【体験談・小説】SM調教で僕の下へ落ちていく人妻
俺は、とある建設会社の会社員。名は「隆幸」45才独身。結婚はしてみたが、夜の相性がよくなくて、3年で別れてしまった。幼少の頃、毎日通った銭湯でアサヒグラフの中の写真を見て衝撃を覚え、自分の性癖となっていった。その写真とは、日本髪を結った女性の緊縛写真であった。その女性は、苦しそう見えながらも、何所となく色気を感じ股間を膨らました記憶が残っている。その印象は、綺麗だ!の一言であった。小学生でありながら、この感情をもったのは、既に何所かしら
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】SM調教で僕の下へ落ちていく人妻

俺中1、姉貴と一緒にお風呂
<p>俺中1、上の姉貴は高3で、下の姉貴は中3.<br />上の姉貴は俺と一緒に風呂入ろうって誘ってくるけど、下の姉貴は絶対一緒に入りたがらない。<br />でも下の姉貴は俺が風呂上りにフルチンでいるとじっとチンポを見てたりする。<br />たぶんチンポに興味がありすぎて変に意識してるんだろうな。<br />     <br />俺中1、上の姉貴は高3で、下の姉貴は中3.<br />上の姉貴は俺と一緒に風呂入ろうって誘ってくるけど、下の姉貴は絶対一緒に入りたがらない。<br />でも下の姉貴は俺が風呂上りにフルチンでいるとじっとチンポを見てたりする。<br />たぶんチンポに興味がありすぎて変に意識してるんだろうな。</p>
[紹介元] エロ体験談 俺中1、姉貴と一緒にお風呂

【体験談・小説】AngelChildren㉑〜あの公園で再び…〜
過去に投稿したあの話。宮城県のみちのく杜の湖畔公園。あの大胆な行動以外にもまだあったようだ…。(´・ω・`)〜本編〜みちのく杜の湖畔公園で、ある女子小学生5人が来た。女子は、湖畔公園に来て、あるゲームをした。“鬼ごっこ”である。だが、ただの鬼ごっこではない。ルールは、
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】AngelChildren㉑〜あの公園で再び…〜

母さんの膝枕が好き
<p>耳掃除してもらうのも、暇な時も母さんの膝枕。<br />母さんの匂いと温もり、太ももの感触で凄く安心する。<br />反対向きで母さんのお腹の方に顔を向ける場合もある。<br />父さんや姉さんには『いつまで経っても母親離れ出来ない甘えん坊』と揶揄われるけど、大好きなんだからしょうがない。<br />「息子がこんなに甘えてくれるのは嬉しい」と母さんは二人を嗜めてくれる。<br />理由はそれだけじゃないんだけどね。<br />膝枕してもらいながら太もも撫でたりお尻触ったりして、父さんと姉さんが見てない時は脚の間に手を滑り込ませてマンコも触る。<br />そう、僕と母さんは普通にSEXする関係なんだ。<br />中出しは許可してくれないけど生で挿れさせてくれるくらい愛し合ってる。<br />母さんのアナルバージンも貰ったのは僕。<br />母さんの身体で触ったり舐めたりしてない部分は無い。<br />父さんと姉さんはこの事実を知らないけどね。<br />母さんは膝枕しながら手コキするのが好きで、それで精通してから僕と母さんの関係が始まった。<br />もう10年以上SEXしてるけど全然飽きないし、するたびに母さんな事が大好きになっていってる。<br />中出しさえさせてくれるなら母さんと子供作りたいくらいだ。<br />マンコに中出しさせてもらえない分、アナルには中出しさせてもらってるけどね。<br />あとは口にも出させてくれる。<br />父さんには一度もやらせたことがないって言う顔射も僕にはやらせてくれる。<br />「私の大事な息子だもの」<br />とは母さんの弁。<br />それなら子供作りたいから中出ししたいのに、それだけは絶対に許可してくれない。<br />「許される事と許されない事があるのよ」<br />そう言われたら無理は言えない。<br />SEXさせて貰えるだけありがたいし、それだけ愛されてるんだから幸せだと思わないとね。</p>
[紹介元] エロ体験談 母さんの膝枕が好き

【体験談・小説】押しに弱い後輩の秘密を知ってしまって関係が変わっていった
カスミと付き合い出して一週間。諸々仕事が増えてしまい、残業で会議室、応接室、給湯室等の点検と清掃を行う様になった。点検中にうっかりカスミのストッキングを使えなくしてしまうので補充が大変だ。退社後も、なんだかんだでカスミの家に寄って反省会を行っている。中々に忙しい日々なのだが、あと数日出社すれば有給消化で最終日の出勤を残すのみとなる。今となっては名残惜しい。有給消化中は久しぶりに実家へ行き、最近調子が悪いと聞いた父の様子を見ることにしていた。「と…言うことで、明日から行ってくるね?」「はい…お父さん…心配ですね。」「そうは言っても、まだ現役だから大したことないよ。土曜日には会えるから。」「はい…気をつけて…。」
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】押しに弱い後輩の秘密を知ってしまって関係が変わっていった

お店で働いてる人妻と
<p>俺には妻と10歳と5歳と2歳の娘がいるが嫁とは2年以上ラブラブがない<br />俺はある大型スーパーの店長をやってる、そこに36歳の人妻と関係を持った<br />始まりはある年の年度末決算で手伝ってもらってた、人妻の名前は高橋心<br />俺 高橋さん今日も遅くまでごめんね<br />高橋 いいですよ、今日も旦那出張でいないから<br />俺 子供達可愛そうでしょう<br />高橋 子供達じいしっこなんで<br />俺 そうなんだ、家まで送るから<br />高橋 ありがとうございます<br />車で送って行くと<br />高橋 店長お腹空きません、この近くに美味しいラーメン屋あるですよ<br />俺 そう言えば昼食べてから何も食べてないなあ<br />高橋 じゃあお礼にご馳走します<br />彼女の案内で向かった<br />高橋 あれ道間違えたかな<br />俺 戻ってみるか<br />高橋 うん<br />戻ってやっと見つけたら閉店してた<br />高橋 すみません<br />俺 あーいいよまた今度ね<br />彼女の家に向かった<br />高橋 お詫びにコーヒーでも<br />俺 いいよ<br />高橋 いいから<br />マンションの来客用スペースに車止めて彼女の家に入った<br />俺 子供達は実家<br />高橋 うん<br />コーヒーでしてくれた<br />高橋 店長の奥さんいい人ですよね<br />俺 そうか<br />高橋 私より美人だし<br />俺 そうかな<br />高橋 幸せそうだし<br />俺 何処が全然<br />高橋 うたなんて出張多いしかまってくれないし<br />俺 うちもそうだよ、ここ何年もないし<br />高橋 店長好きなんです<br />と抱きついてきた<br />俺 高橋くん俺も君のことが好きだったよ<br />高橋 抱いて<br />そのまま腕引っ張られて寝室へキスしながら裸になると高橋からしゃぶってきた<br />俺 高橋くん気持ちいいよ<br />高橋 名前で呼んで<br />俺 心気持ちいいぞ<br />心 店長の名前ゆうたでしたよね<br />俺 そうだよ<br />心 ゆうたの大きくて美味しい<br />俺 心のまんこ舐めたい<br />心 舐めていっぱい舐めて<br />ベットに心を寝かして俺はすぐにまんこにしゃぶりついた<br />心 あーあーあーあー凄いゆうき気持ちいいよ~<br />俺は手マンしながらくりちゃんも舐める<br />心 アーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーアーあーダメダメーいっちうよ<br />いくいくいくいくいくいく<br />いってしまった<br />でも続ける<br />心 ああーあーあーあーあーあーあーあーーあーあーあーあーあーあーーーーーーーーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあもっともっとかき混ぜて<br />俺はもう我慢出来なくてチンポ突っ込んだ<br />心 あーあーあーあーゆうたの入ってきた気持ちいいわーゆうたのチンポ見える見える<br />俺 心のまんこもうヤラシクなってるぞ<br />心 気持ちいいもっともっと<br />バックで尻叩きながら突きまくり、心は何度もいった<br />正常位に戻り<br />俺 もうデルデル<br />心 今日はダメな日なの<br />俺はチンポ抜き腹の上に出した<br />心は掃除フェラしてくれた<br />心 ゆうた気持ちよかった<br />俺 そろそろ帰らないと<br />心 帰っちゃうの<br />俺 うん明日もあるし<br />心 そうだよね<br />少しだけキスして俺は帰宅した<br />妻 お帰り遅かったのね<br />俺 あー決算時期だから大変よ<br />妻 ご飯は<br />俺 買って食べた<br />妻 じゃあ先に休むね<br />俺 あーおやすみ<br />妻 おやすみ<br />俺もシャワーだけ浴びて子供達の様子見て休んだ、1時過ぎてた<br />次の朝<br />俺 これから決算終わるまで遅くなると思うから先に休んでていいからね<br />妻 わかった、あまり無理しないでよ<br />俺 おー<br />子 パパおはよう<br />俺 おーおはよう<br />朝飯食べて、俺は出勤した<br />店に行くと早出の社員達が開店準備してた<br />俺 おはよう<br />社員 おはようございます<br />そのうち心も出勤してきた、心は事務員<br />心 おはようございます<br />俺 おはよう<br />心 これお弁当<br />俺 おーありがとう<br />朝礼から始まり開店した、俺は決算しながら店内の巡回、人手足りないところの手伝いなどまぁ忙しい毎日<br />13時過ぎにようやく休憩<br />心が作ってくれた弁当食べた<br />社員 あー店長愛妻弁当ですか<br />俺 あー妻が作ってくれてなぁ<br />社員 いいな、俺なんて作ってくれないすよ<br />結構上手かった<br />心は17時にはその日は帰った<br />店も閉店し俺は一人で決算してた<br />心 ゆうた<br />俺 どうしたの<br />心 うーん寂しくなって<br />俺 へぇー何処が寂しいのかな<br />心 分かるくせに<br />事務所で一発ね車の中で一発心の家の中で一発出した<br />次の日本社から出張の命令が出た、地方のスーパーがリニューアルオープンの為応援で3日間いくことになった<br />ちょうど心が連休取ってた<br />心 着いていっていいよね<br />俺 子供どうするの<br />心 実家に預けていく、友達と出掛けるとか言って<br />俺 おいおい<br />心 だってゆうたのお泊りしたいし<br />俺 わかったよ<br />出張当日は開店前日でバタバタ状態だった、21時過ぎにようやくホテルに戻りチェックインして部屋に入ってすぐに心に電話した<br />心はすぐに飛んできた<br />俺 何階の部屋 <br />心 二つ隣<br />俺 へぇー<br />風呂にお湯入れて一緒に入った<br />心 やっとお泊り出来る、明日は何時<br />俺 8時までに店に行けばいい<br />心 じゃあたくさん出来るね<br />あらいっこして裸のままベットへ<br />心 今日はねゴム持ってきた、生理近いからヤバイから<br />俺 OK<br />舐めずにゴムつけてバックでいきなしいれた<br />心 あーあー舐めいてないのにすごく感じる<br />俺 どうだいいたろう<br />心 気持ちいいでも生がやっぱりいいなぁ<br />俺はゴムとってしまった<br />心 あーあーあこれがいいのこれがいいの<br />俺 心にはゴムはあわないだよ<br />心 うん生一番なの<br />俺 今日もたくさんいけよ<br />心 もういっちやうよ<br />俺 ほらいけいけい<br />5分もしないでいってしまった<br />その晩は中だしだけは避けて3時ころまでエッチしまくった、寝るときは心の部屋で寝た<br />寝ないと変に思われるかもしれないから<br />次の日はすごいお客さんでごった返しだった、心も買い物に来てた<br />心 すごいお客さんだね<br />俺 この辺では一番大きいスーパーだからね<br />心 今日帰るから<br />俺 おー気をつけてなぁ<br />心 うん<br />そう言って心は帰っていった、閉店時間になり後片付けしてホテルに戻った<br />ベットに倒れ込むと部屋のドアを叩かれた<br />出たら心だった<br />俺 帰ったじゃなかったの<br />心 さびしくてまた来ちゃった<br />俺 おいおい<br />その晩も愛し合った、夫婦のように何度も心も何度もいきまくった<br />地元に戻っても、愛し合った、そして心は妊娠した俺の子供を<br />でも心は旦那の子供として産んだそれも二人も、俺は実績をあげ今は本社の販売本部長になった単身赴任だぁ<br />心はと言うと俺と同じマンションに住んでる、そう旦那と離婚したのだ<br />俺は妻とは離婚は出来ない、心とのことがバレたら立場がヤバクなるからだぁ<br />せっかくここまで上ってきたのに、でも心とは今も毎晩愛し合ってる<br />心の家で俺の部屋には一切心をいれない、いつ妻がくるか分からないから<br />いつかは妻と離婚して心と結婚したいと思ってるがいつになることやら</p>
[紹介元] エロ体験談 お店で働いてる人妻と

【体験談・小説】エッチなおじさん達の性奴隷事務員①
私は田舎の小さな会社の事務員です。20代は私だけで、後はみんな60オーバーの職場。お世辞にも小綺麗とは言えない歯の黄色い加齢臭のむんむんとする小太りで髪の薄いおじ様たちに囲まれ仕事をしています。私はスレンダーとは言えないむちむちとした体型ですが胸はEカップあるのと、職場に女性が私1人なので可愛い可愛いと甘やかして頂いています笑。また、私の会社のおじ様たちはエッチな方が多いのでセクハラも毎日欠かさず受けています。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】エッチなおじさん達の性奴隷事務員①

女装が趣味なだけの他は至ってノーマルな友達を犯してみた
<p>「どんな服持ってんのか見たいから俺の前で女装して見せてくれよ」<br />人に見せるのは初めてだと言う友達に頼みこんで家に行き、女装した姿を見せてもらったらめちゃくちゃ可愛くてビックリ!<br />「やばい…めちゃくちゃタイプなんだけど」<br />「おい…そんな目で見るなよ」<br />「ちょっとだけ!ちょっとだけ抱きしめさせてくれ!」<br />「俺にそっちの趣味はねーよ!」<br />「俺だってそっちの趣味はねーよ!ただ今のお前がめちゃくちゃ可愛いから抱きしめてみたいだけだよ!」<br />ドン引きする友達を強引に抱きしめた。<br />「こんな子を彼女に出来たら最高なんだけどなー、現実には居ないからお前抱きしめて我慢するわ」<br />「もう良いだろ?離してくれよ」<br />「ありがとな、これはお礼だよ」<br />離すと思わせてキスをして舌を入れた。<br />そしてそのまま押し倒して手コキをしてイかせる。<br />「よせ!やめろ!あっ!出る!」<br />出したザーメンをチンポに塗り付けて更に手コキ。<br />3回出させて4回目には潮吹きしてた。<br />「も、もう出ない…無理だから…勘弁してくれ」<br />「足腰立たなくなっただろ?今もっと気持ち良くしてやるからな」<br />グッタリした友達をうつ伏せにさせて肛門を舐める。<br />「やめろぉ!そんな所舐めるなー!」<br />「お前の初めて貰ってやるから大人しくしとけ」<br />唾液でベチョベチョにした肛門にギンギンに硬くなった俺のチンポを押し込む。<br />「痛い痛い!無理だよ!入らないって!」<br />「力むから痛いんだよ、力抜いて受け入れろ」<br />痛がる友達を押さえつけて無理矢理全部挿れた。<br />「ほら入っただろ?お前の処女貰ったぞ」<br />「馬鹿野郎…男同士で何してんだよ…」<br />「今のお前は完全に女にしか見えないんだよ、大きめのクリトリスが付いた女だ」<br />「動くなー!やめてくれー!」<br />「お前のケツ気持ち良いぞ、腰が止まんねーよ」<br />「やめろぉ!変になる!頭おかしくなりそうだ!」<br />「おかしくなっちまえよ、ほらケツ上げろ」<br />腰を持ってケツを上げさせて更に激しく犯す。<br />「クリトリスも弄って欲しいだろ?一緒にイこうぜ」<br />犯しながら手コキもしてまた潮吹きさせた。<br />「おっふ!も、もうやめてくれぇ!これ以上イかせないでくれぇ!」<br />「泣き顔も可愛いな、このまま中に出してやるから女になっちまえ」<br />泣いて嫌がる友達に中出しをした。<br />イキすぎて変になってる友達は中出し受けて腰を震わせる。<br />「最高だ…理想の女とSEX出来て最高だったよ」<br />「うう…俺はこんな目に遭って最悪だよ…掘られた挙句に中に出されて…」<br />「これだけイキまくって最悪って事は無いだろ?」<br />チンポを抜いて友達を仰向けにさせて抱きしめる。<br />「痛くしてごめんな?これで許してくれよ」<br />優しくキスして舌を絡ませた。<br />もう諦めたのか友達も素直に舌を受け入れて絡ませてくる。<br />「お前のせいでそっちの趣味に目覚めそうだよ…」<br />「それなら俺と付き合ってくれよ、デートの時は女装で頼む」<br />「馬鹿野郎…」</p>
[紹介元] エロ体験談 女装が趣味なだけの他は至ってノーマルな友達を犯してみた

【体験談・小説】私はこれからどうなるのかな。
ダーク系のお話です。ご注意下さい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜私の家族は狂っています。家族と言っても本当の家族ではありません。本当の父と母は、私が小学5年生の時に交通事故で・・・。私は親族で1番裕福な父の兄の家に行くことになりました。父は生前、この叔父をよく思っていなくて、交流はほとんどありませんでしたから、ほぼ知らない家に引き取られる感じでしたが、私に選択肢はありませんでした。優しそうな叔父さん、気の弱そうで美人の叔母さん、意地悪そうな従兄の3人と暮らし始めました。この最初の印象はある意味当たっていましたが、本質的には大きく外れていたことが後から嫌と言う程理解させられることになります。叔父さんの家に引き取らて、半年、やっと生活に慣れ始めた頃…叔父さんから一緒にお風呂に入るように言われました。
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】私はこれからどうなるのかな。

親が塾講師だから厳しいけど頑張れる
<p>タイトルにも書いたけど親が塾講師をしてるから成績にはうるさくて厳しい。<br />毎日ではないけど二、三日に一度勉強の様子を見られる。<br />何故か仕事と同じスーツを着て。<br />開襟シャツだから胸元がチラチラ見えて集中出来ないけど、集中しないと頭を叩かれる。<br />「どこ見てんの!ちゃんと勉強しなさい!」<br />「母さんが胸を見せてるから集中出来ないんだよ!」<br />「この程度で雑念持つなんてだらしないわよ!もしかして溜まってるんじゃないの?」<br />「勉強勉強ばかりでオナニーすら出来ないんだから溜まるに決まってるだろ!」<br />「全く仕方ないわね…母さんが抜いてあげるからあなたは勉強に集中しなさい」<br />とまあ…毎回こんな感じで手コキやフェラで抜いてくれる。<br />俺を発情させる為にこんな格好してるんじゃないかと思ってしまうよ。<br />「こんなに硬くして…中に溜まった物全部出してスッキリすれば勉強に身が入るでしょう?母さんに全部出しなさい」<br />手コキで抜かれた後、まだ硬いままのチンポをフェラされる。<br />「もうフェラだけじゃなかなか出なくなったわね…仕方ないから胸も使ってあげるわ」<br />シャツの前をはだけてパイズリフェラに変更された。<br />パイズリは今回初めてで、その柔らかさと弾力で集中が乱れる。<br />唾を垂らして滑りを良くするのはわかるけど、ニチャニチャと音がするからますます興奮してパイズリにばかり集中しちゃう。<br />「うう…出る!」<br />「きゃっ!ちょっとぉ!母さんの顔にかかったでしょ!ドロドロになったゃったじゃないの!いつも言ってるでしょう!出す時は口に出しなさいって!」<br />「今のはしょうがないだろ…パイズリで出る瞬間に母さんが口を離したんだから…」<br />「だったらもっと前に出る事を言いなさいよ!ああんもう!顔中精子まみれよ!母さんの顔をこんなにして悪いと思わないの!?」<br />「エロいとは思うけど…」<br />「エロ…あんた母親をそんな目で見てるの!?」<br />「息子にフェラとかパイズリする母親だよ?エロい目で見るに決まってるよ」<br />「って事は何?もしかして母さんとSEXしたいとか思っちゃってんの?」<br />「そうだよ、いつも母さんのマンコに挿れて中に出したいと思ってるよ!」<br />「そんな事ばかり考えてるから成績が上がらないのよ!」<br />「だったらSEXさせてよ!中に出させてよ!そうすれば勉強に集中できるからさ!」<br />「本当でしょうね?それで成績が上がらなかったら勉強時間2倍にするわよ?」<br />「やらせてくれたら必ず次のテストで一番取るよ!」<br />「そう…そこまで言うなら母さんとSEXさせてあげる…思う存分中に出せば良いわ」<br />「待って!服は着たままでお願い!塾の先生がスーツ姿で生徒とSEXするみたいでエロいから!」<br />「なんてマニアックな…」<br />「シャツの前は開けたままでストッキングと下着を膝まで下ろしてスカート捲ってお尻突き出してよ」<br />「息子がこんな変態チックな性癖持ってたなんてショックだわ…」<br />膝丈のタイトスカートをたくし上げてストッキングと下着を注文通り膝まで下げてくれる。<br />「机に手をついてお尻突き出しておねだりしてよ、できるだけエロくね」<br />「調子に乗るんじゃない!」<br />「良いじゃん、それで僕の成績がグン!と上がれば母さんの塾講師って肩書きの価値も上がるんだよ?生徒が増えれば母さんだって嬉しいだろ?」<br />「くっ…お願い…先生のオマンコにあなたのオチンポ挿れて中でドピュドピュして欲しいの…先生と気持ちよくなりましょう?」<br />「良いね、やればできるじゃん!流石は塾講師だね!」<br />「余計な事は言わなくて良いから早く済ませちゃいなさい!」<br />「あーあ…今ので台無しだよ…今度は違うセリフで僕を興奮させてよ」<br />「あんた…わかったわよ!もう母さん我慢できないのよ!だから早く息子チンポでオマンコめちゃくちゃにして!ズコバコして欲しいの!母さんを孕ませて!」<br />「うおお!今の最高!そんなに僕のチンポが欲しいなら挿れてあげるよ!母さんを孕ませるからね!」<br />ちょっとだけ濡れ始めてる母さんのマンコに一気に奥まで挿れた。<br />「あはあっ!いきなり奥までぇ!」<br />「ずっと母さんとこうなりたいと思ってたよ!今やっと母さんとSEXできた!たくさん中に出すから孕んで!僕と子供作ろう!」<br />「や…激しい!オマンコ壊れちゃう!」<br />「ああ…気持ち良いよ母さん!この中に好きなだけ出せるなんて最高だ!まず一回出すよ!」<br />「えっ!?もう!?早すぎよぉ!母さんまだ気持ち良くなり始めたばかりなのぉ!」<br />「母さんのオマンコが気持ち良すぎるんだよ!大丈夫!何回だって出せるから!イクよ!」<br />「んあぁ!本当に中に出してるぅ!息子に孕まされるぅ!」<br />「うあぁ…搾り取られる…オマンコが吸い付いてくるよ!このまま続けるね!」<br />「はぁん!まだ出てるのにオマンコ突くなんて!息子精子の味覚えちゃう!オマンコが覚えちゃうぅ!」<br />「中にたっぷり擦り込んであげるよ!しっかり僕のチンポと精子の味覚えてね!」<br />「ダメぇ!そんな事されたらまた欲しくなるぅ!」<br />「母さんが欲しいなら毎日だって中に出してあげるから安心して孕んで!勉強も頑張るから!」<br />「ああ!いい!親子SEX気持ち良い!息子チンポ気持ち良すぎるぅ!」<br />「また出る!」<br />「あはぁん!今度は奥に出てるぅ!子宮に入ってくるぅ!孕むぅ!」<br />「まだまだ出すよ!先生のオマンコ最高だよ!こんな勉強なら何時間でも頑張れるよ!」<br />「何時間もしたらオマンコ壊れるぅ!やだ…先生イキそう!」<br />「イッて!僕のチンポでイッて!」<br />「ああん!イクぅ!イクのぉ!イクイクイクー!」<br />ビクンビクンしてる母さんを犯し続ける。<br />「はあん!今イッてるからぁ!オマンコぉ!イッてるってばぁ!」<br />「締め付け凄いからイッてるのわかるよ!でも休ませないよ!そのままイキ続けて!」<br />「やあん!もう3回は出してるのに何でそんなに元気なのぉ!あふうっ!イクの止まらない!」<br />「母さんのイキマンコ凄いよ!僕から精子を搾り取ろうと締め付けてくる!また出ちゃう!」<br />「あはぁっ!きて!母さんの奥に出して!」<br />「孕んじゃえ!」<br />強く突き挿れてまた奥に出した。<br />「おふう…中でビチャビチャ跳ねてる!子宮の中で精子が跳ね回ってるわ!」<br />「今度は前からやらせて」<br />一旦チンポを抜いて机に座らせる。<br />ストッキングと下着は完全に脱がせて脚を開かせた。<br />「中から溢れる前に栓するね」<br />「嘘でしょう!?まだできるの!?」<br />「夢にまで見た母さんとのSEXだよ?そんな簡単に終わらないから覚悟してね」<br />「あはぁ…凄すぎるぅ…父さんとじゃ考えられないくらいタフよぉ…」<br />「母さんが僕の女になるって認めるまでやり続けるよ」<br />「母親を女にするなんて…ああん!でもこのチンポ本当に凄い!何度も出してるのにまだ硬いままなの!」<br />「当たり前だよ、母さんの為にあるチンポなんだから」<br />「母さんの為…?こんな凄いオチンポが…?」<br />「そうだよ、僕に彼女がいないの知ってるでしょ?」<br />「でもそれって勉強が忙しいからじゃ…」<br />「違うよ、厳しいけど抜いてくれる母さんの優しさが好きなんだ…僕は母さんが好きだから彼女作らないんだよ」<br />「そんな…母親と息子なのよ…?」<br />「そんなの関係ないよ!僕にとっては唯一好きになったのが母さんなんだ!母さん以外考えられないよ!」<br />「はうっ!イク!」<br />「イッて!僕だけを見てイッて!」<br />「ああー!あはぁ…息子に見つめられてイッちゃったぁ…」<br />「好きなんだ母さんの事が…僕は本気だよ」<br />「んむ…んはあ…いやらしいキス…でも嬉しい…息子に愛されて喜ぶなんて母親失格ね…」<br />強引にキスをして舌を絡ませた。<br />「母さん…僕の恋人になってよ…もっと勉強もSEXも頑張るから…」<br />「オマンコ突きながら言うセリフじゃないわよ?でもそうね…次のテストで全教科で一番取ったら考えてあげる」<br />「本当に!?約束だよ!」<br />「ええ、だから今は母さんの中で気持ち良くなることだけ考えなさい」<br />「好き!母さん大好きだよ!ずっと母さんと繋がってたい!」<br />「ふふ…甘えん坊なところは変わらないわね…ほら、母さんのおっぱい吸って落ち着きなさい」<br />おっぱい吸いながらまた中出しする。<br />「んはあ…これだけ出してるのに勢いが弱くならないのね…本当に凄すぎよ」<br />「もっと…もっと母さんを感じたい…」<br />「ベッドに行きましょう、スーツも汚れちゃうし肌を合わせた方が気持ち良いわよ?」<br />「うん…」<br />皺だらけになったスカートとシャツを脱いで裸になる母さん。<br />僕も脱いで裸になり二人でベッドに入る。<br />「母さんの匂い…良い匂い…」<br />「直接肌を合わせると温かいでしょう?」<br />「うん、これが本当のSEXなんだね」<br />「そうよ、愛し合う二人が全てを曝け出して繋がるのがSEXよ」<br />「愛し合う…今この瞬間は僕と母さんは愛し合ってるんだね?」<br />「ええ、親子の垣根を超えて愛し合ってるの…母さんを孕ませたいんでしょう?」<br />「孕ませたい…母さんと子供作りたい…」<br />「だったら早く挿れて…何も出なくなるまで母さんの中に出し続けて…」<br />「空になるまで母さん中に注ぐよ!ああ…母さんのオマンコ…肌もスベスベで気持ち良い…」<br />「本気のSEXを息子とするなんてね…母さんの子宮を疼かせたあなたの勝ちよ」<br />「え…」<br />「大事にしてよ?父さんを裏切ってあなたの子供を産むんだから」<br />「あ…ありがとう!大事にする!一生母さんと子供を大事にする!」<br />「今夜は父さん泊まりで仕事だからずっと一緒に居られるわ…」<br />「離さないよ!ずっと母さんを離さない!」<br />「ええ、母さんもあなたを離さないわ…朝まで抱きしめていてね」<br />翌朝父さんから午前10時くらいに帰ると連絡があったから、それまで母さんとベッドで過ごした。</p>
[紹介元] エロ体験談 親が塾講師だから厳しいけど頑張れる

【体験談・小説】SM調教で僕の下へ落ちていく人妻2
あれから雅美とは、LINE電話で連絡をとっている相変わらず旦那の不平不満をこの俺に話してくる「まあ、そんなに不満を並べず、良いところもあるんだろう?」#ブルー「まあ、そうだけど・・・でも・・・・」#ピンク「縁あって一緒になったんだから、毎日そんなこと言っていたら、本当にわかれちゃうぞ」#ブルー「うん、だけどぉ・・・」#ピンク「たまには飯食いながら、俺が聞いてやるからさ」#ブルーまだまだ言い足りなそうな雅美だった「このまま、埋もれちゃうのかなぁ…私」#ピンク
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】SM調教で僕の下へ落ちていく人妻2

父と離れられない
<p>私の名前は楓、秋に生まれたから父がつけてくれたようです。24歳、社会人です。<br />いまある男性からプロポーズをされています。<br />しかし、父がなかなか会ってくれず悩んでいます。<br />実は私の母は私が小さい頃に亡くなり父子家庭なんです。<br />ですから父が私の事を手放すことを嫌がり反対して彼に会うのを嫌がっているのかなと思うのですが、それだけではないのです。<br />それは、私と父が体の関係にあることも容認していると思います。<br />彼とは2年お付き合いをしていますが私と父の関係は知りません。<br />彼はまじめと言うか私を大事にしてくれる方で、今まで私の体を求めてきたことはありません。<br />「楓とはちゃんとお父さんの許しを得てから、、それまでは我慢するよ。」と言ってくれています。</p><p>ここで私と父のことを書きます。<br />母がいたころは何処にでもいるような仲のいい3人家族でした。<br />父が働きに行き母が家庭を守る、私は学校へ行きお休みの日には家族3人でお買い物に出かける普通の、、、<br />私が小学5年生の時に母が突然の事故で亡くなってしまいました。<br />すごくショックで私は母の遺体を見ながら父の手をぎゅっと握っていました。<br />それまでは私と母と父と3人で一緒にお風呂にも入り寝るところも3人一緒でした。<br />母と父が同じお布団で寝て、私は母の隣で自分のお布団で寝ていました。<br />たぶん私が寝行ったあとで母と父は夫婦の営みをしていたと思います。<br />私が小学4年生の時、初潮が来て母と父はお赤飯を焚いて喜んでくれました。<br />しかし、母が亡くなったショックで毎月の生理が来なくなり、私は父に相談することも出来なくなっていました。<br />それでも何とか二人で生活をし、父は早く帰れるように会社の仕事の内容を変えてもらい、定時で帰ってきてくれるようになりました。<br />帰りにはスーパーへ買い物にいき食材を買って、私と父で食事の用意をして作っていました。<br />私と父は何とか早く母の死のショックから抜けだしたいと思っていたのです。<br />そして、出来る限りそれまでの家族のスタイルを守り続けていきたかったのです。<br />食事のあとは父と一緒にお風呂に入り、一緒の部屋で寝ることを心がけていました。<br />私はそれが普通の家族の姿だと思っていたのです。<br />ある日、私が父とお風呂に入っていると突然生理がやってきました。<br />父はそんな私を見て「楓、すまなかった。お父さん、楓の生理のことなんか忘れていたよ。いままでどうしていたの?」と聞いてきたことがありました。<br />その時になって私は数か月間生理が来なかったことを告げました。<br />「そうか、そんな大事なことをお父さんいは言えなくて、辛かったんだな、楓。」<br />そう言って私を抱きしめてくれました。<br />それからは私の生理はお父さんも管理することになったのです。<br />特段何をすると言う事ではないのですが、生理近くになると父が「楓、もうそろそろなんだろ。ナプキン持ったか。生理痛はないか、無理をするなよ。」と言ってくれるようになりました。<br />普通の家庭では母が言ってくれるのですが我が家ではそれが父でした。<br />だから、生理の時でも私は父と一緒にお風呂に入っていたのです。<br />少しでも下り物が出ると父は心配してくれました。<br />そんな話を友達としていてもみんなは母のことを言うのですが、私にとっては父なので黙っていました。<br />中学生になる前にセーラー服や学校の準備などは父が忙しく、叔母さん(父の妹)が来てくれていろいろ準備をしました。<br />「楓ちゃんも大変ね。年頃の女の子にはやはりお母さんのような女がいなかったらね。楓ちゃん大丈夫、お父さんだと相談もしづらいでしょ。」<br />「そんなことないですよ、お友達に相談してお父さんの言ったらなんでもそろえてくれるから。」<br />「そう、お父さんに言い辛かったら叔母さんに言ってきなさいね。」<br />「ありがとう、叔母さん。その時はお願いします。」<br />そう言ってその場は話をはぐらかしていたのですが、中学に入るのをきっかけに下着などもお父さんが選んでくれるようになったのです。<br />今の時代スーパーや百貨店、ユニクロやしまむらに父と一緒に行かなくても、ネットで十分サイズさえ分かっていれば下着なども買えるのです。<br />「なあ、楓、、今までのプリントのパンツや下着じゃなくて中学に行くのだからもっと女の子らしい下着を着けるか。お父さん、買ってあげるぞ。」<br />「ええ、嫌だ、それってお父さんが私の下着を選ぶって言うこと。」<br />「もちろんじゃないか、楓の下着をお父さんが選んでどこが悪い。これなんかどうだ。」<br />「どれどれ、、嫌だお父さん、それってTバックじゃない。」<br />「ダメか、、」<br />「ダメに決まっているじゃない、学校にだって穿いて行けないし、、」<br />「学校は学校用に穿いたらいいじゃないか。ブラだって、、これは学校用でこれが家用って。」<br />そんな話を私は父と二人でパソコンを見ながら話しハシャイデいたのです。<br />結局、学校用と家庭用に別れ私の下着とパジャマやネグリジェも決まってしまっていたのです。<br />しかし、そのすべての家庭用は父が選んだもので、学校用は私が選んだものでした。<br />しかし、学校用と言っても制服や運動着は規定の物があるので決まっていて、私は着替えの時に友達などに見られてもいいような普通に下着で、小学校で穿いていたプリントの下着などではないものだけでした。<br />そして寝るところも自分の部屋を主張したのですが、こと如く却下されてしまったのです。<br />「なんだ、いままで通りでいいじゃないか。お母さんと楓とお父さんが寝ていた部屋で、、」<br />それは私が小さいときに母が私の事が心配で母が隣で寝かせていた頃の話で、私も中学生になったのだからと言っても聞いてはくれませんでした。<br />「お風呂は一緒に入るのに寝るところは別々って変じゃないか。だったらこうしよう。空いている部屋がもう一つあるからそこにお父さんと楓のベッドを置いて、楓の勉強部屋とお父さんのプライベートの部屋は別々と言うことで、、早速今度の日曜でもニトリに行ってみてみようか。」<br />そう言って見に行ったのですが、その時も父に押し付けられて結局買ったのは私と父が同じベッドで寝るダブルのベッドだったのです。<br />今までの両親の部屋には父や母のタンスもあって和室で、、しかしベッドの置ける部屋は洋室で、物置として使っていた部屋でベッドだけを置いた部屋に変わっていたのです。<br />「これでいいだろ、お父さんも仕事を家に持って帰って時は自分の部屋でするけど寝るときはこの部屋で、、楓だって勉強は自分の部屋だけれど終わったらこのベッドでお父さんと一緒に寝るんだ、いいだろ。」<br />そう言う話になってしまったんです。<br />父と一緒に寝るとき、父は私とお風呂に入ると父が通販で買ってくれた家庭用に下着やネグリジェを着るように言うのです。<br />学校用の下着と違い生地が小さく色も原色でパンティーTバックと呼ばれる部類で、Tバックはほとんど紐状態でパンティーも横が紐になっている紐パンだったのです。<br />ブラもほとんどがチューブブラでときには乳首の部分に穴がいていたりしているのもありました。<br />それでも中1中2の時はそんなものをつけて寝ていたのですが、夜中父が私の体を弄っていてその感触で起きたこともありました。<br />「お父さん、何をしているの。」と聞くと、父もビックリした顔をし「いや、なんでもない、楓の体もお母さんに似て大きくなったなと思って、さあ、もう寝よう。」そう言って私に背を向けて寝てしまうのです。<br />そんな時私が風邪を引いてしまったことがありました。<br />父がすごく心配して看病してくれ、夜中に40度近い熱が出ました。<br />父は私の頭を冷やすため氷枕を持ってきてくれました。<br />「楓、これでどうだ。すぐに熱は下がるからな。」<br />「ああ、、お父さん、寒い、寒いよ。」<br />「ええ、、寒い。こんなに毛布も掛布団も掛けているのに、、どうしたらいいんだ。」<br />その時の私はたぶん熱で「うんん、うんん」と意識もなしに唸っていたと思います。<br />しかし翌朝になると熱も引きぐっすりと寝たおかげでスッキリしていたのです。<br />父はと言うと、夜中に私のパジャマや下着をすべて脱がし裸にすると自分も素っ裸になって私を抱きしめ添い寝してくれていたんです。<br />「お父さんが学生のとき山で遭難してしまってな、寒さで凍死しかけて雪蔵を掘り一つの寝袋に二人が裸になって抱き合っていたんだ。人の肌って抱き合っていると温かくそのおかげで生き延びたんだ。」そういう体験を教えてくれました。<br />しかしそれには落ちがあり、「相手が女性だったらすごく良かったんだがその時に登った者はすべてが男性で、生き延びたけれどうんざりしたよ。」って。<br />そんな話を聞くと笑ってしまいました。<br />それからなんです、冬になると私も父も裸で寝るようになり、しかも抱き合ってなんです。<br />父のほかの体験談を私は同じベッドで父と二人裸になって聞くのが通例になっていました。<br />「お父さん、私そんなにお母さんに似ている。」<br />「ええ、、どうして、、」<br />「だってお父さん、よく『楓はお母さんに似てきたな。』って言うじゃない。」<br />「そうだあ、お母さんも胸は小さかったけれど張りがあって撫でると気持ち良かった。ここの毛だって少なかったしでも細くて短くて、、」<br />「もう、、お父さんたらそんなに触ったらこそばいよ、」<br />「そうか、どれどれ、、」<br />父はそう言って私の体を撫でまわし、そのたびに私はこそばいと言って暴れていたんです。<br />そんな父でも私が15歳の誕生日が来るまで私に手を出さず処女を守ってくれていたんです。<br />それまではくすぐりと愛撫とキスを併用して私の体を気持ちよくしてくれていたんです。<br />時には私の方から気持ち良くなりたくて父のペニスを握って求めたこともありました。<br />それでも父は求めに応じてくれなくて、私の胸を舐めたり吸ったりして、股間も口や舌などのフェラだけでそれ以上私の中へ入ってこようとしなかったのです。<br />しかし、私が15歳、中学3年生の誕生日の日は違っていました。<br />父がいつも以上に私の体をお風呂で丁寧に洗ってくれるのです。<br />その前には食事のあといつもより大きなケーキを買ってくれていて食べていたんです。<br />まさか、今晩と思う反面お父さんのペニスが入ってきたら痛いのかなと思ってしまいました。<br />友達の中にはすでに同級生や学校の先輩の高校生と関係を持っている子もいて、痛かったとか痛かったけれど何回かしていたら気持ちよくなってきたとか言って、やはり経験してみないと分からないようです。<br />でも、父の手や指、口での愛撫やクンニでは凄く気持ち良くて、まだ処女だけれど何度かいかされた感はありました。<br />そしてお風呂から出ると父がバスタオルで体を拭いてくれ、なにも着ないまま寝室へ連れて行ってくれました。<br />「楓、今日は楓の誕生日、楓ももう大人の体だけれどそれは外見だけ。体の中から大人になってもいいと思う。だから、今日からお父さんが楓を大人の体にしてあげるから、、いいよね。」<br />父が私をベッドに寝かせ目を見つめて言うのです。<br />私も父の目をしっかり見て頷いていました。<br />父は私の体全体に口で愛撫をしクンニもしてくれました。<br />「ああ、、お父さん、気持ちいいよ。お父さんも気持ちよくなって。私がお父さんの物を咥えてあげるから、、」<br />「楓、今日はいいんだ、今日だけは楓だけ気持ちよくなれば。」<br />父はそう言いながら私を愛してくれました。<br />そして私の脚を大きく広げて間に入ると私の股間へペニスを宛がい、私の体をがっしりと掴むと一気にペニスを私の中へ入れてきたのです。<br />「うううう、、お、お父さん、痛い、痛いよ。」<br />私はそう言いながらでも父の体にしがみ付いて耐えていました。<br />それはまるで私の体が股から真っ二つに裂けてしまいそうな痛さで、でも耐えるしかなかったのです。<br />少しの間父は動かずにいましたがそれでも少しすると腰を動かし始めました。<br />「ああ、、お父さん痛い、痛いから動かないで。」<br />そう言っても父は私の言う事を聞いてくれませんでした。<br />それでも私が我慢していると<br />「楓、いいか、今晩から楓は私の物だ。お母さんのようにならないでお父さんだけの物になってくれ。」<br />父が変なことを言っているなとは思っていましたが、その時の私はそれどころではなかったのです。<br />股間の痛さは父が私の中で射精しても続いていました。<br />そう、私は父に処女を奪われただけではなくマナの中出しで精液を注がれたのでした。<br />そして父の物が私の中から抜かれると、そこには白濁の精液と処女の証の経血までついていたのです。</p>
[紹介元] エロ体験談 父と離れられない

【体験談・小説】体育倉庫で見てしまった衝撃
俺は高校二年の男子で、口下手、暑苦しい、陰キャと三拍子揃った俺は、特に女子からキモい存在と認識されていて、お昼休みになると逃げるように体育倉庫の奥で、ひっそりと寛ぐのが日課になっていました。その日も体育倉庫の奥に折り畳んである体操用のマットに横たわり、独りスマホを弄っておりました。そんな時、体育倉庫の外で何やら男女の話し声が聞こえて来たと思うと、勢い良く体育倉庫の扉が開いたのでした。とにかく「ヤバっ!!!」#ブルーと思った俺は取り敢えず体勢を低くして、とにかく跳び箱の陰に身を潜めました。すると直ぐに「ちょっと、本当に誰にも言わないでよ……?」#ピンク「分かった!絶対に誰にも言わない!約束するから……!!!」#グリーン
[紹介元] エチケン:エッチな体験談や画像 【体験談・小説】体育倉庫で見てしまった衝撃

マン喫で体験したエッチな体験談
こないだオールナイトで入ったマンキツで 俺のブースの隣の隣のブースが女の子だった 俺とその女の子以外周りに人が入っているブースはなかった     本棚のとこでチラっと見かけたけど身長は高いけど胸が大きい女の子 顔はビーバ […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ マン喫で体験したエッチな体験談

不注意の追突事故から中出しされました
数ヶ月前、私が不注意から追突事故を日の出来事です・・・。 私の運転する乗用車がわき見をした際に信号で停車していたトラックに追突してしまったのです。 トラックから降りてきた中年の男2人は汚れた作業着で、体は真っ黒に日焼けし […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 不注意の追突事故から中出しされました

童貞の心強い味方は出会い系サイト
俺は22歳の貧乏学生です。 早く童貞卒業したいのですが、彼女も今まで出来たことが無い、全くもてない男です。 彼女が居る友達からセックスの話を聞くと、知ったかぶりで「セックスは熟女とが一番だよ」と嘯いてます。 今、俺たちの […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 童貞の心強い味方は出会い系サイト

【熟女体験談】パートのおばさんと休憩室でセックスする日々
炭焼き窯のそばにある作業場と休憩室での出来事。

窯が開いた1日目は、パートのおばさんが何人も来て作業場は賑やかになるが、2日目・3日目になるとパートのおばさんと俺だけの時も有り、作業場に有る休憩室は丁度いいデート室になる。

仕事中にそれとなく話をして、OKの雰囲気なら弁当を食べて、スグに抱きついていく。

抱きついて口を吸いながらシャツの上からオッパイを揉み、仰向けに寝かすと下半身を裸にして指先でクリちゃんに挨拶。

膣の入り口からクリトリスの間を軽く撫でていると感度のいいおばさん、スグにOKサインを出し求めてくる。

口を吸い、オッパイを揉みながら、はじめはゆっくり突くが、だんだん激しく突くと、おばさんも腰を突き上げてくる。

おばさんの息が荒くなり、動きも早くなったと思ったら俺にしがみつき、膣を絞る様に締めつけながらイッタ。

俺が射精し終わっても、おばさんは暫らく抱きついていて、時々膣をキュッと締めつけるのが気持ちいい。

俺も暫らく抱きついたまま、オッパイを揉んだり抱きしめて口を吸い、二人で快感の余韻に浸る。

おばさんが上体を起こした時に精液が溢れ出た。

「あっち向いてて」

恥ずかしそうに拭いてるおばさんに、普段とは違うエロっぽさを感じ、後ろから抱きつくと「ヤダ-」って言いながらおばさんも抱きついてきた。

シャツを開き、ブラジャーも外してオッパイ丸出し。

まるで全裸状態になったおばさんに抱きついていくと、ムスコが濡れ濡れのおばさんの中へ滑り込んで行った。

おばさんも全身で包み込むように抱き締めてきた。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】パートのおばさんと休憩室でセックスする日々

姉にオナニーを見せる
「ねぇ、○○~。ちょっと、一緒に飲まない?」 午後11時過ぎ、シャワーから出ると、リビングにいた姉から呼び止められた。 「えっ?で、でも俺、まだ未成年だし・・・。」 「いいの、いいの。堅いこと、言わないで。 今日は、パパ […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 姉にオナニーを見せる

【熟女体験談】妻が入院中に義母とエッチをした結果
妻が交通事故で足を骨折し約一ヶ月入院する事になり***の子供がいる為、義母が家の手伝いに来てくれる事になりました。

私は40歳、妻36歳、義母は59歳、義父は68歳。

義父も義母も女房も元教師で、私も***の教諭という教育者一家なんです。

義母は昨年まで中学で数学を教えていましたので、まだまだ元気で、150cmぐらいの小柄で、自慢は若い時から体形がほとんど変わっていないという事。

女房は165cmの大柄で、胸もDカップというグラマー体形ですが、義母は150cmの小柄で、Aカップというか、少し膨らみがあるというロリコン体形なんです。

初めて女房に紹介された時には、女房の姉と言っても通るんじゃないかと思った程です。

女房の入院も2週間ぐらいになった夜、子供は学校のキャンプで家におらず、義母と二人だけでした。

駅前で拾った風俗の女の子の名刺をわざとポケットに入れたまま義母に渡しました。

何時のように服をハンガーに掛ける時、ポケットに何も入っていない事を確かめる義母の癖を知ってますので、どんな反応を示すか興味深々でした。

義母は表裏を見てようやく気づいたようで、またポケットに戻していました。

夕食時、子供がいない為、お母さんもビール飲みませんか?って誘い、二人で雑談。

ある程度酔いが廻った頃、義母が・・・

「さっき変なもの見つけたわよ(笑)」

「えっ、変なものってなんですか?」

「◯◯さん、風俗に行ったの?」

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】妻が入院中に義母とエッチをした結果

パンスト、ブラジャー、パンティを剥ぎ取り既婚者同士のエッチ
九州は本当に不倫が直ぐできる。 東京から九州の某都市へ単身赴任で転勤することとなった俺は、先のためにはしょうがないと思いつつ、田舎の雰囲気に馴染めずにいた。 九州のあらゆる街を訪問するうちに妙に女の多い地域だと感じた。 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ パンスト、ブラジャー、パンティを剥ぎ取り既婚者同士のエッチ

【熟女体験談】友達のお母さんにセックスを教えてもらった小さい頃の思い出
僕が***6年生のときでした。

いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。

母が

「正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!」

といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。

家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。

でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。

正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。

また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな。

松嶋菜々子のような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。

90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。

正樹君とは小学1年からの仲良しで、家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。

思えば僕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。

話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めてちんちんがたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。

3年生のときでした。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】友達のお母さんにセックスを教えてもらった小さい頃の思い出

同期のアニヲタの彼女をアナル奴隷にしたエッチ体験談
同期入社が2人いる。 一人は、A子。もう一人は、アニヲタのB。 最初の頃は、3人で飲みに行ってたりしてたけど、話が合わないし・・ ちょっとウザイ奴なので誘われなければ一緒に行かない様になった。 A子もそうみたいで、二人で […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 同期のアニヲタの彼女をアナル奴隷にしたエッチ体験談

【熟女体験談】母の妊娠がキッカケで不倫中出しセックスしていたことが父にバレた。
今日、母(40)が体調を崩したので診療所について行った。

検査後、僕も呼ばれて聞くと、

「妊娠してます」

と言われ、両親の生エッチの報告を受け、僕は照れたけど、母は真っ青になり、唇も少し震えていた。

家に帰って父に報告すると、人間と思えないくらい引き攣った顔になった。

僕は部屋を出て聞き耳を立てていると、父が

「相手は誰だ?」

と聞いたので、状況がすべて分った。

長い沈黙の後、母が

「Sさんです」

と言い、号泣を始めた。

Sは、母の勤める地域最大の会社のオーナーの次男で、昔超ワルだったけど、やっと親の会社に就職し、母が教育係をしていた。

40才でも若々しく美人の母を慕い、姉弟みたいな関係と聞いていたのに・・・。

泣き止んだ母は、恥ずかしいくらい正直に父の問い詰めに答えていた。

4月始めの休日の朝、母が仕事の忘れ物をSのマンションに届けた時、初めて関係を持ち、その日は朝から夕方まで数え切れないくらい交わったらしい。

その後は堰を切った様にお互いを求め合い、ラブホの無いこの地域だったのでSのマンション、車の中、公園等の屋外でも性欲のまま交わったらしい。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】母の妊娠がキッカケで不倫中出しセックスしていたことが父にバレた。

制服×白パンティ69が最高だったエッチ体験談
♂おれ、Tくん17さい 175/70 ガタイ良し ♀彼女、Sちゃん19さい 157くらい/50ないくらい 色白Cカップちょいポチャ 出会い系で知り合ったSちゃん。顔は可愛くない。 だから当時会えば必ずヤるくらいのセフレ感 […]
[紹介元] セックス体験~エッチ体験談まとめ 制服×白パンティ69が最高だったエッチ体験談

【熟女体験談】高齢の母を温泉に連れていき、夜半に目が覚め、母と近親相姦セックス
78才の母を温泉に連れて行った。

何十年ぶりの母と息子の二人きりの夜。

幼い頃からの話に花が咲いて、すっかり酔ってしまった。

夢うつつで、母の

「しょうがないねえ。今夜は一緒に寝るか」

の声が聞こえた。

二つ並べて敷いてあった布団の一つに、二人で入って抱き合って寝た。

夜半にふと目が覚めたら、母が僕をしっかり抱いて寝ていて、僕の顔に母の乳房が押しつけられていた。

もちろんしわくちゃにしなびた乳房だが、僕はその乳首に吸い付いた。

母は眠っていたが、なんと、乳首がだんだん堅くなってきた。

酔っていた僕は母であることを忘れて、女を意識して股間がむくむくと勃起した。

母の股間に手を這わせてそこをまさぐった。

母が目を覚ませて、

「時夫ちゃん、何をしてるの」

僕は逃れようとする母を押さえつけて、身体を愛撫しながら、とうとう母を全裸にした。

母の両足を押し広げて、おまんこに指を入れながらクリトリスを口で吸った。

母が小さな声を上げて仰け反った。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】高齢の母を温泉に連れていき、夜半に目が覚め、母と近親相姦セックス

【Hな体験】血の付いたパンティは今も記念に持っています
もう10年も前、郊外のスーパーで商品の管理をしていました。

たくさんの商品を扱うその店には高校生を含むアルバイトがいつも4~5人働いていました。
Kはその中でも自分のお気に入りの子で、会うのがとても楽しみでしたが、偶然帰る時刻がKと一緒になりました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】血の付いたパンティは今も記念に持っています

【不倫】イクってどんな感じ??
結婚2年目、24歳のさおりです。
夫と2年付き合い結婚しましたが、今だにイクことを知りませんでした。
友達の話を聞いたりして羨ましく思っていました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】イクってどんな感じ??

【Hな体験】お客の部屋にピンクローターが転がってて
不動産関係の仕事をしています。
時々水漏れ等でお客の部屋に行くんですが、昨日イイ思いをしたので報告します。

キッチンの排水が悪いという事であるワンルームのアパートの一室へ行きました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【Hな体験】お客の部屋にピンクローターが転がってて

【寝取られ】友達の話と言いながら自分の性体験を語る妻
私の妻は現在39歳。
今までに5回職を変えました。

体は小さいのですが男を引きつける何かがあるのでしょう。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【寝取られ】友達の話と言いながら自分の性体験を語る妻

【不倫】とうとう結婚3年目で主人以外の男性と・・・
結婚して3年、主人とは32回しかセックスしてません。

昼間は暇なので、1年ほど前から事務のパートを始めました。
半年前に大学生のアルバイトが入ってきて一緒に仕事をするようになりました。

続きを読む

[紹介元] グッとくるエロい体験談SP 【不倫】とうとう結婚3年目で主人以外の男性と・・・