自分に合った治療方法を見つけよう|目の下のたるみを解消

見た目年齢と実年齢

女性

美容外科では若返りの施術もありますので、老化現象として悩まされるしわやシミなどのケアも行えます。短時間で行える施術が多いので気軽に受けることができますし、身体に対してのリスクも最小限に抑えながら行えます。

アンチエイジングに最適

ナース

グロスファクターメソスキン法は、針が付いているローラーで皮膚に穴を開けて、、美容成分を浸透させる治療です。肌の代謝を上がる事で、一気に若返りを図ることができます。効果が高いので、神戸の美容皮膚科で人気の治療です。

老けて見える大きな原因

鏡を見る婦人

顔のたるみとは皮膚が垂れ下がってくる現象で、顔が老けて見える大きな原因となります。紫外線対策や顔のエクササイズ、正しい姿勢を保持するなどが予防法です。たるみがひどい場合には美容整形を利用することもできます。本格的に改善するならリフトアップ、試してみたい程度ならレーザーや注入治療がおすすめです。

疲れた表情を一遍させる

顔を触る人

目の下にたるみがみられはじめ、悩んでいる方も多いと思われます。こういった状況を改善する治療は、美容外科の最も主要なメニューのひとつになっているので、気軽に相談してみるのもオススメです。目の下のたるみを解消する手法はさまざまで、ヒアルロン酸注入やウルセラ、サーマクールといった医療機器を用いる手軽なものも提案されています。特にヒアルロン酸注入はとても安全で施術時間も5分程度なので、仕事帰りなどでも十分受けることができるのです。クリニックによって、効率的な注入と痛みへ軽減への意識がなされ、痛みを感じにくい極細針や注入口の大きな針を使用していたりします。また注入する箇所により針の種類を変えながらといったこだわりもあります。

目の下のたるみは涙袋が垂れ下がってしまっている状態、もともと皮膚の薄い箇所ともあってか症状が出やすいとされています。また筋肉低下なども手伝い、眼球が下がり脂肪を押し出しているとも言われているようです。最もポピュラーな方法が目の下を切開し余分な脂肪や皮膚を取り除くもの、その後はたるみの出ないよう縫合していきます。目元周辺のキズの治りは早く、切開しても1週間程度で腫れや痛みは落ち着てキズ跡も目立ちません。両目とも施術を受ける場合には、片方が落ち着いてからと言うのが基本となっています。またフェイスリフトと言ってたるみ部分の皮膚の下へ糸を埋め込み引き上げるものもあり、金の糸などを用いれば細胞活性により永久的な効果が得られるのです。