び、5回ほどで限界が来て振ったらしい。



その後は俺に当たるまで男性不信気味。



アンタのおかげで嫁と一緒になれた、ありがとう幼馴染。



でもしね。



その話を聞いて、旅行中のセクロスは無し。



旅行から帰ってから、経験がなくとも知識だけでも付けておこうと思い、セクロス教本買いまくりネットで調べまくり。



いざクリスマスリベンジ!!!理性失って無理したら終わりなんで爆発を我慢。



リラックスのために酒も少々。


俺「大丈夫?」



首筋触る。



嫁「ちょっと怖い、痛いのやだ」



俺「俺初めてだけど任せてくれる?」



耳さわさわ。



嫁「うん、痛くしないで」



俺「痛くしないようにやってみる、痛かったり嫌だったらすぐに言ってね」



嫁「うん」



ムードは大丈夫。



セクロス恐怖症だから絶対理性を保つ事。



キス→服の上から体触る→脱がす→キス→ディープ→体触る→体にキス。



舐める→焦らす。



神経と時間を使って嫁に聞きながら前戯。



俺「そろそろ」



避妊。



嫁「うん」



目が出来上がってる。



安心感持たせるために密着中心の体位で理性を保ちつつ、ガンガン突かずにゆっくりなぞる様に~捻る様に~グラインド~。



俺「痛い?」



嫁「痛くないよ、少し気持ちいい」



上出来~俺限界で少し強くさせてもらって昇天。



童貞のくせに理性良く持ったよ。



どっちも緊張が解けたせいか2人して泣く。



特に嫁は泣く。



怖かったんだもんな。



少しお喋りして嫁が甘えて来て腕枕で寝る。



翌朝嫁から、嫁「あの」



俺「ん?」



嫁「もう1回する?」



お誘いかよ。



俺「え?、したいの?」



嫁「こんなに良いものだとは知らなかったから~ごにょごにょ」



嫁の顔真っ赤。



試合開始~無理はできないから前日と同じ内容。



嫁がリラックスしてた分だけ感じてたけどね。


それからはバイト頑張りながらデートもしたりセクロスしたり。



イッテくれるようにもなったし充実。



俺の家でのセクロスが母に見つかって嫁紹介(母子家庭。父とは死別)。



母は俺と嫁の関係や経緯を知って、母「○○君」



俺「なに?」



恐怖。



母「先生落とすなんて甲斐性ある良い息子持った」



何言ってんだ。



母「嫁さん」



嫁「はい」



恐怖。



母「私の息子欲しい?」



嫁「お母さんさえ良ければ」



母「ただであげる、好きに使っていいよw」



本当に母親なのか?母「それにしても嫁さん美人ね~」



仲良くなろうとすんな~。



俺の母頭おかしいです。



超零細企業の経営者ですけどぶっ飛んでます。



現在仕事を俺に丸振りして南の島に逃亡中。



毎回滞在許可ギリギリまで帰って来やしない。



孫が顔忘れちゃうよ~。



そして卒業から1年半、19歳の夏に中途採用で念願の社員。



昔で言うところの3K。



下っ端で分かってた事だけど、デスマーチデスマーチデスマーチ。



使い回される。



帰りは良くて終電。



悪くて泊まりでそのまま仕事(悪い方が多い)。



給料も安い。



本当に好きじゃなければ続かない仕事だよ。



週一しか休みないし。



嫁とも会う回数激減。



応援してくれてたけど寂しい思いさせただろうな。



そして1年後の夏前(20歳)に体ぶっ壊し、最寄駅で倒れて5か月入院。



嫁に泣かれる。



激切れ説教。


引っ叩かれるし最悪。



母は仕事を休んで行ってた海外旅行から飛んで帰ってくる。



俺を個室に移し、延々と説教。(昔から支え合って生きてきたから)医者には、今後今の仕事は勧められないって言われて退社。



会社に辞める連絡したら、さすがに辛くて嫁に抱き着いてめちゃ泣き。



好きな仕事失った。



これからどうしよう。



俺高卒。



退院しても自宅でしばらく療養だし。



途方に暮れるってこういう事?な状態。



上手くいってたのに俺ニートだよ。



嫁にはゆっくり頑張ろうって言われて嬉しかったなぁ。



精神面ガタガタの俺を見て、母から就職の世話された。



母「嫁さん心配してるよ、もちろん私も」



俺「当然かも無職だし動けないし」



母「今までの努力は認めるよ、まだ社会経験不足だけど、退院したら私の下で働きなさい」



天の助け。



母「ほぼ在宅だから出来るでしょ。楽だよ~ww」



知ってます見てましたから。



母「ちょっと早いけど、息子君跡取りだから安心でしょw」



この人が母親で良かった。



ただもうちょっと日本にいて孫の顔見てやって。



働き口が見つかって精神面は改善。



後は体力面と性欲。



楽しく嫁と病室に2人きり。



嫁「○○君、看護婦さん見てて浮気したくなる?」



俺「性欲溜まるけどない」



嫁「そっか」



嬉しそう。



俺「嫁さんは?」



嫁「欲求不満w」



俺「入院3か月目だしね~w」



怪しくなってきた~~~。



嫁「ここでしてみよっか」



はぁ!?俺「なに言ってるの?」



嫁「だって溜まってるでしょ?」


俺「俺の部屋じゃないし無理」



嫁「え~ストレスは体に悪いよ~」



不満顔。



俺「人来たらどうするの?、言い逃れできないよ?」



嫁「だって!、したいんだもん!」



爆発。



俺「発情しないでよw」



嫁「3か月しないって大変なんだよ?」



なお爆発。



俺「分かるけど、俺も我慢してるし、ゴム持ってないし無理!」



焦る。



嫁「持ってるよ」



!?俺「え?」



嫁「ゴム持ってきたよ、ほら」



バックからゴム3つ。



顔真っ赤。



俺「する気満々じゃんw」



笑った。



嫁「ね?、そのままでいいから」



発情中。



俺「看護婦さんいつ来るかわからないよ?」



俺諦める。



嫁「大丈夫大丈夫、見つかったら謝ればいいじゃない」



そんな問題じゃねー!俺「じゃぁ早くしよう」



俺もその気に。



恥だ。



準備準備~。



嫁「じゃぁそのままでね、体辛くない?」



挿入中~体の準備出来てるし。



俺「嫁さんの重さが体に響くよw」



嫁「私は重くない!、我慢するの!」



完全発情中。



俺「優しくしてくださいね~」



余裕。



嫁の勝手な主導で開始~思いっきりグラインド~そんなに溜まってたのか。


俺「ちょっと、体辛いもっとゆっくり、それと声出さないで」



嫁「ごめん、止まんない」



目がイッてる。



止まらない腰~勝手にイク嫁~頑張る嫁~でも勝手にイク嫁~俺も限界~放出。



その日ゴム2個消費。



悪夢だ。



そんなのが退院の日までの2か月で週2ぐらい発生。



結局看護婦さんには1回バレた、見過ごされたけどね~恥だ。



夫婦の黒歴史。



退院の日(週末)。



嫁「退院だね~、もう無理しちゃダメよ?」



俺「うん、色々ありがとう」



嫁「時間出来るね、今までの分いっぱいしよう」



母「楽しそうねぇ。看護婦さんに聞いたんだけど、2人とも入院中頑張ったみたいじゃない?」



はぅ!?えっと~死にたい。



ごめんなさいお母様こんなバカな息子で。



母「○○君度胸あるわね、さすが私の○○君、でもバレない様にやりなさい。私とお父さんはバレなかったわよ?」



そんな話聞きたくなかった。



うぜぇマジうぜぇ。



嫁、顔真っ赤で俯いてる。



ちなみに、嫁は俺と初めてしてから1年ぐらいで良く誘ってくるようにはなった。



発情って言っていいのか知らないけど。



会いたい!したい!って時は連絡来てたよ。



デスマーチだけど休みの日に対処。



デスマーチでたまってたか恐怖症の反動なんじゃないかな。



俺も童貞だったけど知識だけは山盛り付けたからそれも手伝ったかもね。



で、無事退院~母の下でバイト~21の春に母の下へ就職~。



ネタっぽく書いたけどマジだ!病院の話は実際はもっと長くて生々しかったよ。



俺の機嫌コロコロ変わってたし。



高卒で無職で精神的にドロドロしてたし、嫁や母にも八つ当たり気味だったし怒らせもしたよ。



母が仕事くれたけど、納得できない部分もあった、楽にはなったけど。



オブラートに包んでこれだ。



嫁が頑張って無理しなければ、病院での情事だってなかったぐらいだから。



それで実家に就職してから嫁実家に挨拶に行く。



当然若いから疑いの目。


焦る嫁。



理由が理由だし、説明したら怒ってた。



義父に殴られそうにもなった。



生徒が教師に手を出してるしね。



嫁と両親大喧嘩。



俺、入っていけない。



その日は退散。



後日、お互い冷静になった所で挨拶。



でも嫁両親の機嫌悪い。



幼馴染の方が良かったみたいな話になる。



嫁不機嫌になる。



嫁の助力もあって認めてもらって退散。



最後に義父に一発殴られる。



嫁両親と接点持つために、何回か嫁実家に行く。



幼馴染と両親出現。



天秤にかけられそうになる。



正念場だよね。



□俺26歳。社長代理(在宅)、年収1600万。



子供×2。(3歳娘、1歳娘)フツメン。



相続するまで昇給なし。



□嫁。



32歳。国語教師。



年収550万?高田真由子を眠そうにした感じ。



あと2人子供を作る予定。



35で退職予定。



□母。



54歳。オーナー兼社長。



年収約3000万。



南の島に家を買いのんびり暮らす。



俺の結婚後3か月、南の島で1か月日本の周期。



最近彼氏が出来たらしい。



俺は複雑だよだってマザコンだもん。



□幼馴染33歳。会社員独身。年収650万。



俺と嫁の離婚を待っいてるおめでたい人。



会えば必ず「まだ離婚しないの?」



と真剣に言ってくる。



嫁を幸せに出来るのは自分だけと考えているキチガイ男。



幼馴染には独身のまま墓場まで行ってもらおうと嫁と思案中。



俺も嫁も幼馴染にはぶっちゃけ不幸になってもらいたいw

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 俺、先生の事が好きなんで、卒業したら先生の彼氏になりたいんですけど

マッサージ器の力ってすごいなぁっ
画像はイメージです
去年の話なのですが、親がハンディーマッサージ器を買ってきました。



よくAVとかでも使われている、俗に言う『電気アンマ』のようなやつ。



自分はその時は高校2年、姉(由美)は大学1年でした。



その日、僕は体調不良という事で高校を早退しました。



家には誰もいないだろうって事で帰宅したのですが、帰ってみると・・・「あれ?」家の鍵開いてる!!玄関の靴を見ると姉がいるようでした。



自分の部屋に寝ようと思い部屋に入るとマッサージ器の振動する音が聞こえました。



姉の部屋は自分の隣にあるので響いてきたのです。



安眠妨害なので、止めるように注意しに姉の部屋の扉を開けたら、姉が裸で。。

姉が、裸になってマッサージ器を体に当てていました。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


その瞬間、姉はマッサージ器の電源を切りましたが、裸なのは変わらず無言のまま数秒がたちました。。



そして姉が先に言葉を発しました。



「おいで」と言うので、無言のまま姉の隣に、、横になってって言うので言うとおりに横になりました。



すると姉はマッサージ器のスイッチを入れ、僕のあそこに当ててきました。



くすぐったいけど、ずーーっと我慢してたら、いきなり逝きそうになっちゃったのです。。



「逝きそうだよ」



と言うと、姉はすぐにマッサージ器を離してしまい、「まだダメ」と微笑んでいます姉が、私にも当ててというので姉のあそこに当ててあげました。



さっき自分でやってた時は声なんか聞こえなかったのに、僕がやってあげたらすごい大きな声を出すようになりました。



ずーーっと同じところに当ててたら、姉も逝きそうになったのか、「逝くぅぅ」



って叫びました。



僕はそれでも姉にマッサージ器を当て続けてたら、姉がいきなり、ビクッ、、ビクッってすごく動いて、逝ってしまいました。



だけど僕はそれでも当てつづけていたら、姉はマッサージ器から腰を離そうとします。



それでもそのまま当てつづけていたら、再びビクン、ビクンっていって逝っちゃいました。



すごく気持ちよさそうな顔をして、姉はマッサージ器を僕から奪い、今度はまた僕のあそこに当て始めました。



もうビンビンになったあそこにマッサージ器を当てられ、10秒しないうちに逝っちゃいました。。



マッサージ器の力ってすごいなぁって実感!!!床なんかびちょびちょ!最後に、正常位のような格好になって、姉のあそこと僕のあそこを一緒にマッサージ器にあてました。



もう、本当にHしてるみたいな気持ちよさで姉のことまで好きになっちゃいました!このことがきっかけで、たまに学校早退する日が増えましたww

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 マッサージ器の力ってすごいなぁっ

二人の女子高生に女子トイレに連れ込まれて
画像はイメージです
僕が中学生の時の体験なので、90年代初期の話になります。
下校時間、二人の女子高生が僕の母校の小学校の敷地内の公園にたむろっている事があり、下校する生徒に愛想よく手を振ったり挨拶をしてくれます。
僕も何回もされました。


その日は某合体ロボットアニメがある日だったので、友達のS君と下校し、例の公園の近くに来た時でした。
その日も例の女子高生がいて、S君と「今日もいるよ」的な会話をしながら通り過ぎる予定でした。
その日はなぜか一人の女子高生が僕たちの自転車の前を遮り、話し掛けてきました。
僕は怖い人が来ると思い、来たら近くの家に駆け込もうと考えてました。
その女子校生たちは町内の高校の生徒のようで、公園に誘われました。

「家に帰ったら何するの?」とか、「何年生?」とか訊かれ、某合体ロボットアニメの話をしたら、何だかんだで会話が弾んだのを覚えています。

一人の女子高生が、その日身体検査があったことを話し出し、胸のサイズがどうのと言って、僕たちは公園内の古いトイレ小屋の女子トイレに引っ張っていかれました。
二つある個室にS君と別々に入れられ、女子高生が一人ずつ個室に入ってきました。
覚えているのは僕の個室に入ってきた女子高生は、髪がそんなに長くなく、手首に汗ふき用のリストバンドをしていたことです。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


最初、彼女は胸のサイズの事を淡々と話してたんだけど、いきなり制服の上から自分の胸を揉む仕草を始めたんです。
僕はすごく興奮して、あそこがヤバイ状態になりました。
恥ずかしかったので、足を交差させたり、少し斜め気味になって誤魔化そうとしていましたが、女子高生にはバレバレだったようで、ジャージのズボンの上から鷲掴みされ、小刻みに揺すられました。
その後、彼女はセーラー服を捲ってブラを見せてくれました。
色は思い出せません。
たぶん白かと思います。

記憶が曖昧だけど、彼女は僕の顔におっぱいを押し付けたかったらしく、背伸びして頑張っていました。
身長差があって無理と判断した彼女に中腰になるよう言われ、顔に女子高生のおっぱいを押し当てられ、ドラゴンボールのぱふぱふみたいな事をしてもらいました。
ブラに付いてたリボンが顔にコリコリするので、「痛!」と言うと、ブラをずらし、生おっぱいでしてくれました。
今もはっきり覚えているのは、おっぱいの谷間が汗で少し湿っていて、ほんのりおっぱいが冷たかった事です。

それからズボンを下ろされました。
当時はブリーフだったのですが、自分で見ても見事な出っ張りでした。
ブリーフの上から見事に亀頭が露出し、ワックスでも塗ったかのようなテカリを見せていたのを覚えています。
まだ毛は生えていませんでした。
チンコを見せることには不思議と抵抗はありませんでしたが、足の関節がガクガクいって、呼吸が上手く出来ないくらい興奮していました。

女子高生の唇が、僕の亀頭のカリの裏に到達した時のあの気持ち良さは、まさに未知なる領域だったと思います。
舐められている時、「頭を両手で押さえておいて」と言われ、女子高生の頭を押さえていました。
サラサラの髪が手の汗で湿っていくのを覚えています。

何分かした後、S君の相手をしていたであろうもう一人の女子高生が僕の個室に入ってきて、二人の女子高生のチンコ舐めが始まり、ラストスパートのような早くてクイックなフェラをされました。
たぶんS君は果ててしまったんだと思います。
だから僕の方の個室に来たのだと思います。
なぜか女子高生二人は終始無言で、舐める音や「ブ!ブ!」という真空部分に空気が入り込む音だけがトイレに響いてました。

オナニーはしたことがあった為、射精は初めてではないです。
チンコが限界に達し、僕は何も言わずに射精。
最後は女子高生たちが軽く僕のチンコに数回キスした後、ポケットティッシュで精液を拭いてくれて、パンツとズボンも穿かせてくれました。
その後、両腕を女子高生に腕組みされながらトイレ小屋を出ました。
S君が自転車の所で待ってました。

その後も女子高生はその公園によくたむろってました。
僕が通るたび、笑顔で手を振ってくれましたが、誘われたのはその一回きりでした。
たまに小学生ぐらいの男子と仲良く喋っているところを見た事もあります。
小学生も食べちゃってたんでしょうか?

後日、S君とこの事の話になりました。
S君はフェラはもちろん、まんこも見せてもらったそうです。
携帯も無い時代だったため、写真も動画も何もありませんが、僕とS君の記憶の中に思い出として残っています。

その日、アニメは見れませんでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 二人の女子高生に女子トイレに連れ込まれて

ドMな彼女が痴女責めにチャレンジしてくれた
画像はイメージです
俺:20代後半、175cm、フツメンより下だと思う、関東在住。
彼女:俺と同い年、170cm、彼氏の色眼鏡かかってるが、めちゃくちゃ綺麗(ハイスペック過ぎて俺には勿体無い)、関西在住。


スペックの所で分かると思うが、遠距離なんだ。
なので2ヶ月に1回会えたらいいという感じで、会う前からどんなセックスをするのか色々電話で話すのが、俺たちのルールみたいになってきている。
大切なことを忘れてた。
彼女のオッパイはCカップ。
時々Dって時もあるが、お手頃サイズだ。
いつもは俺がSっ気全開で攻め、彼女が甘えるという感じ。

しかし、今回は違った。
会える日の1週間前にした電話での話し合いはこんな感じ。

俺「もうすぐ会えるね。今回は1泊やけど、夜どんなセックスがしたい?」

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「うーん。いつもいじめられてるから、今回は攻めたい」

俺「え?どうしたの急に?」

彼女「・・・あるスレで、彼女にいじめられている彼氏の話を読んでね、凄くいいなーって思ったの」

彼女は“ねらー”です・・・。

彼女「その彼氏が彼女に言葉責めにされたり、なかなかイカせてもらえなかったり、拘束されたり・・・。で、泣きながらおねだりしてエッチしてるのを見て、やってみたい!って思ったの」

俺は攻められるのも好きなので、これは大歓迎!
大歓迎だが、そんな様子を悟られないように、冷静を保ちながら・・・。

俺「え・・・。今どんなことしようって考えてるか、ちょっと教えてくれない?」

彼女「ダメ。教えたら攻められる楽しみが薄れちゃうでしょ?ワクワクしながら1週間我慢ね」

バレてたw

彼女「あ、もちろん私と会うまで自分でしちゃだめよ。1週間オナ禁ね」

俺「ちょwwwもう既に1週間してないんですけどwww死ぬwww」

彼女「そうなの?じゃぁねぇ(すごく色っぽいというか、見下してるのがわかる声で)、2週間溜めて濃くなった俺君の精液、飲み干してあげる。空っぽになるまで出させるから」

もうこれ聞いただけで、愚息はフルボッキwww

俺「そんなこと言われたら、我慢できない(涙)」

彼女「じゃぁ少し電話でいじめてあげようか?でもイッちゃだめよw」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


すでにスイッチが入ってたみたいです。
とりあえず、そんなことをされては本当に我慢ができなくなるので、その日は終了。

で、その日から1週間。
これが地獄だった。
一度現れた性欲はなかなか収まらないことを身を持って知った。
それに加え、毎晩彼女が俺の我慢してるのを知っててエロいことを言ってくる。
なお、ここら辺の会話は全て電話越しだということをお忘れなく。

彼女「ねぇ。ちゃんと我慢してる?」

俺「してます」

彼女「俺君えらいねー。ご褒美におっぱい揉ませてあげようか?」

おっぱい星人の俺にとってはこれほど嬉しい言葉はない。

俺「では遠慮なく!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

彼女「あっ・・・そんなに強くしたら感じちゃう・・・」

電話越しの会話です。
なにも見えてません。
彼女のエロい声が聴こえるのみ。

彼女「ねぇ。口で吸って・・・」

俺「ん」

彼女「ねぇ。なんで大きくなってるの?」

俺「聞くなwそんな声出されたら、そうなるよw」

彼女「どうして欲しい?」

オナ禁命令出したくせに、そんなこと聞くなよ・・・。

彼女「上に乗って太ももでグリグリってしてあげようか?」

俺「ちょ」

彼女「上からキスして、私の胸を俺君の体に擦りつけながら手で弄ってあげようか?」

彼女、スイッチ入ったら怖い。
これ以上されては我慢の限界に達してしまうので、無理やり話を方向転換。
なんとかやり過ごしたのでした。
もちろん次の日もそんな感じの事をされ、全俺をもって性欲を抑えました。
ある日なんか、電話をかけたらいきなり・・・。

彼女「エッチしたい」

俺「はい???」

彼女「電話でエッチしたいから、しよ(ハート)」

いやいや。
オナ禁命令は何処へ?

俺「え?会う日まで我慢するんじゃなかったの?」


彼女「それは俺君でしょ?エッチするのは私」

俺「え?お前も一緒に我慢するんじゃないの?」

彼女「俺君わかってないね~。男の子は我慢すれば溜まるモノがあるけど、女の子はそうじゃないの。女の子はエッチすると気持ちが満たされるのであって、何かが開放されるわけじゃないの。だからエッチを我慢するっていうのは、その満足感を削ぐことになるわけで、そんなことをするよりも、したい時にエッチしたほうがいいのよ」

なんだか一方的な言い分でしたが妙に納得した俺。
Mモードなので、心の中は(仰せの通りに)といった感じでした。

彼女「実はね、電話掛ける前からちょっとしてたの。だからすぐにして欲しいの。指で中を気持ちよくして」

俺「俺はどうすればいいんでしょうか・・・」

彼女「私を気持ちよくすればいいの。俺君は気持ちよくなっちゃだめ」

まじですか・・・。

彼女「ああぁ・・・指入ってきた。そこ、いっぱい擦って!!!」

彼女の弱点はGスポット。
なんでGスポットを刺激(してるふりを)してると、すぐに声が甘く激しくなってくる。

彼女「んあぁぁ。だめ。そこ気持ちよすぎぃ。俺、キスもして」

さっきまで『俺君』だったのに、『俺』に変わってます。
これはかなり気持ちよくなっている証拠。
彼女はイキそうになるに従って俺の名前を連呼するようになるのです。

彼女「あっ。あっ。俺。俺。私もうだめ。気持ちよくなっちゃう。だめ・・・俺のこと大好き。あ・・・あ・・・イッちゃう!!!」

電話越しに、イク時の声を我慢している彼女の様子が。

彼女「はぁはぁ・・・抱っこしてぇ~」

俺「ん。おいで」

そのまま彼女は爆睡。
残ったのは性欲を抑えるのに一生懸命な哀れな男一人・・・。
そんな感じで彼女のオナニーを電話越しに聞いたのが数回あったような。

もちろん俺は我慢を強いられましたよw

こんな調子で1週間が過ぎました。
1週間の地獄のオナ禁を何とかくぐり抜けたスカイウォーカー。
晴れて彼女と会う日を迎えた。
正午過ぎぐらいに東京駅で落ち合う様にしてたんだが、待ち合わせの30分前に駅に着く。

「俺くん期待しすぎやろw」って彼女に笑われました。
まぁその笑顔を見ながらフルボッキしてたんですけどねw

とりあえず二人で楽しみにしてた、とある大学祭に行きました。
久々に会ったので終始腕を組んで歩いてましたが、彼女が体を腕にくっつけると胸に当たるのね。
胸が大きくなくてもちゃんと感触を確かめられて、幸せ&我慢メーターがどんどん減っていってました。
それでも一緒にいる間は楽しめるから、性欲はあまり感じなかったんだけど。

夜になりまして、ようやくホテルにチェックイン。
ちょっと良い感じのホテルに宿泊したんだけど、夜景が綺麗でムード満点!
カーテンを開けて夜景を見ながらエッチしようかな・・・。
なんて考えていると、いきなりハグされました。

俺「どうしたの?」

彼女「1週間前に私がなんて言ったか覚えてる?」

俺「えっ、1週間我慢しろってやつ?」

彼女「それと、我慢できたら一番濃い奴を飲んであげるってやつ」

俺「そんなことを言われたような・・・」

と言った瞬間、ベッドに押し倒されました。

彼女「ちゃんと我慢してたんでしょ?」

俺「はい」

彼女「いいこ。ちゃんとご褒美あげなくちゃね」

俺の上に乗ってきて激しいキス。
彼女はフレンチキスが好きなので思い切り舌を入れてきました。

こちらも負けじと舌を絡ませますが、上から押さえつけられ、思い切り彼女の舌で口の中を掻き回されました。

俺「苦しい・・・優しくして」

そんな涙の懇願も無視され、お口を犯される俺。
愚息はもうはち切れんばかりの勢いで大きくなってましたw

彼女「なんでこんなに大きくなってるの?どうして欲しい?」

俺「知ってるくせに」

彼女「ちゃんと言いなさい」

俺「ボソボソ」

彼女「ちゃんと大きな声で言いなさい。じゃないと・・・」

ジーンズの上から愚息を握られました。
1週間の我慢を乗り越えてきたので、かなり敏感な愚息ヤバい。

俺「気持ちよくして欲しいです・・・」

彼女「手で?」

俺「わかってるくせに」

彼女「ちゃんとお願いしないとわからないなー」

俺「・・・口でして欲しいです。お願いします」

彼女「ちゃんと言えて偉いねー俺君は」

そう言いながらジーンズを脱がされました。

彼女「ふふ。おっきくなってる」

パンツの上から愚息を咥える彼女。
エロい。
そして気持ちいい。

俺「直接舐めて欲しい」

これ以上は我慢出来ないので、意地もプライドも捨てて彼女にお願いする俺、なんて情けない・・・。
と、そこで気がついた。
まだシャワーを浴びてない。
いつもならちゃんとシャワーを浴びてからエッチするのだが。

俺「ちょっと待って!シャワー浴びてからにしない?」

彼女「だめ。汗臭い俺君のオチンチン食べたいの」

俺「ちょ・・・、それは恥ずかしいから、お願い」

彼女「だめ。(パクッ)」

躊躇なしに愚息は彼女の口の中へ。
亀頭を口の中に入れて、舌の上で転がすように舐められたり、舌先で尿道の入り口を優しく舐められたり。

彼女「どう?気持ちいい?」

しばらくすると、裏筋を丁寧に舐めながらタマタマを揉まれました。
もうこの時点で爆発しそうなのだが、なぜかうまい具合に寸前のところで舐めるのをやめる彼女。

彼女「なんか先っぽから出てるよ~。そんなに気持ちいいんだ」

俺「もう我慢出来ない・・・イカせて」

彼女「どうしようかな~?もうちょっと味わいたいんだけど」

そう言いながら今度はタマタマを舐められながら、手で竿をしごかれました。

俺「だめ。イキそう・・・」

彼女「いいよ。お口にいっぱい出して」

最後は亀頭を口に含んで舐めながら竿を手で激しくしごく彼女。
俺が一番好きなやつを最後に持ってくるとは・・・。
できる彼女で幸せだw

俺「だめ・・・イク!!!」


1週間いじめられながら我慢したモノを全て彼女の口の中に放つ俺。
いつになく大量に、長い間出てたような。

彼女「んもう。出しすぎ。苦しかったし」

それを全部受け止めて飲み干した彼女はまたエロい。

彼女「ねぇ。ちゅーして」

可愛い・・・。

えぇ、彼氏の色眼鏡ですよ。
それでも言わせてもらいます。
うちの彼女は可愛いです。

甘えてくる時が特に。
そんな風に求められたら即座に応えてあげるのが彼氏の勤め。
軽くキスをして、きつくハグをすると、「横になりたい」と彼女。
ベッドをご所望ですか。
分かりました!
お姫様抱っこで連れていきますよ!
とならないのが俺の至らないところ。

俺はひょろひょろモヤシな上に、彼女が170cmもあれば持ち上げるのも一苦労です。
今日は勘弁していただいて、手を引いてベッドへ。

毛布の中に潜り込んで、今度は甘く濃厚なキスをしました。
次第にさっきの(フェラの前にされた)キスのお返しとばかり、舌を絡ませて激しいキスへ。
キスで攻められると彼女は俺をキツく抱き締めて来ます。
それを合図にさらに舌を駆使して彼女の口の中を舐め回す俺。
キスをやめると、なんだか悔しそうな彼女の表情がそこにありました。

せっかくホテルに来たので、夜景を見ながらお酒を飲んで、そのままベッドで抱き締めて欲しいという彼女のリクエストに応えるべく、近くのスーパーにお酒と肴を買い出しに行ったのです。
近所を散歩したりして、1時間ぐらいぶらぶらしてホテルに帰着。
その後テレビを見ながらお酒飲んで、会えてなかった時にあった事や、その日の事を話してました。

お酒に弱い俺はこの後の事も考えて控えめに。
一方お酒に強く、「お酒を飲んだら女の子のエッチレベルは上がるのよ!」と力説する彼女は、グイグイ飲んでました。
酔ったら寝る癖がある彼女なので、ちょっと不安でしたが、酔っぱらいに襲われるのも一興だなと思い、彼女の飲むペースを見守る俺。
彼女、そろそろ出来上がってきたかな~って思ったので、「おいで」って言って、彼女を後ろからハグ。
そのままカウチ(というか長いソファー)にお互い上半身を起こして横になり、くっついていました。

俺「どうしたん?」

彼女「もう。ちょっとここで待ってなさい」

そう言って俺に毛布を被せ、ベッドから立ち去る彼女。
とりあえず見るなというサインなので、大人しく従いました。
そしてすぐに帰ってきた彼女。
毛布を剥ぎ取られて見えたのは、ハンドタオルとストッキングを手にした彼女。


(これは・・・、目隠し&拘束ですか!?)

脳内わっふるわっふるでしたが、そこは気持ちを押し隠し・・・。

俺「な、なにするの?」

彼女「今日は沢山攻めてあげるって言ったでしょ?あんなキスしたらダメよ。私、弱くなるじゃん。ここからは沢山弄ってあげる。楽しみ?」

再びスイッチ入った彼女!
嬉しい!!!

俺「は、はい。嬉しいです」

彼女「正直でよろしい」

服を脱がされ、ハンドタオルで目隠しをされ、ストッキングで後ろ手に縛られ、仰向けにされる俺。
少々手が痛いですが、そこはスルー。

彼女「さて、最初はどうしようかなー?俺君が感じやすいところ沢山舐めてあげよっか?」

耳元で囁かれました。
そのまま耳を舐められました。
耳、かなり弱い俺。
優しく息を吹きかけられながら、耳全体を口に咥えられ舐め回されるのが一番感じてしまう俺。
もちろんそれを知ってる彼女はそれをしてくるわけです。

俺「ん!!!!あぁ」

彼女「どうしたの?男の子なのにそんな恥ずかしい声出して」

俺「だって」

彼女「ここが気持ちいいの?」

そう言って今度は激しく舐めてくる彼女。
いつもなら感じすぎてキツいから彼女を無理やり離すのですが、今回は手が縛られててそれが出来ない・・・。
逃げようとしても体を押さえつけられて、彼女のなすがままに快楽の海へを沈んでいく俺でした。

俺「もう、やめて」

半分泣きながら懇願すると、意外にも素直にやめてくれました。
少し息を整えられると思ったのが間違い。
彼女の頭が俺の胸の方に移動しているのを気配から察し、身構える暇もなく乳首を咥えられました。
耳よりも乳首が弱い俺。
この刺激はかなり強烈で、舐め続けられると頭が真っ白になるぐらい気持ちよくなってしまうのです。
さっき耳を舐められた時以上に声が出てしまう俺。
そんな反応を楽しむかのように彼女は胸を舐め回してきます。

俺「ちょっと休憩させて」

彼女「ん?なに?ここが気持ちいいって?」

今度は乳首の先を噛む彼女。
その刺激に耐えられず背中を仰け反るようにして反応してしまう俺。

彼女「ちょっと~、そんなに気持ちいいの?もっとして欲しいなら、ちゃんとお願いしなさい」

俺「少し休憩したいから、やめて」

彼女「え?なに?」

と、指先で乳首をキツく摘む彼女。

俺「ああ!!!!!!!」

彼女「ほら。気持ちいいんでしょ。『もっとして下さい』って言いなさい」

俺「はぁはぁ・・・、もっと気持ちよくして下さい」

彼女「変態だね~、そんな変態さんはちゃんと躾をしてあげないと」

そんなやり取りをしながら、しばらく乳首を攻められ続け、刺激のあまりに脳は真っ白になり、もう思考停止状態になってました。
あまりにキツいので、少しガチで休憩を申し入れると、さすがにやめてくれました。

彼女「手、キツいでしょ。外してあげるよ。その代わり、手と口で気持ちよくしてね」

服を脱ぎながら彼女は言い、おもむろに俺の上に乗って来ました。
しかも俺の顔を跨ぐように乗り、顔は俺の愚息方面に。
愛しの彼女のマンマンが目の前に!
綺麗ですなー、思い切りかぶりついちゃいますよ。
彼女も俺の顔に股を擦りつけるように動いて来ます。
しばらく顔面騎乗位で彼女にご奉仕。
愚息は彼女が手でしごいてくれてます。

「ああ・・・エロい。私のお尻の下に俺君がいる。沢山私を味わいなさい」

・・・とは彼女は言いませんでしたが、そんな感じの視線を感じる幸せ。
一生懸命ご奉仕させて頂きました。

彼女「ねぇ。入れたい?」

俺「はい!」

彼女「じゃぁゴム取ってくる」

彼女がゴム装着してくれる。
そしてそのまま騎乗位で挿入。
彼女、最初は騎乗位苦手だったんですが、だんだん上手くなってきてます。
最近は刺したまま前後に腰を振って、クリを擦りつけるのに目覚めたご様子。
それをしながら彼女・・・。

彼女「気持ちいい。俺君の中に入ってて、クリも擦れていいよ」

でもこれ、男は感じ難いんですよね。

中の感触は楽しめますが、出し入れする時の感覚には及ばないというか。
なので我慢できずに下から突き上げた。

彼女「あん!!!こら!!ダメでしょ俺君。あなたは大人しく寝てるの。私が俺君ので気持ちよくなりたいの」

いじめたい欲求の彼女から、自分優先な彼女に変貌してました。
それはそれでMモードの俺には嬉しい。

彼女「ああ・・・、こうやって奥まで入れて擦ると、気持ちいい所に当たる」

そうやってしばらく腰を振ってましたが、だんだんお疲れのご様子。
それに腰がなんだかビクンビクンしてます。

彼女「だめ。気持ちよくて、腰が言うこと聞かない。でももっと気持ちよくなりたい・・・それにやっぱり完全なSにはなれないよ」

いきなりギブアップ宣言の彼女。
頑張ってくれたんだな~、うれしす。

なので俺、「じゃぁ俺が気持ちよくしてあげる!」と、体を起こして上下逆転。

そして一気に攻勢に転ずる俺。
正常位でゆっくりと、確実に彼女の気持ちいい所に当たるように挿入していきます。

彼女「ああ・・・ちょっとだめ。今夜は私が・・・」

彼女の声は無視。
彼女はGスポットからずっと天井部分を擦って一番奥までゆっくりと入れるようにしてあげると、かなり感じます。
それをちゃーんとやってあげる俺はいい奴!
それを何回か繰り返していくと、だんだんと声が甘くなっていく彼女。

彼女「ん・・・あぁ・・・俺・・・ねぇ。キスして、好き。好き。好き。俺のこと好き・・・だから、もっと気持ちよく。一緒に気持ちよくなりたい」

声が甘くエロくなるにしたがって、マンマンの締りがキツくなっていく彼女。
こっちも長くは持ちません。

俺「もうだめ。イキそう」

彼女「来て。私もイッちゃいそう。いっぱい中で出して。全部受け止めるよ」

もちろんゴムをちゃんとしてるので中出しではありません。

俺「イクよ!!!」

彼女「あああああああああ!!!!イクッ!!!!!」

俺が絶頂を迎えるとほぼ同時に、彼女の体が激しく弓状にしなって、中がぎゅっと締まりました。
しばらく体を重ねたまま抱き合いながら余韻に浸ってました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 ドMな彼女が痴女責めにチャレンジしてくれた

たくさんエロ本やらAVやら持ってるけど
画像はイメージです
これは自分が20歳、妹が16歳のときの話。
自分の実家はマンションの高い階にあって、自分の部屋の外がベランダになっていることもあって、自分はよく景色を眺めながらタバコを吸ってた。
それで、その日もぽけーと外の風にあたってたんだけど、その時、誰かが俺の部屋に入ってくる音が聞こえてきた。
自分がチラッと見ると、妹だった。
俺はベランダにいたんだけど、ちょうどその自分の部屋から見て死角になる位置にいたから、妹は気づいてなかった。

それで、妹が勝手に俺の部屋に入ってきて何するんだろうって思って、こっそり外から覗いてたら、俺のエロ関係の隠し場所であるベッドの下に手を入れてもぞもぞしてた。
結構清純系の妹だったから、その光景はちょっとショックだった。
で、そいつは2、3冊俺のエロ本を手にしたんだ。


で、その時、その妹とこっそりベランダから覗いてた俺との目があった。
妹は、よく漫画であるような感じでばさばさっと持ってたエロ本を床に落とした。

妹は、俺を見て直立不動という感じで立ち尽くしてた。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺はその時、「さて・・・どうしたものか」と不思議なほど冷静だった。
とりあえず思ったことは、自分の妹というのは兄の自分が言うのもなんだけど、結構人間ができている可愛いヤツ(容姿もかなり)だったので、あんまり傷つけてしまうようなことにはしたくないっていうことだった。

それで、俺はベランダから俺の部屋に入った。
自分は無言。
妹は何言ってるかよくわからないけど、声を出してた気がする。

俺は妹が落としたエロ本を拾って、それをさっとヤツに渡した。
もちろん妹はきょとん顔。

「別に持ってってもいいけど、ちゃんと返せよ」

「えっ?」

「そうだ、よかったら俺の秘蔵のビデオも持ってくか?」

「い、いや、いいよ・・・」

「まあ、こんなものはいつでも貸してやるから遠慮するな」

「・・・う、うん・・・」

というようなやり取りをした。
とにかくその時は、妹に恥ずかしいっていう思いをさせたくないっていうことばかり意識にあった。
今思えば、18歳未満の妹に言うべきことじゃなかったんだけどね。

まあ、その日はそれで何事もなかった。
(勿論、妹はそのままエロ本を持って出て行った)

妹は控えめな性格の人間だから、その出来事があった後でも、「お兄ちゃん、エッチな本貸して・・・」などといってくるはずもなく、ちょっとそれが残念だった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

けど、俺のいないときに持ち出してるってことは、ベッドの下の本の位置がずれてることから明らかだった。
まあそれでいいかと、自分は特に気にもしなかった。

けどそれ以来、何か自分に対する妹の態度が微妙におかしかった。

まあ、後々ゆっくりと考えてみたら、エロ本を持っていく=オナニーしてるに等しいわけだから、妹がオナニーしてるっていうことを俺が知っているということになるわけだ。
そんな状況で、あの妹が俺に今まで通り接しづらいというのは当たり前な話だ。

何とか、そういうもやもやをなくしたいと思った。
俺は、オナニーっていうものは別にやましいものでも何でもないと思ってたから、(さすがに人に見られるのは勘弁だが)とにかく、その辺のことを伝えたいと思った。

んで、その決心をした日、大学の講義終わって昼過ぎに帰ってきて、妹が帰ってくるのを待った。
それで、帰ってくるなり、自分の部屋に呼び寄せた。

妹は「うん」ってな感じで普通に入ってきた。
元々、仲はそこそこいい兄妹だから、お互いの部屋に入ったりというのは全然日常的なことだった。

けどあれ以来、目を合わせる回数が減っていた。
その時も、妹はちらちら俺を見ては目をそむけるというような感じだった。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

俺は机のイスに座って、妹はベッドに座った。
それで、俺は切り出した。

「あのさ、俺たくさんエロ本やらAVやら持ってるけど、それって何のために持ってるのかわかるよな?」

「・・・・・」

いきなりこんな話題をふったもんだから、妹は俯いた。

「早い話がオナニーのためだよ」

「・・・・・」

まあ、「もう、何言ってるのよ馬鹿兄!!」とでも言われたほうが楽だったかもしれないけど、うちの妹はそういうこと言うタイプじゃなかったんで・・・。

「まあ、◯◯(妹の名前)くらいの年じゃオナニーなんて、ただ淫猥っつーか、いやらしい響きしかないかもしれないけど、オナニーっていうのは性というものを知るためにはすごく大切な行いなんだぞ」

「・・・・・」

妹はちょっと興味を持ったような顔をした気がした。


「男は性欲の処理っていう意味合いが大きいかもしれないけど、まあ男でも女でも性器をどうしたらどうなるのか、気持ちよくなるのか、といったことを知るのはすごく大切なことなんだ。
それに性的快感を味わうっていうことはやましいことでもなんでもなく、自分を満たすための人間に与えられた一つの手段なんだ。
それは、とても尊いものだし、恥ずかしがることでもないし、至って当たり前のことなんだよ」

っていうような感じのことを言った気がする。
妹は黙って聞いてた。

まあ妹に性のことについてここまで赤裸々に語るっていうのは、結構きついものだった。
けどまあやっぱり、兄の自分が泥をかぶらないといけないっていうのは思ったんだよね。

それで俺は言いたいことを言い終わったんで、妹が何かしゃべるまで妹を見てた。
んで、ちょっとたってから妹が口を開いた。

「・・・うん、わかった。・・・話もういい?宿題しないと・・・」

そんな返事で、何か味気ないなあなんて思ったけど、まあ何か感じてくれている様子だったから、「ああ」って笑顔で答えた。

まあ、変な空気だったから、すぐにでもそこから出たかっただろうしね。

それで、妹は部屋を出ようとしたんだ。
けどその時、

「・・・ありがとう。お兄ちゃん」

ちょっと控えめな笑顔だった。
けど、それはいつも通り俺をじっと見て言ってくれた。
ああ、これで元通りだって思った。
一時の覚悟をしてよかったと思った。

それでまあ、元通りの普通の兄妹になった・・・。
・・・と思ったんだけど、元通りというわけじゃなかった。
少しずつだけど、妹がだんだん頻繁に、自分にじゃれついてくるようになった。
まあ、ああいう話を真剣にしたっていうことで、妹は俺に対してより打ち解けれるようになったんだと思う。

それから、一緒にいる時間が増えた。
一緒にテレビ見たり、ゲームしたり、勉強教えてやったり、二人でどこかに行ったり。
その時自分は彼女と別れたばかりで、空いた時間が多かったから、そういう時間のほとんどを妹と過ごすようになった。

そんで、手を組んで胸を押し付けてきたり、俺の部屋でねっころがってパンツ見えてるとかザラになってきた。
すごく顔を近くに寄せてくるから、あんまり可愛いんでこのままキスしちゃおうかっていうシチュになることも度々。

けどやっぱり、他の女性の抱くそれとは違うんだよね。
性欲にまみれた欲情じゃなくて・・・、えっと、何か説明しにくいけど。
まだ娘はいないけど、娘を愛する気持ちと似ているかもしれない。

妹もその時16歳くらいだから、年頃だし、付き合ってるヤツがいてもよかったんだけど、その時の妹はまだそういう気はないみたいだった。

それがその時の俺はすげー嬉しかった。
俺はその頃から、妹が誰かと付き合って欲しくないと切実に願うようになってたようだ。
妹に近づこうとする奴がいたら片っ端からけちらしてやるってくらい。
なんだろう、シスコンの一種かもしれない。
それは今も変わらないけどね。

っていうか、こんなダラダラ書いておいて、あんまりスレタイに沿ってないね。
あと、密かに期待していた人も、そーいう方向の話じゃなくて勘弁っす。
(終わり~)

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 たくさんエロ本やらAVやら持ってるけど

スケベな女友達と神社の境内で初体験
画像はイメージです
4年前の時の初体験の話をしようと思います。

当時、受験期で、同じ塾に通っていたアヤコさんは、俺とは別に付き合っているわけでもなければ、特に親しい友達でもありませんでした。
中2の時にアドレスを聞かれ、それっきりたいした連絡もとっていませんでした。

しかし中3の秋には、2日に1通くらいの頻度でメールをするようになりました。

そんなある日、彼女から『◯◯はセックスとかに興味ないの?』っていうメールが来たんです。
興味がないわけじゃなかったけど、なんでそんなことをいきなり聞くのか不思議に思って、『興味はあるけど・・・どうして?』って聞いてみたんです。
すると彼女から、『やっぱり興味あるんだね~☆』なんて返ってきて、『アヤコはあるの?』って聞いてみたら、『うん、少しある!』との返答。

(これは・・・誘っているのかな?)

そう思って、エッチな話題を連日送っていました。
彼女も別に嫌がることもなく淡々と返答してきました。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

2、3日後のある日、『ねぇ、もし私とするんだったら嫌?』ってを聞かれて、かなりその気になっていた俺は迷わず、『嫌じゃないよ!』とだけ送りました。
すると彼女が、『今、外に出てこられる?あたしの家の前まで来れたらワン切りして!』と来たので、夜遅かったので(確か深夜1時頃)、親も寝ていてすぐに出る事ができて、ワン切りをすると彼女が出てきました。
彼女は、「ついて来て!」とだけ言って俺の手を引き、すぐ近くの神社の境内に連れて行かれました。

到着と同時に彼女が俺の頬にキッス!

「ありがとうね!来てくれて。じゃあ・・・しよっか」

彼女は俺の手を上半身の洋服の中に導いて、「好きに触って・・・」と言いました。
これまでも事故的に何度か洋服の上から女の人の胸を触ってしまった事はありましたが、生で、しかも結構大きかった(Cカップくらい)ので柔らかくて、しばらく乳首をコリコリしながら触っていました。
そのうちに、「ねぇ、下は触らなくていいの?」と言われたので、即座に下着の中に指を入れました。
もうすでに彼女のマンコはヌルヌルに濡れていて、指に吸い付くような感触がすごい印象的でした。

メールで処女ではないことを知っていたので、躊躇せずにマンコの中に指を入れました。
外だったので、アヤコは声を押し殺すように、「ひっ・・・ん~・・・」という声にならない声をあげていました。
で、しばらくすると・・・。

「◯◯のも見せてぇ・・。あたしだけ見せてるの恥ずかしいよ~」

「いいよ、ちょっと待って!」

チャックを下ろし、ビンビンになっていた俺の息子を出すと、「わ、結構大きいね!初めての人より大きい!!入るかなあ・・・」なんて少し嬉しいことを言ってくれました。
アヤコはおもむろにペニスを触って上下に擦り始めると・・・。

「お口でしてあげよっか?」

「いいの?じゃあお願い」

アヤコの下半身はすでにズボンもパンティも脱げていたが、そのまましゃがんで仁王立ちフェラの形になった。
まず亀頭をペロペロっと舐めてから、すぐにカプッと奥まで咥えてくれました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「あ・・・すげ~気持ちいい」

「ほんとに?じゃ、もっと気持ちよくするね!」

バキュームしながら、上下の動きをかなり加速しました。
やばいと思ったので・・・。

「待って!出しちゃうの勿体無いから、もう入れてもいいかな?」

「え、もう入れちゃうの?いいよー。じゃ、これつけて!」

ポッケからコンドームを取り出しました。
でも僕は、「初めては生で入れさせて!お願い!!」とお願いしたところ、「え~~、生でするの?・・・ちょっと不安だけど・・・いいよ!」と意外にも即OK!!

で、生挿入。

アヤコはまだ俺で2人目で、しかも初めての人とは1回しかしていなかったので入り口はかなりキツく、ニュルニュルニュルっと入った後、ペニスが激しく締め付けられました。

「あ・・・!嘘。すごいおっきい!」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「キツ・・・。アヤコちゃん、すごい気持ちいい!」

そして正常位から始まり、騎乗位、バックとやって、最後は壁に寄りかかりながらの駅弁の彼女が片足をついているというスタイルでパンパン。

「あ、やばい・・。もうすぐ出そう!!どこがいい?」

「あ・・!え・・?出るの?え、どうしよう、考えてなかった」

そうこうしているうちに次第に無意識に腰が速まっていき・・・。

「あ!もうだめ!!このまま中に出しちゃうね!!」
「え!!でも・・・できちゃうかもよぉ!」

「あ・・・!!出るよ!出るよ!!」
「あ~~ん!!」

ビュル、ビュル、ドクン・・。

外なのに大きな声を出して彼女は絶頂。

「あーあ・・・出しちゃった・・・。赤ちゃんできちゃうかもよ?」

なんて彼女が言っている間、俺はあまりの気持ちよさに耳鳴りが止まらず、しばらくじっとしていた。
やっと収まりペニスを引き抜くと、大量の精子がまるで栓を抜かれた練乳チューブのようにマンコからトロトロっと落ちてきた。

「わぁ~、いっぱい出したんだね~。そんなに気持ちよかったの?」

「すごかった。やっぱりオナニーとは違うね」

「当たり前じゃーん!(笑)」

なんて会話を挟みながらその場は解散。
その夜は、初エッチの余韻が残ってしばらく眠れませんでした。
その2日後、彼女から生理が来たとの連絡が。

その後も彼女との深夜のそんな関係が続きましたが、中出しはそれっきりで、後は全部口内発射でした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 スケベな女友達と神社の境内で初体験

初めての乱交で中出しされてイキまくる妻
画像はイメージです
私40歳、妻35歳と若く無い二人ですが、初めてネットでみつけた乱交サークルのパーティーに参加しました。

私たちを含め4組の参加で、初めては私たちだけ、ドキドキしながら某都内のホテルへ。
其処には既に皆さんお集まりで、ほかの3組の方は慣れている様子で和気藹々としていました。

私たちと同じくらいの年回りなので少し安心。

主催者のご夫婦の方に説明を受けると、ピルを飲んでの中出しOKプレイとの事。
妻の分までピルは用意されてはいましたが、私達は戸惑いどうしようかと迷いましたが、主催者の方が「中出ししないから」ということでOKする事に。
(このとき妻は渋っていましたが・・・)

早速妻にピルを飲ませ参加することに、はじめに自分のパートナーとは別の方とシャワーを浴びる事に。
妻は初めてなので人気がありましたが、結局3人の男性と一緒にシャワールームへ行きました。
シャワールームから出てきた妻はフラフラで、もう感じてるスイッチが入った様子。

妻と入れ替わりに3人の女性陣とハーレム状態でシャワーをして出てくると、もう始まっており。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

妻は2本のおちんちんを咥え、1人の方におまんこをイタズラされ、ヘロヘロに。

「お先に」と、他の方々が声掛けると一人一人別のパートナーへ。

私も負けずと主催者の方の奥様に突進。
妻はと言うと、主催者の方の一物をシッカリおまんこの中に入れいつもより声大きめで、「イッちゃう、イッちゃう」と乱れていました。

そのうちに主催者の方が私に、

「そろそろ奥様の子宮の奥に出しますよ」といい。
「中出しはしないって、だめ、中で出さないで、赤ちゃんできちゃう」

・・・と、嫌がる妻を押さえつけ、ラストスパートし、思いっきり奥に中出し。

奥に出された時に妻も痙攣し、イッた様子。
それを見て私もつられて主催者の奥様に中出し。

一息ついていると、他の方々も、「フィニッシュは(ウチの)奥様で!」と、次々と妻の中に放出。
妻も出されるたびにいつもより乱れ、「駄目駄目中出しは」とか「子宮に届いちゃう」と言いながらいきまくり、おまんこはたちまち3人分の精子で一杯に。
その後、私も復活し、別の奥様のアナルでフィニッシュ。

妻はその後、3人の方に休む間もなく交互に中出しされ、「中出し止めて」と言いながらいきまくり、おまんこは精子でグチョグチョに。
(どうやら、他の方はフィニッシュはウチの妻だと決めていたらしい。)

最後は洗うことも許されず、記念にとそのままパンティーを履かされ帰ることに。

足腰立たない妻とようやく帰宅し、妻のおまんこ広げてみると、中は精子で一杯に・・・。
その後、妻とSEXし勿論精子まみれのおまんこに中出し、そのまま疲れて寝てしまい翌朝、感想を聞くと、口ではイヤがっていたが、もう一度いくかと聞くとイヤとは言わず、今度はアナルや単独さんともどうだというと。

「中出ししなければいいわ」と。

「でも参加する時は中出しだよ」と言うと、
「あなたがどうしても参加したいと言うならしかたがないでしょ!」

・・・と言い、気に入った様子。

「じゃあ次は女はオマエ1人で10人くらいに中出しさせるか」と言うと、
「そんなに相手できないよ~!」というので、
「じゃあ辞める」というと、
「駄目って言っても勝手に決めちゃうでしょ!」とのこと。

中出しはイヤでは無いらしい・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 初めての乱交で中出しされてイキまくる妻

ゴミ箱に捨てられていた妊娠検査薬
画像はイメージです
友人のKは、体格がよくガッチリとしたスポーツマンだ。

180センチの背丈でなかなかイケメンで女にもモテる。
まだ高2なのに、かなり年上の熟女と結構遊んでるみたいだ。

デカチンで有名で、前に部活の合宿では一緒に風呂に入ったときに見たイチモツは凄かった。
ヘアスプレーの缶ぐらいかなぁ。
噂では、36歳の英語の人妻教師を孕ませたとか・・・恐ろしいやつだ。

ある日、うちに泊まりに来て俺と友人と母親と晩飯を食べている時のこと。

「K君はモテるんでしょ。うちの子は全然なんだけどね、ほんと格好いいよね」と、うちの母。
「いえいえ、そんな」

(余計な御世話だ。)

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ビールの入った母は、なんかKと話が盛り上がってきて話が弾んでいた。
父親は単身赴任が長いのでいつも母子家庭みたいな感じだ。
Kと母の話が終わらないので先に食事を終えて風呂に入ることにした。

風呂から出てきても話が続いているので、さすがにつまらなくなって「先に寝る」と言ってベッドに入った。
それでも自分の寝室とリビングは近くて話声が聞こえる。

Kが母を見る目はいやらしかったので心配だ。

母の格好は、ぴったりとフィットしたローライズジーンズと袖のないTシャツだった。
身長も165センチくらいあってスタイルもいい。
41歳とは思えない若々しさだからか、Kがじろじろ見ているのが分かる。

「K君はもう大人なんだってね、何人も彼女いるのぉ?」

ちょっとエッチな会話になってきた。

「いないよ」
「へぇ~そうなんだ。でももうとっくに初体験は済ませてるんでしょ。うふふ、T(俺)に聞いたんだけどね」

「えぇ~、そんなぁ。なにそれ~嘘ぉ、あいつ・・そんなことまで言ったのー」
「あはは、引っかかったわぁ~、嘘よ」

母は笑って言った。

「もう~恥ずかしいなぁ・・あはは」

Kも楽しそうだ。

「どんな女の子が好みなの?」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

「えぇ・・う~ん、おばさんみたいな人」

「嘘~?」
「嘘じゃないよ、おばさん若々しいし、綺麗でスタイルもいいし、好みなんですよ。初めて会った時、あいつのお姉さんかと思ったよ」

「うふふ、お世辞いっても何も出ないわよ~。あらら、どこを見てんだかぁ」

なんかあやしい雰囲気に。

「あはは、ボインですねぇ。どのくらいなんですかバストは」
「ひ・み・つ」

「いいじゃないですか~おしえてくれないの?おれの秘密は知ってるのに~」
「だめだめ、教えないわよ」

「不公平だなぁ・・」
「もう~じゃぁね、K君はほかにはどんな秘密があるの?」

「言ったらバスト教えてくれる?」
「いいわよ」

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


「うーん、恥ずかしいけど・・アレがでかいかも。同級生とかじゃ痛くて入らないって」
「えぇ~~ほんとぉ。あはは、笑っちゃ悪いけど・・・」

「うん」
「でも、すごいわね。体格いいもんね。でも、恥ずかしくないわよ。おばさん見てみたいかも。うふふ」

「おばさんの胸は、86のDカップだよ」
「大きいね~~触りたいな」

「K君の触らせてくれたらいいわよ」

その後、くぐもった音が聞こえてきて「すごいわ。こんなの初めてだわ」と、ぴちゃぴちゃと舐めるような音が聞こえてきた。

しばらく喘ぎ声が聞こえてきて・・・。

「今日は危険日だから中に出さないでね」
「うん」

エロい喘ぎ声と、ピチャピチャ水が跳ねるような音が聞こえてきた。
そしてバックをしているのか、パンパンとお尻がぶつかるような音が・・・。

「あぁ~~、だめだめ!すごく深いわぁ。いっちゃう、いっちゃうわぁ」
「おばさん・・出ちゃう・・」

「だめよ、だめだめ~」

二人の喘ぎ声はずっと続いていた。
1時間近く交わっているようだ。

しばらくして・・・

「やばいよ。いっぱい出てる」

「どうしよう」と焦る二人。

慌てて風呂に入ったようだが。

それから十数日後、妊娠検査薬の箱がゴミ箱の中に捨てられてあるのを見つけた。
色が変っていた。

これからどうするのだろう・・・。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 ゴミ箱に捨てられていた妊娠検査薬

どうしても看護師さんとエッチしたくて土下座した
画像はイメージです
まだ中学生だった時のお話。

当時、俺は、部活の大会で足の骨を折る重傷を負ってしまい、整形外科で有名な病院に入院することになった。

家がそこそこ裕福だった俺は、中学生にも関わらず、個室病棟に入ることになった。
病院、個室、若くて可愛いナース、妖艶で美しい女医・・・。

(あんなことやこんなことや・・・ぐへへ)

ガキんちょの旺盛な想像力は、脳内でナースや女医を個室で犯しまくっていたが、現実ってのは時には残酷なものを見せる。

俺が想像した酒池肉林には、腹の弛んだオバサンナースと還暦間近のヘルパーとガチムチ兄貴な男性医師がいた。
いやさ、流石、整形外科が有名な病院なだけあって、入院・手術・術後ケアは文句なかったよ。
オバサンナースや還暦ヘルパーの手際は良いし、ガチムチ兄貴の手術の腕はスゲェし、至れり尽くせり。

でも、何か足りない。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

もう少し若くて新鮮なエネルギーが欲しい・・・。

そんな俺に奇跡が起こった。
若くて可愛いナースが俺の担当になったのだ。
彼女は美しい容姿の他に、大きく形の良い胸にくびれた腰、突き出た尻とグラビアアイドル顔負けのスタイルを持っていた。
全てが完璧だった。
俺の酒池肉林を達成するには最高の女性だった。
一目で惚れた。

ただし、レイプしては意味がない。
無理矢理にやっても警察呼ばれて終わりだ。
合意の上でなされなければならない。
そこで、まずは仲良くなることから始めた。
回りくどい方法だったが、時間はいくらでもあった。
向こうも気さくな女性で、すぐに仲良くなれた。
年が近かったせいか話題も尽きなかった。

いつの間にか関係は進展し、婦長やら医者の目を盗んで会いに来てくれるようにまでなった。
お互いストレスも溜まってたし、いくらでも話していられた。
でも、いくら関係が濃くなっても、体を許してくれる仲にまではならなかった。
当時は何でか分からなかったが、今考えてみれば当たり前なんだよね。
周りには高収入の独身医者が捨てるほどいて、彼女の容姿ならその中から選び放題なのだから。

だが、もう俺には時間が無かった。
退院の日が刻々と迫っていたからだ。
仕方ないので、最後の手段をとった。
日本伝統芸能“DOGEZA”だ。

嫌われるのを覚悟でお願いすることにした。
彼女が当直の時に頼み込んだ。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

アホみたいに。

「触らせてくれるだけでいいから!」とか「ちょっと見せてくれるだけでも!」って目が血走ってたよ。

バカみたいに土下座してたら、遂に折れて、“一回限り・今夜限り”で一発ヤらせてくれることになった。
たぶん、相手が、つまり俺が、中学生だから通った土下座外交だったね。
今の歳でやったら間違いなく強制退院だよ。

その後の時間は、今も夢に見るくらい甘美で素敵なものだった。
同級生や彼女や嫁と幾度もセックスしたが、あんな素晴らしかったものはまだ体験してないよ。

白衣をひっぺがして、ブラをはぎとった後、大きく張りのある胸を形が変わるほど揉みしだき、桜色の乳首をちぎれるほど吸いまくった。
ショーツを脱がしたら、きちんと処理されて綺麗に整えられた陰毛が現れた。

「ハズイからあんまり視ないでよ。てか、もう少しムードを考えなさい!」

そう言われても聞く耳もたなかった。
指を突っ込んで拡げて覗いたり、クリトリスの皮を剥いてみたりした。
エロ雑誌で見たように手マンもしてみたが、技術不足だったようで、全然感じてくれなかった。
ただ、その時の膣の温かさ、指に吸い付いてくる感じは感動した。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

その後すぐに陰部にしゃぶりつき、その味を味わった。
何か苦くて変な味だったが、そんなの気にしなかった。
もしかしたらもう二度と味わえないかもしれない蜜壺の味だから、心残りのないように吸い付くした。

この時、初めて彼女の口から吐息が漏れた。
女の人が感じたのを初めて見たから、新鮮な気分だった。
俺はもっとその姿を見たくて、また、最後までイカせてみたくなって、さらに吸い付いた。
彼女は俺の頭を押して引き剥がそうとしたが、腿の付け根をしっかり押さえつけて絶対に離れなかった。
彼女は、口を片手で押えて何とか声が漏れないよう頑張ってた。
最後の方はゲンコツまでもらったけど、それでも舐め続けた。
そうしたら、念願の瞬間に出会えた。
遂に彼女がイッたのだ。
体を一度硬直させ、その後に軽く痙攣した。
でも、当時の俺は、イクなんてのが理解できず、痙攣している彼女の股間をまだ舐めてた。

「ダメ・・・ダメ・・・一回・・・休ませて・・・お願い・・・」

全く気にせずに舐め続けた。

すると、「止めないと大声出して人を呼ぶよ」とドスの効いた声が聞こえたので、渋々止めた。


少し休憩した後、念願の挿入を果たした。
俺に病気はなかったが、とりあえず自分で用意しておいたコンドームを出した。

でも、彼女が、「せっかくの初めてなのだから、生でどうぞ。妊娠は時期的に平気だから」と嬉しい申し出が。

仮性だった俺は挿入時に亀頭に痛みを感じたが、それでも一気に貫いた。
そして、無我夢中で突きまくった。
当時は相手を労るとかそんなことは頭になく、ただ獣みたいに、性交というより交尾をした。
痛みもあったが、肉棒に絡み付くヒダや温もりはそれ以上に俺を刺激した。
クンニで一度達していたせいか、こんながむしゃらなピストンでも、彼女から声が漏れていた。
だが、こちらは完全なる初心者。
長く持つはずもなく、数分で不甲斐なく射精してしまった。

情けないが、中学生のちんこ体力なんてこんなもので、彼女の「え?終わり?」って顔が悲しかった・・・。

もう一回頑張ってみたけど結果は同じでやはり駄目だった。
もうこれ以上は時間的にヤバいということで、彼女は急いで着替えて帰っていった。

彼女はナースセンターで怒られてたみたいだったので、俺は「僕が雑談したくて呼びました。すいません」と他のナースに頭を下げにいった。

その後、退院する直前に連絡先を教えてもらい、度々連絡を取った。
セックスはあれっきりだったけどね。

今は彼女もすっかりオバサンになっちまったけど、違う病院でいまだに現役で患者の面倒を見ているそうだ。
これからも元気に頑張って欲しい。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 どうしても看護師さんとエッチしたくて土下座した

妻は双子姉妹
画像はイメージです
裕也、27歳です。
同じ年の由希とは大学時代からの付合いで、結婚して2年になります。
まだ子供は無く共稼ぎですが、幸せな新婚生活を過ごしています。
・・・と思っていました。

妻には沙希という双子の姉妹がいますが、これまで妻の実家で会うくらいで、あまり付合いはありません。
一卵性で体型や顔は瓜二つなのですが、性格やファッションの好みは違っています。
控えめで女らしい妻に対し、沙希は行動的でラフな格好を好んでいました。
一人暮しで、彼もいるし、他にも男がいて結構遊んでいるようでしたが、私は沙希に興味を持ったことはありませんでした。
というより私は妻以外の経験が無かったし、充分幸せでした。

2週間くらい前に妻が自転車で車と接触事故を起こし、足と腰を骨折しました。
命には別状無くほっとしましたが、3~4週間の入院とリハビリが必要と医者から言われました。
入院して何日かした土曜日に、沙希が連絡も無く私の家に来ました。

「一人で困っているだろうから助けてあげる」と言って家に上がり込み、洗濯や掃除をテキパキやってくれました。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}


私の家に来るは初めてですが、勝手知ったる自分の家のように次々と片付けてくれて感心しました。

食事の用意もしてくれましたが、私の好物のマーボ豆腐を作ってくれて、味も妻と同じで感激しました。
沙希は食事が済むと「今日は泊まるね」と言って、勝手に風呂に入ってしまいました。

風呂から沙希が出て来た時、私は声が出ませんでした。
妻のパジャマを着た沙希は妻そのものでした。

沙希は私に近づき、「どう?」と言ってきました。

そのまま私に抱きついてきたので、「沙希には彼氏がいるだろう」と押し返しましたが、「私が一番好きなのはずっと前から裕也だよ」と言われました。

更に、「もう何度も裕也に抱かれているんだよ」と言われ、訳が分からなくなりました。

暫く振りだったこともあり、私は沙希を激しく抱いてしまいました。
私の経験が少ないからかも知れませんが、沙希と由希の違いが分かりませんでした。
本当に全てが同じように気持ちが良かった。

少し落ち着いてから沙希に色々聞きましたが、私のことを結婚前から好きだったこと、由希との秘密で時々入れ替っていたこと。
それは結婚前からで、今は多い時で月に数回も入れ替っているとのことでした。
今回は由希が入院しているので、仕方なく内緒で来たようです。

私は由希が二人いるようで一瞬幸せを感じましたが、ハッとしました。
沙希と入れ替ったとき、由希はどうしているのか聞かずにはいられませんでした。

当然のことかも知れませんが、沙希の代わりに彼氏や他の男に抱かれていたのです。

由希にとっては浮気という気持ちは全く無く、沙希として他の男に抱かれているので後ろめたいところは無いはずとのこと。
私は最愛の由希が他の男に抱かれていることを聞き、ショックを受けるとともに、身体の芯から熱いものが込み上げてきました。

何年間も私を裏切っていた妻に対する怒り・復讐の想いか、何も知らず幸せだと思っていた自分の情けなさか、他の男に見せる妻の痴態を思ってか、訳が分からず熱くなって沙希を押し倒した。

沙希は私の欲情を全て受入れてくれた。
二度目を終わってもまだ治まらない私に、沙希は「裕也はアナルをしたことがある?」と聞いてきました。

沙希には40代のセフレがいるけど、アナル好きでだいぶ開発されて来た事、由希も最近嵌まってきて、そのセフレの時に入れ替ることが多いようです。

私としたことの無いような行為を他の男としていると聞き、私は更に熱くなりました。
初めてのアナルはきつく痛みも感じましたが、構わず突き続けて沙希が狂ったような声を上げるまで続けました。
沙希が動かなくなって、ようやく私の熱いものは治まりましたが、この先、妻とはどうなるのか不安です。

沙希とはこの先も続くと思いますが、入院中の妻とはどう接したら良いのか分かりません。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 妻は双子姉妹

エッチな王様ゲームでお客さんにイカされた
画像はイメージです
キャバ嬢をやっていたんですけど、ついエスカレートして、エロすぎる王様ゲームをしてしまったんです。
あれは去年の冬、私の働いているキャバクラでのエロ話です。
一応おしゃべりだけのお店なんだけど、系列店にランジェリーパブがあるせいか、服の上からポンって胸触るくらいはよくされます。


いつも3人でくる常連のお客さんがいるのですが、この人達が超エッチなんです。
なにかにつけておっぱいを触ってくる。
当然服の上からですが。
普通だったらそういうお客って女の子に嫌われるんだけど、この人達って結構気前がいいし、トークが面白いのでヘルプの女の子達にも人気のお客さん。
3人とも私も含め、いつも同じ女の子を指名しています。

ある日、「王様ゲームしよぜ~」って言われてする事になりました。
最初はずっとお酒の一気ばかりでした。

「3番がイッキー!」とか、30分くらい経った頃から私たち女の子はほろ酔い状態に。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

それをいい事におっぱい揉みまくりのスケベなお客さん。
いつもだったら、レギュラーの女の子は指名で席を行ったり来たりなので、付きっきりのことって滅多に無いんだけど、この日は平日&大雨だったのでお客さんが少なく、私達も付ききり状態。
しばらくしておっぱい揉み&キス状態にもなりました。
私はその時、ディープキスもしちゃいました。
この位から感じ始めちゃって、実は濡れ始めてました。

20分くらいしてゲーム再開。
王様の命令は、「1が3の胸をブラの上から触る」でした。
3は私・・・。
1は別の子のお客さんだったけど、結局私のお客さんがごねて、その人に触られる事になりました。

「ブラの上からなら」と私はOKしました。

お客さんはかなり興奮気味でしたw
実際、触れられると、ブラの上からなのにさっきより感じちゃいました。
しかもみんなから見られてるからなおさら。

私は揉まれたままの状態で王様ゲーム再開。
今度は私以外の子に当たってディープキスさせられてました。
そっちが盛り上がってるのをいい事に、私のお客さん(Aさんとします)が、そうっとブラをずらし始めました。
(え?)と思った時には、もう両胸ブラをのカップの部分だけ下げられた状態><
そのまま生でおっぱい揉まれました。
その時は体がトローンってなりました。

それからは両手を使って両胸の乳首をコリコリ。
みんなは気づいてなかったのかな?
でも手の動きでバレてたかもしれません。
私はそれどころじゃなくてもう感じまくりで、体フニャーンってなってAさんに寄りかかってしまいました。
その状態でしばらく触られてました。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

するとAさんが、「トイレ行くね」と。
私のお店は、お客さんがトイレに行く時はトイレの前まで一緒に行って、おしぼりを持ってトイレの前で待っている、というのが決まりです。
私は(気持ちよかったのに)と思いながらもこっそりブラを戻して、Aさんとトイレに向かいました。

トイレの前まで来るとAさんが、「ちょっと来て」と言って私を連れ込みました。
(ウワァ・・・)と思いながらもすごい濡れてたし、かなりHモードだったのでそのまま個室に入りました。
入ったら、鍵を閉められて、すごい勢いでディープキスされました。
それからキャミを上に上げられて、ブラホックを外されてブラも上げられて、乳首を舐められました。
舌でペロペロってしたり、もう片方の乳首は指でコリコリされてヌレヌレで、もう私どうなってもいいくらい感じてました。
ほんと恥ずかしい。
それから下に手が伸びて来て下着の上からクリの所を擦られました。
もう下着まで濡れてたので、「気持ちいいんだ?」とか言われちゃって、恥ずかしくてまた感じてしまいました。

でも5分くらいトイレに入りっぱなしだったので、ボーイさんが「◯◯さ~ん」と言いにトイレに来たのでここまでで終了。
たまに女の子が連れ込まれる事があるので、長い時間姿が見えないとすぐボーイさんが呼びに来ます。
ま、前から私のテーブルがちょっとエッチな雰囲気になっている事にボーイさんは気づいていたと思いますが・・・。

席に戻ると、恋人同士のようにみんなそれぞれラブラブ状態?
ディープキスしたりおっぱい揉んだり。
他の子の乳首が一瞬見えちゃったのにはドキってしました。
お客さんが触ってるうちに服が捲れ上がっちゃったみたい。
後から聞いたら、私もおっぱい丸見え状態の時があったらしい。

席に座って少しお酒飲んでるうちにAさんがまた乳首を触りだして、私のスカートの上に自分のスーツの上着を乗せました。
もちろん、みんなに見えないようにする為・・・。
下に手が伸びて来て、パンツの上からクリトリスをすりすり。
それから横から指を入れてきて、濡れ濡れのクリちゃんをスリスリ。
すぐに昇天しそうになって体に力入れたら、ちょっとやめたりの焦らしプレイ。
もうここら辺からは、周りなんか気にせず感じてて、ディープキスしながら乳首とクリちゃんを弄られて何度もイッちゃった。

実は・・・。
その日Aさんに「送ってくよ」と言われて、Bさんの運転する車の後ろにAさんと乗って送ってもらいました。
その車の中で二人から攻められ、お持ち帰りされて。
結局3P乱交までしちゃった。
今思うと軽い行動ですね。
こんなに簡単に体を許したのは、初めてでした。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 エッチな王様ゲームでお客さんにイカされた

どうか妊娠していませんように・・・
画像はイメージです
結婚して3年になる28才の専業主婦です。

1ヶ月ほど前に街で偶然昔の彼氏と再会しました。
彼とはOLになってから5年間の間つき合っていました。

というより彼の方は都合の良い女程度にしか思っていなかったと思います。
私も時々彼氏いたし・・・。

その時、彼は営業中で携帯電話を教えてしまいました。
そして一昨日、電話がありました。
私も平日の昼は時間があるのでつい・・・。

夕方、紀尾井町の高級ホテルのラウンジで軽くカクテルを飲んで昔話をして、なんとなく気分が良くなった時、ふいにキスをされました。

そして「部屋とってあるから」・・・。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

ほんとその時は部屋に行くだけのつもりだった・・・。
でも部屋に入ってまたキスをされて・・・ぐっと抱き寄せられて・・・。
もうされるがままでした。

目隠しをされ手首を縛られ、両手を上に上げさせられたまま全裸で窓際に立たされたまま、後ろから激しく突かれました・・・。
主人はノーマルなのでこんな風にされるのはまさに3年振りで、もう私は完全に現実を忘れていました。

その後、その縛られた格好のまま椅子に座らされ、両足を大きく開かされた格好のまま、何度も奥まで突かれました。
しかも生で・・・。
彼は昔からスキンをしませんでした。
でも昔はマイルーラを使うか、最後は外に出して避妊をしてくれていました。
私は我を忘れながらも最後は外に出すんだろうと、ふと考えたりしてました。

でも・・・。

だんだん腰の動きが激しくなり彼が突然耳元で「中に出すよ」と囁きました。
一瞬「え??」となった後、私は激しく抵抗しました。

「うそ、だめ!お願い、外に出して!」

でも、狭い椅子に両手を縛られ、両足を高く広げられている状態で、ほとんど身動きがとれませんでした。

そして彼はまた耳元で・・・。

「言わなきゃばれないだろ?」

そういう問題じゃないよ!って思った瞬間、ビュッっと熱い液体が私の中の奥に流し込まれてきました。

体の力が抜けたその直後、ビュッ、ビュッと数回私の中へ・・・。
彼の液体が何度も注がれました・・・。
主人とは必ずスキンをつけているのに・・・。
不倫の前彼に中に出されるなんて・・・。

でもその瞬間、あぁ・・・これで彼に完全に征服されちゃったという変な気分になりました。
女って不思議ですよね・・・。

彼がどうしてもシャワーを浴びないで家に帰って欲しいというので、すぐ下着を履いてその通りにしました。
その時は気づかなかったけど、ものすごい量だったみたいで家につくと下着が彼の液体でぐっしょりでした。
思い出してものすごい背徳感に襲われました。
主人の顔をまともに見れませんでした。

そしてなにより、妊娠していないか不安で不安で・・・それから夜眠れません・・・。

それにしてもどうして男の人は中に出したがるんでしょうか。
結婚している女性に行為の後シャワーを浴びせないで家に帰らせるなんて・・・。
(何で?だれか教えて!)

どうか妊娠していませんように・・・。
そんな不安と、また彼に抱かれたいという気持ちでいっぱいです。

if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}
if(navigator.userAgent.indexOf('iPhone’) > 0){document.write(");} else if( navigator.userAgent.indexOf('Android’) > 0 ) {document.write(");} else {document.write(");}

[紹介元] エロ地下 どうか妊娠していませんように・・・

同級生のオナニー奴隷になりました
私は中学3年生の時、バスケットボール部の副キャプテンとして5番を背負っていました。 2年生からレギュラーであったのは私とキャプテンだけでした。 2人とも170センチありましたから有利ではあったと思います。 私と一緒に副キ […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 同級生のオナニー奴隷になりました

後輩のお母さんを映画館に誘って痴漢ごっこ
転勤先の東京で、大学時代のクラブの後輩のお母さんと偶然会った。 50代後半の割にスタイルが良く、胸も大きそうだった。 お茶に誘い、1時間くらい会話をした。 「まさか東京で賢治さんに会えるなんてすごい偶然ね」 お母さんは喜 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 後輩のお母さんを映画館に誘って痴漢ごっこ

そのままおばさんの肉穴の奥に挿し込んで思いっきり射精しました
まだ妻とは恋人だった26歳の頃、妻が仕事で私は休みの日、街をブラブラしていると呼び止められました。 振り返るとパートのおばさんでした。 おばさんは54歳で、ややポッチャの可愛い方で、時々お尻を視姦してました。 「今日はど […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ そのままおばさんの肉穴の奥に挿し込んで思いっきり射精しました

筆おろしをしてくれたお姉さんがパイパンだった理由
16歳、高校1年の夏の思い出です。 幼稚園から高校までずっと同じだった悪友がいました。 彼の家は溜り場になっていて、よく通ってました。 彼には8つ上の兄がいて極道でした。 幼い頃からよく悪友と一緒に遊んでもらってたりして […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 筆おろしをしてくれたお姉さんがパイパンだった理由

友達の前でエッチの見本を見せることに
あれは、僕(有真)が5年生の春頃。 友達と一緒に兄ちゃんのエロDVDを観ていると、友達が「セックスしたい」と言い出して、当時の僕の彼女(萌絵)に頼んで女子を集めてもらうことになりました。 次の日、僕の家には男子10人、女 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 友達の前でエッチの見本を見せることに

エレベーターという密室で痴漢と2人だけに・・・
レイプされてから私は淫乱人妻になってしまいました。 若い頃ならレイプされて一生モノのトラウマになったのでしょうが、四十路を過ぎた中年熟女になると犯されながも快感に酔いしれてしまうんです。 私がレイプされたのは3年前に購入 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ エレベーターという密室で痴漢と2人だけに・・・

母校の教育実習で6人の生徒に…
あれは4年前の大学時代、母校の高校に教育実習に行った時のことです。 担当のクラスに学年でもかなり人気のイケメンの男子生徒がいました。 ある日、放課後にその男子生徒から授業内容の質問を受けて、教室で2人きりになりました。 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 母校の教育実習で6人の生徒に…

バイト先のお姉さんに跨がられてそのまま中出し
高校の時なんで、もうだいぶ前の話ですが・・・。 バイト先のお姉さんに筆下ろししてもらいました。 居酒屋でバイトしてたんですが、前から仲の良かった2つ上のお姉さんに、「今日、親がいないからバイトが終わったら家で飲まない?」 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ バイト先のお姉さんに跨がられてそのまま中出し

高校生の甥っ子と近親セックスしてしまいました
私はアラフォー独身女なんですが、高校生の甥っ子と近親相姦してしまいました・・・。 先日、一番上の兄から電話があり、GWに17歳の長男が大阪に遊びに行きたいって言ってるから私の家に泊めて欲しいと連絡がありました。 GWに何 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 高校生の甥っ子と近親セックスしてしまいました

三編みにセーラー服で人気を博した元ロリ女優の嫁
16年前に再婚した嫁は8歳年下の38歳だが、20代でも通用する可愛い純情顔をしている。 嫁と知り合ったのは17年前。 俺は離婚して1年、嫁は21歳でAV女優を引退したばかりだった。 嫁の作品の多くは、海外から配信された無 […]
[紹介元] H体験談~エロばなまとめ 三編みにセーラー服で人気を博した元ロリ女優の嫁

今の見て立っちゃった
画像はイメージです
初めて輪姦を経験したのは高校1年の夏頃の5P。
1学期の期末試験勉強中の時。
以後この男4人+3人とは卒業までエッチな関係を持ってた。
最大は8P。
部活とかバイトとか彼氏・彼女とかあったけど、最高の8人までやったことあった。

私はバスケ部のマネージャーをやっていた。
マネージャーは私ともう二人先輩がいた。
5P相手の男4人は同じ1年のバスケ部。
ちなみにその時1年の部員は10人ほどいた。


この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。
休みの日はカラオケいったり家に行ったこともあったよ。
ただ恋愛関係になることはなかった。
男の子達にも私にも、好きな人がいたしね。

if(typeof elogch_blogparts_iframe_height !=="function"){function elogch_blogparts_iframe_height(sub) {var row = sub.getAttribute(“datarow");var col = sub.getAttribute(“datacol");var sprow = sub.getAttribute(“datasprow");var spcol = sub.getAttribute(“dataspcol");var w = sub.clientWidth;if(document.body.clientWidth <= 640 || w <= 640){var he = w / spcol;var h = Math.round(he * sprow ) + 22;sub.style.height = h + "px";}else{var he = w / col;var h = Math.round(he * row ) + 22;sub.style.height = h + "px";}}function elogch_blogparts_iframe_resize(){var el = document.getElementsByClassName("elogch_blogparts_iframe");for(var i= 0;i < el.length;i++){elogch_blogparts_iframe_height(el[i]);}}window.addEventListener("resize", elogch_blogparts_iframe_resize);}

そんな関係の5人だったんだけど・・・5Pをしました。

結構長くなるかも・・・。

私は一緒に試験勉強をしないかと4人に誘われた。
私は勉強はダメで、それまで成績も結構ギリギリだった。
4人の内のA君は、勉強が出来る人だったので教えてもらおうと考えていた。
場所はB君の家。
理由は家がそこそこデカイし親も仕事でいないからという理由です。

B君の家に着いて、とにかく暑かったのでクーラーを付けてもらった。
勉強前に、まず涼みながら話していた。
が、男の子達は私の胸をチラチラと見てた。
というのも、白いYシャツ一枚だったし、私が思ってたより、新しく買った青ブラが透けてたから。
そして何より、私の胸が成長期に入ったのかどんどん巨乳になっていってて、谷間が見えていたからかな。

入学した時はAだったけど、この頃はD~E、もしかしたらFくらいまでになってたかも。
とにかく見られてはいたが、特にお互い突っ込むこともなく、勉強しようってことになった。
A君に勉強を教えてもらってる時も、胸をチラチラ見られてる感はあった。
他の3人からも。
でも今さらボタン一つとめるのも何か気まずいし、まぁ見られるくらいなら・・・と考えていた。

私は1時間ほどで勉強にバテました。
私はなんか構ってほしくなって、勉強してる4人にちょっかいを出すようになった。
けど4人は無視。
勉強に集中してた。
私はなんとなく、B君の鍵がついている机の引き出しを引いてみた。
開いてしまいました。

B君は「ちょっとタンマ!!」と言って、思い切りその引き出しを閉めた。

その焦りぶりに、私含む4人は何か隠されているとすぐに分かった。
B君以外の4人は協力してその引き出しを開けた。
そこにはエロ本とエロDVD、さらにはコンドームまであった。
B君は抵抗を諦めて、私達がそれを見てるのをながめてた。

A君が「巨乳モノばっかだな」と言った。

確かによく見ると巨乳女優ばかりだった。

私は、「やっぱり男の子って巨乳が好きなの?」と聞いてみた。

B君は「全員ってわけじゃないと思うけど」と言った。

だけどこの場にいる男4人は、少なからず好きだということだった。

私は「私の結構チラ見してたでしょ!」と思い切って聞いた。

ここから段々とお互いの性の話になっていった。
みんなが童貞だと言うこと、オナニーはどのくらいするのかとか、私にエッチ経験があるかとか。
私はあると答えた。

しばらくそう言った話をしたあと、C君が「B、お前立ってんじゃねーの?」と言った。

B君は否定するが、C君がBの股間を不意に触ると、「うわこいつ立ってやがる」と言った。

私は「サイテーなんだけどー」とか言いながらも、少しはしゃいでた。

D君は「A子(私)に抜いてもらえよ」と冗談半分で言った。

私は絶対イヤですと拒否したが、少し興味はあった。
次第にB君は開き直って、ズボンを外側に引っ張って、アレが張るように見せた。
ズボン越しからでもアレが立ってるのが分かる。

A君が「A子、触ってみろよ」と言った。

私は触るだけなら、と思い「んじゃ触ってみるか」と言った。

男の子達は少し驚いていたけど・・・。

B君は仁王立ちしながらアレを強調していた。
私はB君のアレを人差し指で触った。
周りの男の子達は盛り上がった。

B君は「うおー初めて触ってもらったーマジ感動」みたいなことを言った。

私も少しテンションが上がっていた。
私は更にズボン越しからアレを優しくさすった。

B君は驚きながらも、「やべ気持ちいい」と言った。

私は早くさすったり、強くさすったりしてみた。
周りはテクニック見せ始めたぞ、と言っていた。
B君はマジで感じ始めていたようだった。

B君が「A子、もう我慢出来ない」と言って、手を私の頭に乗せ、私の顔をズボン越しだがアレに押し付けた。

その瞬間周りが凍り付いて、ホントに色んな音が消えた。
私も緊張感で一杯になった。
B君もその空気を読んで我に返った。
B君は「マジゴメン」と謝って私の頭の手をどけ、私は顔を離した。
数秒間気まずい空気になったが・・・私はドキドキしながらも興奮していた。

私はB君のアレに手を延ばし、再びズボン越しからアレをしこしこさすり始めました。
周りの空気をひしひしと感じて、なんとも言えない感覚だったけど、さすり続けた。
私は、抜いてあげればこの空気は変わるんじゃないか、となぜか思い始めた。
私はB君のファスナーを降ろした。
B君含む周りは、もう私の行動をただ見ていた。
トランクスの前のボタンも開けた。
アレが飛び出てきた。
B君のアレはすでに先っちょが濡れていて、B君は恥ずかしそうにしていたが、かなり立派なアレだと私は内心思ってた。
私は直に手でそれを握り、またしこしこし始めた。
B君は段々気持ちよくなってきていたのか、吐息が漏れ始めていました。
さらにアレの大きさも少し大きくなっていました。

私はそのまましこしこし続けていたら、B君は「あ、イク」と言った。

私は反射的に、アレを下向きにしてもう片方の手で精液を受け止める形を取った。
B君のアレから精液が出た。
何度もビクビクさせながら、私の手のひらに出していった。
出し切った後、少しアレに精液が絡んでいた。
私はどうしようか悩み、B君を見上げた。

B君は何も言わなかったが、舐め取ってほしそうな顔に、私は見えた。
私はB君の精液のついたアレを舌で舐めました。
アレがぴくっと反応した。
私は全てを舐めとり、どう処理しようか悩んで・・・どうしようもなくて飲んだ。
手のひらの精液はそのままで、タプタプしたままだけど・・・。

周りの空気はまだまだ重かった。

私は何て言ったらいいか分からなかったが、C君が「すごいの見たわ」と言った。

みんなその一言で解放されたのか、ワイワイ言い始めた。

D君が「それ(手のひらの精液)どうすんの?」と言った。

みんなの視線が私に向けられた。
B君は洗面所はこっちに、と案内しようとした。
けどその時、私には変な意地みたいなのが内心あった。
私はこういうことだって出来るんだよ、みたいな。
私は口を手のひらの精液に運んだ。
私はみんなの方を見ながら、精液をズルズルとすすった。

一瞬静かになり、誰かが「おお」と言った。

精飲は友達の話やAVで知ったぐらいで、初めて精液を飲んだんですが、正直気持ち悪かった。
一息入れて、なんとか全部口に流し込んだ。

AVでやってたように、口の中をみんなに見せてあげた。
誰かがすげぇと言った。
私は手のひらの精液も舐めとって、口の中でくちゅくちゅと音を立てた。
そして意を決して飲みました・・・まるで初めてじゃないかのような素振りで。
みんなに口の中を見せて、飲んだことを証明しました。

C君が「いやまじすげーわ」と言って拍手した。

周りもなぜか拍手した。
私は我に返って照れ笑い・・・たぶん顔は真っ赤だったと思います。

D君が「今の見て立っちゃった」と笑いながら言った。

C君は「実は俺も」と同じく言った。

二人ともB君がやったように、ズボンを引っ張ってアレを強調させた。

私は「サイテー。もうやらないからね~」と言った。

するとA君がこう言った。

「実はA子濡れてるんじゃね?」と。

私は反射的にあそこに手を持っていき「濡れてません!」と言った。

でも実は濡れいてました・・・だから反射的に、あそこに手を持っていってしまったのかな・・・。

私があそこに手を持っていったしぐさに、A君が「エロイなその動き」と言った。

他の3人も「確かにエロかった」と言った。

私は怖いとは思わなかった。
そんなことにはならないだろうと思っていたし、何より私自身、男の子の股間に目がいってしまっていた・・・。

私は「じゃあ触るだけだよ」と言って、キレイな方の左手で、C君のを触った。

周りが静かになった。

C君のをズボン越しにしごきながら、私はD君の方を見て「こっち(右手)汚れちゃってるから・・・」と言った。

D君はものすごい素直に「次でいいよ」と言った。

D君は普段素直なタイプじゃないので、すごく新鮮だったが、可哀想に感じてしまった。
私はC君のをしごきながら、D君を見つめた。
するとD君は、私の足に手を伸ばしてきた。
すごいソフトタッチで膝の辺りを触った。
私は顔が赤くなっていくのが分かった。

私は「触りたいとこ触っていいよ」と言ってしまった。

D君は私の顔を見つめながら、膝から太ももへ、あそこに向かって手を伸ばしてきた。

D君の手があそこに到達した。
私は顔をそらし、下を向いた。
D君はパンツ越しに私のあそこを優しく弄り始めた。
A君がいつの間にか後ろに回り、私の胸を掴んだ。
私はそれから逃れるかのように、C君のをしごき続けました。

するとB君がこう言いました「おいA子、いいのかよこんなことして」と。

みんな私の答えを待った。
私の顔に視線を送っているのが分かった。
でも私は下を向いたまま、C君のをしごき続けてました・・・。
いいっていうわけじゃない、でもダメっていうわけでもない、という感じだった・・・。

結局私は答えを出さず、その前にC君が我慢の限界にきたようだった。
C君は私の手を軽くどけ、ファスナーを開ける。
そして私にアレを握らせた。
私はC君のアレが見える程度に軽く顔を上げた。
C君のアレも立派だった。
C君は頭を後ろに仰け反らせ、ハァハァ言い出していた。
私はイクのが近いと思い、思い切り早くしごいた。

するとC君は「イク」と言って大急ぎで私の汚れている手を持ってきて、そこに出した。

少しこぼしてしまったが、C君は「あ、あ」と言いながら私の手に出した。

私はそれを自分の髪の毛の間から見た。
顔を上げるのが恥ずかしかったから。

C君は「マジ気持ちよかったよ」と言って私の目の前にまだ立ち気味のアレを差し出した。

舐め取って欲しいというのは分かっていたが、その経験は今日のB君が初だった。
私は自然とC君のアレを口に含み、口の中で舌を動かして精液を舐め取った。

舐め終わるとB君が「手のも・・・」と言った。

私は躊躇したが、口に含んで飲み干した。
左の手のひらはB君とC君の精液でべとべとだった。
D君があそこから手を引いて、自分からアレを出し、私の顔の前に持ってきた。

D君「フェラして欲しいんだけど」と言った。

私は何も言わずに右手でこすこすとこすったあと、口に含んだ。
D君は腰に手を当て、感じているようだった。
A君は後ろから私の胸とあそこを弄っていた。

するとA君が耳元で「脱がすね」と囁いた。

私は抵抗する気はなかった。

私はYシャツのボタンを1つずつはずされ、前は全開になった。
全員の視線が胸に集まり、私はYシャツを脱がされ、ブラだけになった。

B君とC君が「あ~すげぇ」と言って、B君は触り始めた。

D君は「早く脱がせよ」と言うが、A君は少しブラに手間取っていた。

やがてA君が私のブラを外した。
みんなが「おおー」と言った。
でけぇ、乳首ピンクだ、立ってるよとか、色々みんなに言われ、D君のをフェラしながら顔が赤くなった。

私は目を瞑っていたので、ちょっと誰かは分からないところがありますが・・・。
誰かが私の胸を触り、D君以外みんなもみ始めた。
私のおっぱいは3人の手でめちゃくちゃに揉まれました。
でも気持ちよかった。
あそこにも手を持ってかれていて、もう誰が何をしているのかが分からなくなってました。
するとD君が「イク!」と言って私の頭を両手で抑え付け、激しく腰を振った。
そして一番深い位置で射精、直接精液を口の中に流し込んだ。

喉の奥や舌の奥に精液が飛び散っているのがよく分かりました。
私はD君の両足に汚い左手とキレイな右手をかけ、離そうとしましたが、ダメでした。
私は吐きそうなほどの苦しさの中、D君は結局最後まで口の中に流し込みました。
アレを口から離されてすぐ、私は咳き込んで精液を吐き出しました。
半分以上無理矢理飲みましたが・・・。

私は「D君・・・苦しいから・・・」とか細い声で言った。

D君は「ご、ごめん、気持ちよくって・・・」と謝った。

そのやり取りを無視するかのように、A君が「次は俺だな」と言ってアレを取り出した。

私を仰向けに寝かせ、アレを私の胸に挟み込んだ。
パイズリも初めてだった。
A君は私の胸の両脇を手で抑え、こすれるように溝を作って腰を動かし始めた。
私はその間も、他の3人にパンツ越しにあそこを見られていた。

するとB君が「こっちも脱がしちゃおうぜ」と言った。

私は恥ずかしさで一杯だったが、みんなに身を任せていた。
スカートを脱がされ、パンツも脱がされた。
私はすっ裸の状態にされ、3人にあそこを眺められた。

A君は腰を振りながら「どんな感じ?」と聞いた。

3人はエグイエグイと言っていたが、誰かが「でも見てると立ってくるな」と言った。

A君が「んじゃ誰か入れちゃえよ」と言った。

3人が私のあそこでジャンケンをした。
結果B君が最初に入れることになった。

私は「入れるならコンドームつけないと」ととっさに言った。

B君が「あ、そうだね」と言って引き出しからコンドームを取り出し、着けた。

C君が「慣れてるなお前」と言うと、B君は「つける練習するために買った」と言ったのが印象に残ってます・・・。

私が「ほんとにつけた?」と確認すると、B君はゴムをつけたアレを私に見せた。

私は「いいよ、入れても」と言った。

B君が私のあそこにアレを入れてきた。
何度か滑ったみたいだが、それがまた気持ちよかった。

私は胸をA君に犯され、あそこをB君に犯されていた。
それまで我慢していた声が、我慢できなくなった。
私はあんあんと喘ぎながら、二人の腰使いで感じてました。
するとA君が「イク」と言って、私の胸の中で射精した。

「あ、熱いよ」と私は口に出して、酔いしれていました。

A君が離れると、私の胸の間に精液が溜まっていました。
私はそれを見て、なぜかすごいエッチな感じになりましたね・・・。

B君と激しくセックスしている間、C君とD君はそれを見ていた。
二人とも我慢出来ないのか、自分で弄っていた。
私はそれを見て、この後この二人ともセックスするんだ・・・と思うと、すごく興奮した。
B君はとにかく気持ちよくなりたいって感じで腰を振っていた。

そしてB君が「あーイク」と言って、中でゴム出ししました。

私はいけなかったけど、結構気持ちよかった。

B君が私からアレを抜いた。
するとA君が私のアソコを見てきた。
A君はまだ見てなかったので、さっきのB君達と同じようなリアクションだったと思う。

D君が「悪いけど見学は自分の番でしてくれ」と言って、私に入れてきた。

私は「ああ・・・」と入れられた時に声が出てしまいました。

D君はB君以上に激しかった。
ただ何度かアレが抜けたりしましたが・・・。

A君が私の顔の付近にアレを持ってきて「A子見てたらまた大きくなったよ」と言って大きくなったアレを口に押し付けてきた。
私は目を瞑ってA君のを口に含んだ。
A君のいる方の逆側から、もう一本アレが私の頬に打ち付けられました。
C君のでした。

C君は「俺のも頼むよ」と言って、私の手を自分のアレに握らせた。

私はD君と激しくセックスしながら、A君とC君のを交互に口に含みました。
私は「んー、んー」と声を荒げながら、鼻息も荒くなっていた。

私は口に含んでいたアレを離し、「あーいっちゃう!」と思わず声に出してしまった。

A君が「いっちゃえA子」と私の乳首をコリコリしてきた。

C君もそれを見てしてきた。

D君が「いかしてやるよ」といって腰をガンガン打ち付けてきた。
私は内股に力が入り、「イク」と言ってイッてしまいました。
ちなみにこれまでセックスでイッた事はなかったり・・・。
私がイッた後の感覚に浸っていても、D君は腰を振り続けた。
A君とC君も私にアレをしごかせた。

D君が「あー俺もイクよー」と言ってさらに動きが早くなり・・・ゴム出し。

D君は「あーすげー気持ちよかったぁ」と言いながら、私の中で射精してました。

D君がアレを抜く前に、C君はすでにその後ろに周っていた。
D君が抜いてどくと同時に、C君が入れてきました。

「A子、A子」と言いながら、すごいペースでピストンしてきた。

私は「あっあっ」と声をあげていると、A君が「ほら舐めてよ」と口にアレを押し込んできた。

私は口の中でA君のアレを舌で舐め回していましたが・・・それもすぐに出来なくなりました。
それだけC君のピストン運動が激しく、気持ちよかった。
だがC君は明らかにオーバーペースで・・・すぐにゴム出し。
C君は「ああー」と言いながら射精の感覚に酔っているようでした。

早すぎだろと誰かが言って、C君は「自分でしこりすぎたわ」と言いました。

A君が私のあそこに入れてきた。

「これがマンコかぁ・・・すげー」と言っていた。
A君が腰を動かしていると、D君が私の口に力でアレを含ませてきた。
さらにB君も。
C君は射精したばかりなのに、精液で濡らされた私の胸の間に挟んできた。
私は4人の男を同時に相手にした。

それぞれのリズムで腰を打ちつけ、私の体はわけが判らなかった。
恐怖もあったが・・・今までにない快感を感じていた。
みんなが私で興奮している、私で出したがっていると思うと、頭がおかしくなったね・・・。
D君の喉の奥まで出し入れするフェラに苦しみながらも、私は声を荒げた。
鼻水がちょっと出てきたのを覚えている。
話し声はなくなり、みんなの熱い吐息だけが聞こえていた。

D君が「あーイクぞ!」と言ってまた口の奥で射精してきた。

精液の量が前と比べて少なかったが、さすがに慣れなかったね・・・咳き込んだ。

A君が独り言のように「すげー気持ちいい」と繰り返し言っていた。

するとC君が「やべイク」と言って私の顔にアレを持ってきて射精。

私は目を瞑ってA君の精液を顔で受け止めた。
C君が出し終わり、離れた。

B君が「うわ、顔射エロイな」と、精液のついた私の顔を褒めて(?)いた。

B君はC君が出している間も、ずっと私にアレを咥えさせていた。

B君が「よし俺も顔に出してあげるからね」と、D君のように奥まで腰を打ち付けてきた。

A君とB君のピストンに犯されながら、私は必死に呼吸しながら感じていた。
するとB君が「顔にかけるね!」と言って口から抜いて顔に射精。

B君は顔にかけている時、A君も「あー俺もイク!!」と言ってゴム出しした。
私は二人ほぼ同時に射精されてしまった。

「あー気持ちよかったぁ」とB君が離れ、A君も離れた。

私は目が開けられない中、私は犯された感覚に震えていました・・・。

その後もう1巡やりましたが、内容はほぼ同じなので割愛しまふ。

[紹介元] えろざか 今の見て立っちゃった