△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止)
息子の修学旅行にあわせ、家族ぐるみで仲良くしているご近所さんと温泉旅行に行く事になりました。高橋さん夫婦は、年齢も私たち夫婦と同じ38歳で、息子が幼稚園の時からの付き合いです。
子供達も含めて遊園地に行ったり旅行に行った事もありますが、子供達抜きでの旅行は初めてで、たまには羽を伸ばしたいなと思っていました。

ただ、出発直前、高橋さんの奥さんが体調を崩してしまい、キャンセルするにもキャンセル料がかかるタイミングだった事もあり、急遽共通の知り合いに声をかけ、前田さんのご主人が参加する事になりました。

続きを読む

[紹介元] すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談 △温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止)

中1の夏に家庭教師として以来ヤリマンですw
私は中学時代は、結構ワルい子で、似たような派手な子達&男子も一緒に夜な夜な遊んで回っていました。

繁華街にもよく行ってましたが、学校のパトロールに注意されることが多くなって…

そのうち、夜親が仕事でいない子の家に、溜まるようになってました。

続きを読む

[紹介元] すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談 中1の夏に家庭教師として以来ヤリマンですw

※ロシアの天使が空から落ちてきた
僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。
昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。

そのおかげもあって、英語はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。
とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。

僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。
趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするくらいですが、それで毎日充分楽しいです。

続きを読む

[紹介元] すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談 ※ロシアの天使が空から落ちてきた

私は夫の妻なのか、義父の妻なのかわからなくなるときがあります
私は62歳の女性です。

パソコンもどうやらできるようになりました。

昔のことが懐かしく思い出され、投稿します。

続きを読む

[紹介元] すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談 私は夫の妻なのか、義父の妻なのかわからなくなるときがあります

妻と真珠入りチンポ

嫁は、最後にとんでもない事を言ってきました。
「えっ? お風呂一緒に入ったの!?」
一気に酔いが醒めた私。嫁は、
『うん。私は服着たままだけどね。濡れちゃったよ。今度から、水着かなんか持ってかないとね』
と、言いました。確かに、彼女の服はそこかしこが濡れています。
「そ、そうなんだ。洗っただけ?」
『うん。あっ、そうだ、大家さん、見かけによらないんだよ』
「なにが?」
『あのね、おちんちんに真珠入れてるの。ビックリしちゃった。ボコボコで、病気かと思っちゃった』
そんな事を明るく報告する嫁。その様子から、洗う以上の事はしていないのだと思う。でも、大家さんのおちんちんを洗ったのは間違いないという事だ……。

「ごめんね。嫌な思いさせて……」
『嫌な思い? してないよ。大家さん、あんなおちんちんなのに顔真っ赤にして照れてるし、大丈夫だよ』
そんな事を言ってくれた嫁を抱きしめ、私はキスをしました。

そして、次の日、本当に全てが丸く収まりました。裁判をするとまで言っていた下請けも、お金を渡すと満面の笑みでした。

そして、仕事を片付けて帰宅すると、
『おかえり?。お疲れ様。どうだった? みんな、許してくれた?』
と、嫁が満面の笑みで言ってきます。私は、上機嫌で話をしました。でも、すぐにハッと気がつきました。
「今日も、お世話してたの?」
『え? うん。してたよ。お昼ご飯作ったり、お買い物付き合ったりしたよ?』
嫁は、楽しそうに言います。私は、お金の心配がなくなったからですが、今さら後悔をしていました。今はまだ何もなくても、この先どうなるのか? 1年という期間は、あまりにも長いです。

そして、3人で楽しく夕食を食べました。久しぶりに、心から笑えた気がします。でも、息子が寝付くと、
『じゃあ、ちょっと行ってくるね?。今日は水着持ってくね』
と言って、嫁が大家さんの部屋に行こうとします。私が、どの水着? と聞くと、袋から出して見せてきました。それは、ビキニの可愛らしい水着でした。でも、彼女が持っている水着の中では、一番布の面積が大きいヤツでした。少しホッとしながらも、それでも心がざわつきます。

そして、また日付が変わる前に嫁は帰ってきました。
『ただいま?。起きてたの? 寝てて良いのに』
嫁は、笑顔です。そして、脱衣場に行って着替えてくると、ベッドに潜り込んできました。私は、どうしてだかわかりませんが、無性に彼女の事が欲しくなってしまいました。そして、抱きしめてキスをし、パジャマを脱がせようとしました。すると、
『……ごめんね。エッチはダメなの……。1年、しちゃダメって……』
嫁は、申し訳なさそうに言います。私は、ビックリして理由を聞きました。大家さんは、1年は私の妻なので、浮気はダメだと言ったそうです。でも、キスとか手でするのは許してくれたとの事です。その言葉に、大家さんの本性が現われているようで怖くなってしまいました。
私は、そんなの聞いていない! と、嫁に言いました。でも、
『しかたないよ。3000万だよ? それくらい我慢しないと……。私だって、我慢してるんだから』
と、嫁に言われ、私は恥ずかしくなってしまいました。

すると、
『手はOKなんだよ。してあげるね』
と言って、私のペニスをしごき始めてくれました。嫁は、ぎこちないながらも手でしごき始めてくれました。元ヤンだった割に、私とセックスをするまで処女だった嫁。すぐに妊娠してしまったので、セックスを楽しんだり磨いたりするタイミングがありませんでした。

下手くそとまでは言いませんが、巧みとは言えないテクニックです。でも、一生懸命にしごいてくれる嫁が、可愛いなと思います。同時に、こんなことまでしてくれる嫁に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つづき・・・・   

[紹介元] エロ体験談 妻と真珠入りチンポ

AKBのエロ小説

ノースリーブスから

僕は今年AKB48のマネージャーになりました。もちろんしたっぱです。担当はノースリーブスの3人です。
ある日先輩のマネージャーに呼ばれました。
先輩「光輝(名前)。ノースリーブスのマネージャーになったからには儀式を受けてもらうぞ?」
光輝「ぎ、儀式?一体何をするんですか?」
先輩「まぁついて来い」
光輝「は、はぁ···」

先輩について行くと大きな部屋に連れて来られた。
光輝「え、えぇぇぇ!?」
光輝が驚くのも無理はない。
中には大きなベッドとバスローブ姿のノースリーブスがいたからだ。
光輝「せ、先輩ここここれは!?」
先輩「これはって今から儀式を始めるんだぞ?まぁゆっくり楽しめよ!」
そう言って部屋から出ていった。

唖然とする光輝。
少しして高橋みなみがきりだした。
高橋「さあ儀式を始めよう!」
小嶋&峯岸「イェーイ!!」
光輝「あ、はい」
高橋「光輝君だったよね?服脱いで全部」
光輝は高橋のいわれるがままに全部脱いだ。
ノースリーブス(きれいな体だ!早く弄びたい!!!)
高橋「じゃあ光輝君ベッドにねて。」
僕はベッドにねる。そしたら次の瞬間3人は身につけていたバスローブを勢いよくはずして僕の横に寝転がった。
ノースリーブスのナマのスガタが見て取れる。

光輝(みいちゃんの胸って意外に大きいなぁ。こじはるも写真集も発売してるからすごくセクシーだ!
そして僕の推しているたかみな!
小さいけどしっかりとした体つきだからもうメロメロ??。)
光輝がそんなことを思っていると興奮して一物が勃ってきているのが分かった。
小嶋「私達の体きれい?」
光輝「は、はい。ものすごくきれいです!!」
峯岸「あーーー!勃ってるよ。興奮してるね!!」
光輝「わあ。そ、それは!?」
高橋「それじゃあ舐めちゃおうよ!」
小嶋&峯岸「さんせーーーい!!!」
光輝「え、ちょ、ちょっと」

3人の舌が光輝の一物を刺激させる。光輝「き、気持ちいいです!!」
それを聞いた3人はさらにテンポを上げて舐めてきた。
そして、
光輝「な、何かがでちゃいそうです」3人「おもいっきりかけて??!」
光輝「あ???でる??!」
ドピュ??!!
3人は顔にかかった光輝の液を口に含んでそのまま飲み込んだ。
光輝はいつもとは全く逆の3人の姿に言葉がでない。

メンバーはニックネームで書きたいと思います

たかみな「光輝君、まだ儀式は終わらないよ!」
光輝「え!?」
こじはる「私達の中で一番エッチしたい人を選ぶの」
みぃちゃん「1人だけだよ」
光輝「え!?本当に選んでいいんですね!?」
このときもう光輝には理性がなかった光輝「それじゃたかみな!!」
たかみな「やった??。ひとつになろうね!!」
みぃちゃん「なんでたかみなを選んだの?」
光輝「実は僕たかみなを推してるんだ!だからたかみなとエッチできるなんて幸せだよ!!」
たかみな「本当に!?そんなこといわれたら今回だけ特別サービスしちゃう!」
光輝「じゃあたかみなはじめよう!!」
たかみな「うん!!」

こじはるとみぃちゃんはいつのまにかシャワーを浴びて服を着ていた。
光輝とたかみなはベッドに寝転がった光輝の一物は出したばかりなのでフニャフニャだ。
たかみな「私が勃たせてあけるね!」そしてフェラをやりはじめた。
ジュポジュポジュポジュポ!!
光輝「あ??最高!!」
一物はすぐに勃ってしまった。
たかみな「今度は私を気持ちよくさせてね!」
光輝「わかった!」
つい了解したが何をすればいいのか分からなかった。
光輝「ゴメン。何をすればいいかな?」
たかみな「私のおマ▲コを舐めればいいの」
光輝「あ、そうなんだ」
たかみな「ちょっと光輝君もしかして童貞!?」
光輝「じ、実はそうなんだ。」
たかみな「初めてが私!?じゃ期待しちゃうよ!」

光輝はぎこちないながらもたかみなを気持ちよくさせようと必死で舐める。ペロペロジュルル??!!
たかみな「あ、ああ?ん!!気持ちいい??」
光輝はさらに激しく舐める。
たかみな「こ、光輝君ストップストップ!!」
光輝「え!?」
たかみな「そろそろ光輝君の挿れてほしいなぁ!!」
光輝「いいんですか!?もう挿れちゃいますよ!!」
たかみな「早く早く!!」
ズポッ!
光輝はたかみなのまんこに一気に挿れた。
たかみな「私も動くから光輝君も腰振って!」
光輝「あ、はい」
パンパンパン!!
たかみな「あ、ああ、ああん!!きてるきてる!すごーく気持ちいいよ?!!」
光輝「たかみなのまんこ最高だ??!!」
パンパンパン
光輝「あ、ああ出そうだ!!」
たかみな「中に、中に思いっきりだして」
光輝「お望み通りいっぱい出しちゃいますよ!」
たかみな「ああん!!」
ドピュルル??!!
光輝「はあはあ」
たかみな「ハアハア、光輝君私を推してるんでしょ?じゃ光輝君にだけ特別もう一回エッチしてあげる!!!」

たかみな「私が乗るから光輝君寝て」光輝はすぐ寝た。光輝の一物は今出したばかりだがすでに挿入する体勢になっている。
たかみな「いれちゃいま?す!」
ズズズ??
光輝「たかみなの中締まりがあって最高だよ!!」
たかみな「光輝君のちんちんもおっきくて気持ちいいよ!!」
光輝「やばい!もう出ちゃいそう!」たかみな「光輝君いーーっぱい出してぇ」
ドピュドピュドピュルル!!
光輝はさっき以上にたくさんたかみなの中に出した。
たかみな「光輝君とのエッチ楽しかったよ!!」
光輝「僕もみなさんとの距離が縮まった気がしてすごくうれしいです!」

その後光輝とノースリーブスは何もなかったかのように仕事をこなしているのであった。

初めて書いたんで何か意見をお願いします。
あと麻里子さんの小説ですね。
とりあえず話が浮かんだら書いていこうと思います。

登場人物
篠田麻里子
廉次 AKB劇場の近くで飲食店をしている。現在20才で親は亡くなっている。

ある日、劇場でライブを終えた麻里子はふと思った。
麻里子「そういえば最近、ここら辺は変わったのかな?久しぶりにぶらぶらしようかな」
麻里子は劇場のまわりを見て回った。そしてあることに気がついた。
麻里子「あれ、こんなところにお店なんかあったっけ?ちょっと中に入ろ!」
カランコロン

廉次「いらっしゃいませ。ご注文は…」
麻里子「えっと、私来るの初めてなんでこの店のおすすめのメニューで」
廉次「わかりました。ちょっと待って下さいね」

廉次「できました!うちのおすすめのふわとろオムライスです!!」
麻里子「いただきます![はむ]おいし??い!!卵がすごくふわふわしてる」
廉次「ありがとうございます!ところであなたはどんな仕事をされているんですか?」
麻里子「え!?私のこと知らない?」廉次「え、はいまったく..」
麻里子「少しショックだなぁ。じゃあこの機会に覚えて下さいね。私はAKB48の篠田麻里子ですわかった?」
廉次「え、そうなんですか!?篠田麻里子っていえば中心メンバーの。そんな人がこのような小さなお店に来るなんて。うれしいです!」
麻里子「ありがとっ!私からも2個質問するね。」

[紹介元] エロ体験談 AKBのエロ小説

出会い系で出会った人が娘のの先生

「いけないH体験」を告白をします。

男も40を過ぎると精力も性欲もぐっと減退するものばかりかと思っていましたが、いざその年代に自分がなってみるとさにあらず、回数こそは減ったものの好奇心も性欲も旺盛でその上、それなりの体験・経験も豊富となり「いまが盛り」のげんです。

この度の告白は「禁断の誘惑」とでも申しましょうか…。

小学生の末娘がスイミングスクールへ放課後通っており、帰りは暗くなるので妻が迎えをしおりました。この春務める会社の事情で妻は3ヶ月ほど帰宅が遅くなるということで、その間私が娘を迎えに行くことになりました。

プールサイドはガラス張りになっており、父兄が子供たちのレッスン内容を見学できるようになっていました。終了時間より早めに着いた日にはそこで見学しながら本を読んでおりました。

娘の担当の若い女性の先生は、ひと際私にとって目をみはる存在でした。若々しい身のこなし、白い肌、絞まったウエスト、柔らかそうなバスト、魅力的なヒップ。そんな肢体が濡れた競泳用水着に包まれ、想像をかき立てました。特に水着の下の股間の盛り上がりなど想像しようものならペニスが勃起してしまい、まわりの父兄に悟られないようにしたものでした。

まったく「中年おやじ」そのものです。

妻とお約束のようなセックスをする時、あの先生を思い出しながらしたものです。いつかは抱いてみたいという願望が日に日に強くなりました…が、そこは分別のある大人ですからぐっと堪えていたものです。でも娘から先生の名前を聞いたり、時々そのガラス越しに挨拶をしてみたり、娘のスイミングスクールへの迎えは楽しみなものになっていました。

とある日、思い余って出会い系に登録しました。
そこで先生と同じ年子頃の方に出会い、偶然にも住んでいる所が近所で意気投合し、
会うことになりました。
駅ビルのCDショップで。私がCDを買いながらその彼女を待っていると、突然若い女性に挨拶をされました。どこかで見かけたような気がしましたがわかりませんでした。

けげんな顔をする私に「スイミングスクールの…」

「あっ!」憧れの真理先生でした。まさか私がメールを交わしていたのが真理先生だなんて…
水着ではない真理先生は20そこそこの松浦亜弥似のとてもかわいらしい女性でした。もう年がいもなく舞い上がってしまったものです。

またレジでは、選んだCDがキャンペーン対象品でくじを引くとなんと某グループのペアコンサートチケットが当選してしまいました。

「今日はあたり日だ!」

思わず真理先生に「チケットを差し上げますので彼氏と行きませんか?」なんてかっこをつけてしまいました。

「え?、いいんですか?、うれしぃ?」なんて喜んでもらい…。

〔でも本当はね、違うんだよ〕、〔やっぱり彼氏がいるんだな〕なんて思いながら今日は顔合わせだったのでそのまま寂しく帰宅しました。

数週間後、いつものように娘をスイミングへ迎えに行った時のこと、レッスンが終り娘と帰ろうとした時、後ろからジャージ姿の真理先生に呼び止められました。

「あの…お話が…」

「えっ?」

人目を避けるように「明日、コンサートご一緒して頂けませんか?」

心の中で「ラッキー!」でした。

「仕事がありますので即答できませんが、よろしかったら携帯番号を教えて頂けませんか?」こうなりゃ仕事は後回しなのですが、中年の悪智恵ですね。携帯番号も聞き出してしまいました。

夜、もちろんOK電話を入れ、会場前で待ち合わせをすることになりました。ちょっと年代が違うグループではありますが「まぁ、我慢、我慢」とコンサート会場へ彼女と二人で入りました。

会場の盛り上がりには最後までついてはいけませんでしたが、彼女はそれなりに満喫していたようです。

9時頃会場を出てダメ元で食事に誘いましたら、あっさりOKサインでした。

それなりのホテルの高層階のレストランにて眼下の夜景を眺めながらとりとめもない会話が弾みました。

アルコールはダメだという彼女でしたが雰囲気につられてかワインをそこそこ飲みました。顔色がポッと赤くなりほろ酔いの様子です。目も少し虚ろになってきたような…。

「チャンス!こうなりゃノリも大切だ!」だなんて考え、彼女がトイレに席を立った隙にマネージャーに部屋を予約してもらいました。

やや経ってレジで会計を済ませました。その時ルームキーを受け取ったのは言うまでもありません。

彼女に「大丈夫?少しやすんでから帰ったほうがいいんじゃない」などと言葉巧みに部屋へ入りました。

「夜景がきれいだね」などと言いながら彼女をそっと抱きしめくちづけをしました。

抵抗を覚悟をしていましたがすんなりと舌が絡んできました。

すっと力の抜けた彼女の体を支えるようにベットへ寝かせました。

身体を重ねながら胸をまさぐりました。想像以上にふくよかで柔らかそうな感じがしました。スカートの中に手を差し入れパンティの上から熱がこもった丘をやさしく撫でました。

その中に手を入れると初めて「ダメ!」と脚を固く閉じたのです。

「真理先生、ずっとあなたを見つめていました。いつかこうなることはわかっていました」

彼女は「先生はやめて。やさしくして…」そう言って瞳を閉じました。

そっと脚を開き茂みに奥のクレパスに指を添わすと、既に熱い蜜が溢れ始めていました。

指の動きに合わせて彼女が「あっ。あっ。」短かな吐息をもらしました。クレパスから蜜壺に指を滑らすと熱い肉ひだの感触が伝わってきます。

パンティを下ろすと、薄めの毛が柔らかそうです。おもわず唇を寄せました。クリトリスをやさしく指で剥きながらキスをすると彼女の身体が大きく反り返りました。

「気持ちいいの?」

答えはありません。

「ダメ…ダメ…」かなり感じている様子。

クレパスの花弁やアナルまでを隅々と舌と唇で愛撫しました。もう耐えきれないように声を上げ始めました。先ほどまで固く閉ざした脚も大きく開き、すべてが丸見えです。指もスムーズに膣の中への滑り込ませることができます。

彼女を生まれたままの姿にしました。ペニスはすでにいきり立ち、収めるべき蜜壺に突入せんばかりです。でも焦らず彼女の体のここかしこもしばらく愛撫し続けました。

そしていよいよ蜜壺にペニスの先を合わせました。

先端が少し蜜壺に入ってゆきます。少しきつめの挿入感です。

ゆっくり腰を沈めてゆくと彼女が上ずってゆきます。その小さな肩を押さえ、根本まで押し入れました。

眉間にしわを寄せながら「あ??」と声を漏らしました。

白いシーツを握りしめた彼女の身体に熱い肉根をぶち込んだ達成感に包まれました。

彼女がそう経験が多くないことはわかりました。ゆっくりと腰を動かすと彼女に愛液に浸ったペニスが光を帯びながら出入りします。そのまわりを肉ひだがまとわりつき、なんとも刺激的な光景を楽しみながら突き続けました。

彼女も慣れてきたのか力が抜け抱きついてきました。

やがて「ダメ!いっちゃう、いっちゃう、いく?」と身体が一瞬硬直し、果てました。

おもむろのにうつ伏せにし腰を上げさせ四つん這いにしました。

股間の毛はすっかり濡れ、ピンク色の肉ひだが口を開けています。ペニスをあてがい後ろから挿入しました。今度は抵抗もなくスルリと奥まで届きました。

クリトリスを指で擦りながら浅く深くペニスを出し入れしました。

もう彼女はセックスに浸っており「腰を使ってごらん」というと自ら腰を振りました。

スイミングでレッスンをする水着姿の彼女が重なりました。

こちらもだんだん我慢できなくなり、奥深く突き入れた後、さっとペニスを抜き彼女の白い尻から背中に精液を飛ばしました。

髪にも白いものが飛びました。その夜は2時間ばかりで3回も射精をしてしまいました。彼女は何回果てたのかわかりません。

その後彼女との交際は月1?2回のペースで続いています。

もちろん若い彼氏とのつき合いは続いてはいますが、今ではフェラチオも上手になり、騎上位で感じることもできるようになりました。

今はアヌスを開発中で、もうすぐペニスを入れられるようになりそうです。

スイミングへ娘を迎えに行くことは少なくなりましたが、真理先生は私の精液まみれのレッスンを楽しみにしているようです。

[紹介元] エロ体験談 出会い系で出会った人が娘のの先生

性感マッサージって、スケベ

 時々 ニュースで取り上げられてたりもしている
 
マッサージを受けていながら、弄られる  猥褻な マッサージ
 
私、やられました。
 
下着になってください、と言われ、違和感もなく 下着になって
スリップにパンストだし、下着になって、下向きで 腰とか 首肩をマッサージされて
気持ちいいんですよね
 
でも お尻をマッサージ、受けているし 何も言わずに マッサージされ続けていると
スリップ の 上から お尻 割れ目を指で 擦られ
 
そのまま股間のほうも下向きのままスリップとパンストとで ツルッツリと擦り合わせられるように指で 弄られ
 
それも長い 2分 3分と、スリップの下から手を入れられ パンスト 縫い目です 股間です
膀胱 クリトリスがビンビンするほど 擦られて
パンストから透ける、下着の ビキニ パンティを気にされるように 擦って 覗くし
下向きの内腿 パンストを撫でるし
 
なんと マッサージさん、私の履いている パンスト
 
セクシー 手触りですね ピッチチリして、なんて言うし
 
何も返答しないのも 失礼と思って
 
はい そうですか セクシーですか うれしいわ いつも ハードタイプ パンストなので ピチピチです!なんて
 
パンスト 下げても よろしいですか、ってマッサージさんが 言うんです
 
ピチピチだし 脱いだほうがよかったのか とか思って
下げていいですか?って言われたから、つい はい 下げても 大丈夫です
 
あれ 自分で脱いだほうが よかたのに、
 
下向きのまま、スリップの下から 手を深く入れられ、腰、パンスト ウエストに指がかかり
下ろされる パンスト、お尻から まずい 、腰を持ち上げてと言われ
股間 太股 中央まで下ろされ
言葉で言うのも 悪いと思って、恥ずかしいけど、途切れ 途切れの 声で訴えることにして
あああ ああぁ ああっぁ
って声を出して訴える声を出し
 
ああ ああぁ あああっぁ
 
持ち上げたスリップ腰 股間をベットに密着するように下ろしたら
 
ああ あああ ああっぁ
ベットと私の 股間の隙間に マッサージさんの 手が 入っていて 恥ずかしい ポリ100パーのストレッチ ビキニ股間の下に
ああ ああっぁ あああ
 
パンティ ビキニ マチ部の股間 辺りを 指で弄るし
 
恥ずかしいことを言う マッサージさん
私の 履いている パンティ 覗いて、透けて セクシー とか言うし
小さなストレッチ ビキニだし、伸ばして履くと透けるし
 
とにかく言葉では 言うのも 難しいし ああ だけで訴えて
 
ああ あああ あああ ああっぁ あああ あああっぁ
下向きで頭を持ち上げて 髪を振り乱すほど 嫌だわ って思ってもらうほど 声も出し
 
ああ亜ああ ああっぁ
 
パンティを裏返されるように あああ お尻の 下まで パンティ 下げられて
 
ああ亜あああ ああああ
 
指が オオマ オマン オオマンコに
 
ああ ああああ
指が 入っちゃった マンコに
 
あああ ああああ あああっぁ
 
腰を持ち上げられた 瞬間
ああ ああああああ ああああ
 
マッサージさん なんと ペニスを出していて
 
ああ ああああ あああ あああ
 
腰を持ち上げられたスリップの下から 吸い込まれるように マッサージさんの 太い 硬い ペニス
ああ ああ ああ
 
オオマン オマ オマンコにススポンと入ってしまって
 
あああ あああ ああああ
頭を上げ 髪を振り乱し 大きな 熱狂するほど あああ って声を出し 訴えているのに
 
まずいいわあ まっさーじさん ペニス マンコに入れたまま ああああ 精子液が 滴れているようで
ネッチャンしてくるし
あああ ああああ あああああ あああぁ
4分 5分 とマンコをペニスで悪戯され
ああ あああ ああああ あああぁ ああぁ 
 
いっちゃった いいっちゃった
を声で 訴えるのが難しくて
でも
あああ ああああ ああああ
いいちゃったと、表現しました。
お尻 スリップ お尻を 振り回し 嫌がって いるような 雰囲気が 気持ちいい 動きになってしまって
ああぁ ああぁ ああ ああぁぁ
 
いっちゃった いいぃっちゃう イイクイク いいちゃった
オママンコ ネッチャリ しちゃって 後ろから お尻を 持ち上げられ ピストンされると
液と泡が 噴きだされる ような いいちゃう
下着 膝まで下ろされている スリップ 後ろ 下 から つ突っ込まれ いいちゃった
 
上向きにさせられ、股を手で隠したけど、手を はらわれて
いっちゃった ばかりの オマンコ ネッチャリ 見られるし
上に重なってきて 食い込んできて
ああぁ ああっぁああぁ あぁぁ
顔を大きく左右に 動かし いっちゃう イイク いっちゃた
 
私のような、毎日 オナニしている エロ好き女 スケベ好き女で しかも何年も男性とされていない 肉体が
強烈に 猛烈に 何十回も いっちゃうし
 
ここで 会話を 求められて
 
どうです 何が 気持ちよかったかな いつかな、とか言われて
 
私は 初めから パンスト 弄られているときから、と返答すると
 
では 下着を 直しましょう
 
下げられた パンスト ビキニを持ち上げ 履きなおし
 
あああ あっぁ あっぁ あっぁ
 
履きなおした パンストの上から 股を 擦られるだけで
 
ビキニ マタマチ裏まで 湿っているし ヌルリし
クリトリス 膀胱先が パンストの上から 指で刺激されるだけでビキニ内側の股が
ああっぁ ああっぁ ああっぁ
パパンティ ストッキンウグ 上から弄られるだけで いいちゃった
 
すすごい性感 マッサージで、受けて よかったけど
 
私のような 欲求不満 スケベ好き女性は
近いうちに もう一度 受けたほうがよいと言われ
翌々日にも受けました。
 
もともと 感じやすくて すぐに いっちゃう 私
二度目のほうが さらに 何度も いっちゃうし 肉体 オマンコが開拓されるようなんですけど、とマッサージさんに言ったら
 
暫く続ければ 欲求不満も満たされ 気持ちが ラクになります、と言われたんです。
 
私 身長 156センチ
体重 42キロ
ウエスト 58センチ
スタイルは悪くはないんですけど
男性が 求めたくなる やりたい と思われない年齢を過ぎてしまったんですね、オナニだけで過ごしたくなかったので、性感マッサージ刺激に行ってます。
 
マッサージを受ける前は
ランジェリー シースルー ビキニ下着を履き 自己満足
でも
受けるようになってから
ちょいエロ ビキニを 見られる 撫でられる パンティ 下に手を入れられ 触られる
股から ビキニを裏返される 下ろされる
 
って、男性にされると、ちょいエロ パンティーを履いてて 興奮して
ストレッチの透けるポリ100パー素材のビキニを履いてたり
先日は、ないろん ビキニを履いて受けました
そうなんです、ストッキング素材です、ストッキング パンティの上から指で 弄られると 入っちゃって
液で湿ると ストッキング パンティー 弛んで 吸い付くし 股周囲から オオマンコ ストッキングがヌルリし
数分 弄られたら オマンコにストッキング パンティ 入っているのに、いっちゃった。
その股を見られた、マンコにストッキング ビキニ パンティが指で入れられたまま いっちゃった様子
しかも なんか マンコ しゅわしゅわあぁ しててなにかストッキング ネッチャリして 泡 噴いてしまった
ストッキング パンティの上からでもクリトリス 膀胱先を 刺激されると
あああああっぁ あああ あああっぁ
足を広げるし 嫌だわあ と思っても
パックリした オオマンコにストッキング ビキニごと指が入っているのに いいぃいちゃった。

[紹介元] エロ体験談 性感マッサージって、スケベ

強制近親相姦 3

この話は「強制近親相姦 2」の続編になります。
同タイトルの話が別にありますので注意してください。同タイトルがあると知らずにこのタイトルをつけてしまった事をお詫びします。

妹とはあれ以来ずっと会話をしていない。妹の体内に3回も射精してしまったのだから当然だ。どう話していいのかわからない。
俺のかおりに対する怒りは最大限にまで達し、高3のときに久々に妹と交わした会話の第一声が
「俺、仕返しする」
妹の目からは涙がポロポロ出てきた。
「私も一緒に行く」

この言葉を待ってたんだ・・。俺にはすぐにわかった。
俺達はどうなてもいい。ただ、かおりだけは絶対に許せない。この想いだけは同じようだ。
俺は復讐を誓ってからその為にバイトで稼いだ金を下ろして早速準備を備えた。
俺達が受けたのと同じ屈辱を味あわせてやりたい。俺はいろんなエロビデオやエロ本で見た道具を揃えた。
アンマ器、ローション、ロープ、そしてスタンガン。

かおりは高柳と交際している。ものすごくラブラブらしい。これもまた俺の怒りを高める要素だ。
そして狙うはかおりの誕生日。高柳と一緒にいないはずがない。
スタンガンをポケットに入れ、購入した道具を箱で包んで誕生日プレゼントらしく包装してかおりの家に向かった。
いきなり妹と一緒に現れた俺らを不審そうに見ていたが、今までの事を誤りたい。誕生日プレゼントを受け取ってほしい。とのことを口実に家の中に入れてもらった。
そして家には誰もいないことを確認すると妹と顔を合わせて無言でうなずいた。
そしてかおりの部屋には高柳。完璧じゃないか・・・

そして部屋に入ると俺は土下座して謝罪した。そんな俺に対してかおりは
「あなた達もう1回ここでセックスしてよ。そうしたら許してあげる」

OK.俺の怒りは最高潮に達した。
高柳に向かってスタンガン発動。高柳はあっという間に意識を失う。
それを見て声も出せずに震えているかおり。
「今まで散々いたぶってくれてありがとよ!今日はてめえに仕返しをしに来たんだよ!何がセックスしろだ!?調子に乗ってんじゃねぇぞこのやろう!」
スタンガンをかおりに向けて
「脱げ!」
あんなに強気なかおりがびびってる。快感だった。
「さっさと脱げよこのやろう!」
かおりの目つきが怖くなった。
「ふざけんな・・」と言うが恐怖で声が小さい。
スタンガンをかおりの前でバチバチっとさせるとついに
「脱ぎゃいいんだろ、ちくしょー!」と言って制服を脱ぎだす。
その間に高柳を裸にして俺を縛ったときと同じように縛る。
かおりはパンツとブラだけの姿になって、そこからは手が進まないようだ。
俺はかおりに近寄ってパンツの上からまんこを触る。
かおりは腰を引くがスタンガンをバチバチさせて「てめえの意識ふっ飛ばしていじくりまわしてもいいんだぜ」と言うと抵抗をやめて「ちくしょー」とつぶやきながら俺を睨む。
俺は右手の人差し指と中指の2本でパンツの上からまんこをいじる。
もう我慢できない。
「悪いけど縛らせてもらうわ」
高柳の対面に椅子を持ってきてそこへ座らせ、脚を思いっきり開いた状態で縛り上げる。
そしてブラを剥ぎ取った。
綺麗な乳首だ。。性格は悪いが、かわいいだけの事はある。
俺は乳首に見とれながら顔を近づけ、そっと乳首を口に含む。
「あっ」
「ん?なんだ?乳首が気持ちいいのか?乳首が気持ちいいらしいから一緒に舐めてやろうぜ」と妹を呼び出し二人で同時に乳首を舐め始めた。
「あっ、くそっ・・」時折声を出しながら体をモゾモゾさせている。
その時、高柳の意識が戻った。
「てめえ!かおりに何やってんだよ!ぶっ殺すぞ!」

スタンガンを持って「おめえは静かに見てろよ!騒ぐとちんちんちょん切ってやろうか?」などと散々脅して黙らせた。
そして再びかおりのとこへ行って「そろそろ天下のかおり様のまんこを見せてもらおうかな」と言ってパンツに手をかける。
「見たきゃ見りゃいいだろ、クズが!」
気の強い女だ。。
パンツをハサミで切り裂いて抜き取った。
さすがにかおりは顔を横に背けて目をつむっていた。
「きれいなまんこだな?。クズで変態男に見られる気分はどうだ?」と言って指でまんこをパックリ開いたりして弄っていると次第にヌメヌメしてきた。
「変態男に触られて欲情したのか?この変態女が!」
「そうそう、今日はお前にプレゼント持ってきたんだよね」と言って箱からアンマ器を取り出す。かおりの目が恐怖の目に変わった。
「これ、そうとうすごいらしいぜ?。お前の為に働いて買ったんだからよく味わえよ」
スイッチを入れるとブルルルルルルルルという音と共にものすごい振動だ。
ゆっくりとかおりのまんこに近づける。
「や、やめろ・・・」
かおりのまんこに押し付けた。
「あああっ、や、やめろ!」声を震わせながら言うかおり。
5分くらい押し当てていただろうか。かおりの体にものすごい力が入ってきた。
「ん?どうした?もしかしていっちゃいそうなの?」とにやけながらかおりに言う。
「天下のかおり様がいくところ、ぜひ見たいな?」
かおりはずっと唇を噛み締めて俺を睨んでいる。
「てめえは絶対許さねえ・・」「くっ・・」
絶えているが限界がきたようだ。
「ちくしょー!ちくしょー!!」と声を出した後、体をビクンッ、ビクンッとさせてぐったりして息をはぁはぁいわせながら俺を睨む。
「なんだ?いっちゃったのか?そんなに気持ち良かったのかよ、ハハハハ」
尚もかおりのまんこに当て続ける。
「女っていいよな。何回もいけるんだろ?」と薄ら笑いをしながら強くあんま器を押し付ける。
かおりは言葉の意味が理解できたようで息をハァハァ言わせながら、ひたすら「この野郎」とか「ちくしょー」と連呼しながら俺を睨む。
そして「ううっ・・、くっ・・・、ぜ、絶対お前を許さねえ」と言って体を大きくビクンッ、ビクンッと痙攣させる。
「おお、もういったのか?今回は早かったな。次はどうかな?」とあんま器を押し当て続ける。いった後の敏感になったまんこにあんま器を押し当てられ続け、常に体をピクピクさせている状態だ。
しかし、喘ぎ声は出さすに俺を睨み続ける。
なんて気の強い女なんだろう・・・

そしてまた「ううっ・・、くそっ、ちくしょーー!!」と叫び、俺を睨みながらも体を大きくビクンッ、ビクンッとさせる。
そして妹に交代してもらって俺は冷蔵庫に向かった。
普通の家庭なら大抵ある物。そう、きゅうりを発見して部屋に戻る。
そのときかおりはまたもや体をビクンビクンさせ、絶頂に達したところだ。

「お前いいよな?、何回もいかせてもらって。これなんかどうだ?」と言ってかおりの前にきゅうりを差し出す。
「ふざけんじゃねえ!」と睨むかおり。
「そっか、好物か?ならあげようかねえ?」と言ってきゅうりをかおりのまんこに当てがってゆっくりと沈めていった。
「うっ」
体をビクッとさせながらも俺を睨み続けるかおり。
そしてきゅうりをかおりのまんこで出し入れさせた。
すでに4回絶頂に達したかおりのまんこはかなり敏感で、出し入れする度に体をビクビクさせている。
「まさかきゅうりなんかでいったりしないよなぁ??きゅうりなんかでいったら超変態だな」と言いながら動きを早くする。そして、同時にクリトリスを指で弄ってやる。
「うう、うう」
「あーーー、くっそーー!!!」と意思とは反していきそうになるかおり。
「きゅうり好きなかおり様、いっちゃえよ!」
「クッ、うぅーーーーー・・」と快感を堪えながら体をビクンッ、ビクンッとさせた。
さすがに5回連続でいかさせたかおりはグタっとなってうつろな状態になった。

「もう我慢できねえ」
俺はズボンとパンツを脱いで爆発寸前のチンポをかおりのまんこに当てがって腰を沈めていった。
にゅるっと奥まで入ると征服感というか達成感みたいなものが込み上げてきた。
ついに、あのかおりのまんこへぶち込んだ・・
そしてめちゃ気持いい。入れただけでいきそうだった。
かおりは放心状態で抵抗の意思はまったく見られず、遠くを見つめている。
「おい、かおり、見えるか?俺のチンポがお前のまんこに入ってるぞ!」
徐々に腰の動きを早くする。
「あ??、しかしお前のまんこ気持ちいいな?、もういっちまいそうだ」
わざとかおりを煽るように言いながら腰を動かす。

チンポを出し入れする度に込み上げる快感。この快感を維持したいという気持はあったが、それ以上に射精欲のほうが大きく、チンポを抜いてかおりの顔面に射精してやった。これ以上ない征服感だった。

その時、入り口のドアが開いて誰かが帰ってきた。
「ただいま?」と声がする。

「ほぅ、お前 弟がいたのか?」とにやける俺。
かおりは何をするのか察知したのか
「てめえ、もういいだろ?」
「弟ちゃんここへ連れて来いよ」と妹を向かわせる。
「お前、近親相姦が好きなんだろ?人にやらせるばかりじゃなくて自分でやるのもいいんじゃねえか?」
「おいっ、まじでそれだけは勘弁してよ!ほかの事なら何でもするから!」と涙目になってきたが
「もう遅いって」
ドアをノックする音。
妹がかおりの弟の両目を手で塞いで入ってきた。
かおりはバレるのが嫌なことと、恐怖心で声が出ずに、目を大きくして状況を見守るしかなかった。
かおりの弟をかおりの正面に座らせる。顔はかおりのまんこの正面だ。
かおりは無言で首を振って助けを求める。
「祐樹君(かおりの弟で高1)って女性の裸とか興味あるよね??見たことある?」と妹が言う。
「え?、見たいとは思うけど機会が無いし?」と笑いながら言う。
「見せてあげよっか?」
「ええ?本当に?」
そんな会話が続く中、かおりは涙をこぼしながら首を振る。

「そんじゃ手を離すよ、よ?く見てね?」とゆっくりと手をどかす。
「いや?????!!」と顔をのけ反らせるかおり。
祐樹の目は一瞬姉の顔を見たが、すぐさま目の前にあるかおりのまんこに釘付けになった。
「祐樹!見るな!!」と涙を流しながらかおりが言うが、祐樹は初めて見る女性の性器に釘付けになり、耳に入ってないようだ。
「ほらっ、これが女の子の性器だよ、よ?く見て」と言ってかおりのまんこをパカッと広げる。自分の弟にまんこをじっくり見られる。こんな屈辱は味わったことがないだろう。
優越感に浸っていると妹がさらに追い討ちをかける。
「ほらっ、ここを指で擦ってあげるとお姉ちゃんよろこぶよ」
祐樹の指を持ってかおりのクリトリスに当てがう。
祐樹は言われるがままにかおりのクリトリスを弄る。
「うっ」と声が漏れる。
「ここがおちんちんを入れるとこだよ?。ほらっ、祐樹君の指を入れてあげて」
かおりが追い討ちをかける。
祐樹が指をかおりのまんこに当てると
「祐樹!や、やめ、うぅっ・・・」
にゅるっと祐樹の指が入った。
「祐樹君、その指を出し入れしてあげて。クリトリスを弄るのも忘れないでね」
祐樹がかおるのクリトリスを弄りながら指を出し入れする。
指を出し入れする度にグチュグチュと音がする。

「ゆ、祐樹・・・も、もうそれ以上は。。あっ・・や、やめっ・・」
声を震わせながら必死で止めるように促すかおり。
「ありゃりゃ?かおり弟にまんこ弄られていきそうなのか?弟にされていくとこみんなで見てやろうぜ」とわざと声に出していう。
「ほらっ、お姉ちゃんいきそうだからもっと指を早く動かして!お姉ちゃんの顔よく見ててね!女の人が絶頂に達するとこだよ」
祐樹は指の出し入れを速くした。
「て・・てめえら・・見るんじゃねえよ! 祐樹、やめろって・・」
みんながかおりに注目する中
歯を食いしばっておもいっきり耐えるかおりだったが
「ああーーーーー、だめっ!!」と言って身体をビクンッ、ビクンッとさせた。
「あ?あ、弟にされていっちまいやがった。弟は気持ちよかったか?」
泣きそうに顔を歪めながら俺を睨んでくる。

「私がいいことしてあげるからズボンとパンツ脱いじゃいなさい」と言って祐樹のズボンとパンツを脱がせる妹。ビンビンに勃起している。
「ほらっ、こうすると気持ちいいでしょ?」祐樹のチンポを握って扱き出す。
5回くらい扱いたところで祐樹が「ううー」と唸って下を向いた。
「ん?いっちゃいそう?しょうがないっか、経験ないもんね。もっと気持ちいい事教えてあげる。あなたのお姉ちゃんが言ってたんだよ」
祐樹のチンポをかおりのまんこに当てがう。
「性器を擦り合わせると気持ちいいのよね?かおりさん?」
俺がやられたことをそのまま再現している。
ここまでくればかおりもこの後どうなるかわかるであろう。
「ま、まさか・・そんな・・やめてよ・・」かおりは泣き出した。
「それだけは許してください。他の事なら何でも」
「調子のいい事言ってんじゃないよ!」と言って祐樹の腰をグッと押し出す妹。
「いやぁ????????!!!!!!!」
にゅるっと祐樹のチンポがかおりのまんこの奥まで突き刺さった。
「ホラッ、気持ちいいでしょ?腰を前後に動かしてごらん」
弟が腰を前後に動かす。
2?3回動かしたところでかおりが
「祐樹! や、やめて!お願いだから」と言った瞬間、
「ああっ!」と唸って腰を突き出してビクンッ、ビクンッとさせる祐樹。
「あ、あんたまさか・・嘘でしょ・・」
「あ?あ、かおりのまんこがあまりに気持ち良いんで、中で出しちまいやがったな」
かおりは号泣している。
「ほらっ、祐樹ちゃん、もっと腰を動かし続けて!」
祐樹は萎える事無く2回目に突入した。
そして2回目もかおりの中で絶頂を迎えた。
この時点でかなり満足した。

ふと高柳を見ると虚ろな目をしてチンポが破裂寸前に勃起している。
妹が近づいて「あ?あ、かわいそうに・・こんなになっちゃって、彼女が犯されてるとこ見て興奮しちゃったんだ?」
と言って高柳のチンポを握ってグイッと下に扱き出したとき、
「ああああっ」
ドピュッピュピュピュッ・・
「え・・・?・・・アハハハハハハハ、何この人?触っただけでいっちゃったよ?」
高柳は恥ずかしくて顔を背けたが
「そんなに気持ちよかった?もっとしてあげよっか?」と高柳の顔を覗きこみながら高柳のチンポを扱きだす。
「どう?気持ちいい?」と問う妹に
「き、、気持ちいいです・・・」と情けない高柳。
5分くらいで「で、出そう・・」と言う高柳に妹は手を離して
「もっと気持ちいい事してあげる」と言って祐樹を連れてきた。
「祐樹君気持ち良かったでしょ?今度はお姉ちゃんの彼氏さん気持ち良くしてあげなきゃいけないからちょっと協力してね。またお姉ちゃんとやらせてあげるから」
姉とのセックスしか頭にない祐樹は頭を縦に振った。もう一度やらせてもらえるんなら何でもやるといったとこだろう。
妹はローションを指にたっぷりと付けて祐樹のアナルを弄った。
それを見た高柳は
「お、おい、嘘だろ?冗談はやめてくれよ」と引きつった顔をしている。
「ちょっと慣らしておかないとね」と祐樹のアナルを弄った後、指を入れてゆっくり出し入れした。
「どう?気持ちいいでしょ?」
「うん、変な感じ」
「おい!聞いてんのかよ!へ、変なこと考えるんじゃねえぞ!」
「うるさいわね?・・あ、こっちもローションたっぷりと付けときゃなくちゃね」
高柳のチンポにローションを垂らして擦り込むように扱く。
「何だかんだ言ってこんなになってるじゃん」とうれしそうに扱いている。
「で、出ちゃうっ」
「おっと」手を離して「これ強力なのね、祐樹君おいで?」
高柳のチンポを支えて祐樹とゆっくり結合させる。
「お、おい!!まじでやめろって!!!た、頼むから!!」
にゅるっといとも簡単に入った。さすがローション!
「さ、腰を上下に動かして、なるべく速くね!」
祐樹はスクワットをするように腰を上下させた。
「お、おい!!まじでやめろって!!!ああーーーー、出ちゃう出ちゃう出ちゃう出ちゃう!!!!」
「あらぁ??高柳君、かおりさんの弟で感じてるの??出しちゃえ出しちゃえ!」
「ち、ちが・・ちょっ・・ああああぁああああ」
高柳が腰をビクンッビクンッとさせて射精した。
「ああ??、弟さんの中で出しちゃった?。変態だー!」と笑う妹。

さてと、最後の仕上げとばかりに榊原を電話で呼び出した。
山本はなんだかんだ言って今も友達なので許す。と言っても後々聞くと俺に近づく為に利用されただけらしい。
そして榊原到着。俺からの電話を不審に思ってか連れを二人連れてきやがったが、まぁ、こちらからすれば好都合だ。
部屋に入るなり驚いた表情で目が点になっている。でも視線はかおりのまんこに・・
「お、お前何やってんの?」
「まぁ、聞けって。お前がかおりを好きだった事は知ってるよ。これは一生に一度のチャンスかも知れねえからやっちまえよ」と榊原を煽る。こいつはかなり、かおりの事が好きだったのは知っている。

「榊原君、お願い、助けて!!」と泣きながらかおりが言うが榊原の返事はズボンとパンツを下ろす事だった。
「かおり・・俺、ずっとお前の事が好きだった・・」とかおりに近づく。
「ちょっと、変な気起こさないでよ!!来ないで!!」
高柳は勃起したチンポを握りしめ、かおりに挿入していった。

「どうだ?弟や同級生達にぶち込まれる気分は?ざまぁみろ!」と言い残して帰る事にした。
そうだ
「おい、かおりの裸を写真に撮っておけば一生かおりとやりまくれるかもよ?」と言ってかおりの家を出た。
その後どうなったかは知らない。

帰り道、妹が「すっきりした。ありがとう」と言って1年ぶりくらいに妹の笑顔を見た。

ここで終わるはずなんだが俺は駄目男で、さっきの事を思い出すと欲情して押さえ切れなくなり、同時に去年の妹との事も脳裏によみがえってどうしようもなくなり、妹の部屋に向かってしまった。
部屋に入ると妹が「どうしたの?」と聞いてくる。
妹を見ているとあの時の妹の裸や、妹のあそこ、そしてこの妹の中に3回射精したことが鮮明に思い出してきて妹に近づいた。もう止められなかった・・
「た、頼む・・・俺どうにもなんないんだ。もう一度、もう一度だけ抱かせてほしい」と言ってしまった。
当然妹は「駄目。もう忘れよ」と言ってきたが妹に迫って、「本当に最後だから」と強く言い、妹の胸を服の上から掴んだ。
困った顔をしていた妹は「わかった。その代わりキスは駄目。あと服は一枚も脱がないから。恥ずかしいし。服の上からなら少しはいいけど・・・」

言ってみるもんだと思って妹を抱きしめた。当然言いつけは守るので脱がしたりしない。服の上からだが、柔らかい胸の感触を味わった後、俺の手はあそこへ。
もう我慢できなくなってズボンとパンツを脱いで横になり、妹にシックスナインを要求した。
恥ずかしがっていたが受け入れてくれ、妹は口で俺のチンポを咥えてくれた。
そして俺の目の前には妹のあそこが。。当然パンツは履いているが、十分に興奮できた。
俺のチンポを咥えて頭を上下する妹。目の前にはパンツ越の妹のあそこ。もういついってもおかしくなかった。
パンツの上から妹の割れ目をなぞっているとどうしてもこの布の向こうが見たくなった。
でも駄目って言われてるし・・でも我慢できない!
駄目元でパンツの縁を摘んでゆっくりと横にずらしていく。妹は抵抗しない。
やった。目の前には妹のまんこが露わになった。1年ぶりに見る妹のまんこ。
そして濡れている。もうすぐここに入れれる・・・と思うと不覚にも一気に射精感が込み上げてきた。
(や、やべえ!)俺は慌てて妹のおしりをパンパン叩いて「もういいよ」と言った。
しかし妹はやめようとしない。聞こえてないのか?
(あ、出ちゃう出ちゃう!!)
そして再び妹のお尻をパンパン叩いて「ストップストップ!!」と慌てて言うと妹は口を離して手で握り、猛スピードで扱き出した。
「え・・?あっ・・駄目!」
ドピュピュピュピュッ・・・・ いってしまった。。。

すると妹がティッシュで拭きとってくれて「やっぱり兄妹では駄目だよ。今回は仕返ししてくれたご褒美。スッキリしたでしょ?もう二度と無いからね」
と笑顔で言われると何も言い返せなかった。逆に自分のした事の後悔だけが残った。

この話はここで終了。
この後の事だが、かおりも高柳も二度と学校に来ることは無かった。
噂で聞いた話だが、産婦人科から出てくるかおりを見たとか、あの後かおりは榊原にしょちゅう呼び出しを受けているとか、かおりの弟の友達がしょっちゅうかおりの家を出入りするようになったとか色んな話が飛び込んでくるが本当のところは知らないし、今となってはどうでもいいことだ。

長くなりましたが読んでいただいた方、本当にありがとうございました。

[紹介元] エロ体験談 強制近親相姦 3

成長遅いとこんな恥ずかしい検査受けることもあるって、かわいそうな

私は中学時代、胸が全然発育しませんでした。というか、生理も始まら
ないし第二次性徴が無かったんです。

中2の3学期に行った修学旅行の時にお風呂に入ったら、皆は胸も大人
みたいになってるし、ヘアも生えてるのに、私だけお子さまの胸で下も
なんにも生えてない。仲間だと思ってた「私も胸ないよ? (´Д⊂ヽ」
って言ってた友達も、ちっちゃいけど胸の膨らみはあるし…。
背も低いほうだったので、中学生のお姉さんのとこに間違って入ってきた
小学生って感じ。後の日もお風呂に入るのが鬱で、一番少ない時間を狙っ
て、コソ?リ入浴しました。

やっぱ自分はどこかに異常があるのかもと悩んでたら、中3の春の身体
測定で「専門の先生に診てもらったほうがいいかも」と言われてΣ(゚д゚lll)ガーン
校医さんと保健の先生と色々と話をして「満15歳になっても生理も胸の
発育もなかったら、専門医の診断を受けましょう」ってことになりました。

中3の夏、体育の時に胸に違和感を感じて、家に帰ってから上半身裸に
なって自分の胸をよく見たら、乳首が少し腫れたようになってて、下に
シコリができてました。少し押してみたら「痛い!」。
これがオッパイが大きくなり始める時にできるやつか!ヽ(*´∀`)ノ
ちゃんと女の子だったんだとちょっと一安心。

中2の時から意味無く着けてたハーフトップが、やっと役立つ時が来ま
した。それからゆっくりとだけど胸も大きくなりはじめて、中3の終わ
りぐらいには、ヘアも少しだけ生えてきた。でも、生理は………こない。
結局、初潮が無いまま中学を卒業して3月の終わりに15歳に。
胸もAAカップぐらいしかなかったけど、高校生になってハーフトップは
恥ずかしいからAカップのブラ買ってパット入れて着け始めた。

私は、胸もヘアも人より遅かっただけで、ちゃんと成長し始めたし、
生理もあと少し待てば…って思ってたんだけど、母親がはすごく心配
してたみたい。

高校の入学式から1週間ぐらいたった朝、母に「お父さんの友達の
お医者さんから専門のお医者さん紹介してもらったから、早く帰って
きなさい。」って言われた。
放課後、家に帰ってたら母が支度をして待っていて「時間が無いから
すぐに出るよ」と制服のまま引っ張られるようにしてタクシーへ。

とある大きな病院の小児科病棟の中にある思春期なんとかってとこに
連れて行かれて受け付けを済ますと、すぐに呼ばれて看護師さんに
採血をされました。
それから、待合室に戻って少し待っていると、また名前を呼ばれて
今度は先生のところへ。待っていたのは30歳半ばぐらいの男の
先生でした。

まずは、生年月日とか体の状況を聞かれたので、胸の発育が遅かった
ことと、生理がまだ無いこととを話しました。
「性交経験はありますか?ご両親にも絶対に話さないから正直に答えて」
と聞かれて赤面したけど「まだありません。」と正直に。
問診が終わって「それじゃ体を診るから上を脱いで」と言われて、
入り口近くの脱衣カゴのとこで制服とブラウスを脱いで戻ると
「胸を診せてもらうから下着も取ってね」と。

男の先生に胸を見られるのも恥ずかしかったけど、ブラのホック外し
たらパットが落ちちゃって「このコ見栄はっちゃって」とか看護師
さんに思われてるんじゃないかっていうのも恥ずかしかった。

普通に聴診器をあてられた後、「胸の様子診るから、少し触るね」と
まだ乳輪のまわりが少し膨らんでる程度の胸を、指の腹で何か探る
みたいに触られた。もちろん男の人に触られるの初めてだからめっ
ちゃ恥ずかしくて…。最後に軽くつかむというか揉むみたいにされ
て、ちょっと痛いって言ったらそれで終わりました。

「胸はちゃんと発育始まってるね」って言われたんで「どのぐらい
大きくなりますか?」って聞いたら「発育が始まったばかりだから
まだ大きくなると思うよ」と言われた。
それで「上はもういいよ」って言われたから、手近にあったブラだ
け着けてたら。
「次は下を診せてね」って…………。キイテナイヨ……。

「スカートはそのままでいいから下着だけ脱いで、ここに横になって」
と普通の診察ベットを指さされて、できれば逃げたかったけど仕方ない
からショーツ脱いで横になりました。
「膝を立てて少し開いてね」ってできるわけないじゃん…

膝は立てたけど、開けないでいると、看護士さんが無言でグイっと…。
(;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
自分でも真剣に見たことないのに。
恥ずかしさと「汚れてないかな」とか「匂いとかしてないよね」とか
「こんなことだったら体洗ってきたかったよぉ」とか頭の中グルグル。
なんか先生、大事なトコを開きながら真剣に覗き込んでるし。

でチツのとこまできたら「器具を入れたりしないから、心配しないでね」
とか言いながら指で思いっきり広げてるしーーーーー。
涙出そうなのを我慢しながら「先生、痛い…。」「もう少し我慢してね」
みたいな会話をしたと思う。

やっと恥ずかしい格好から開放されたと思ったら「超音波で子宮とか卵巣
の様子を見るから」とスカートを腰のあたりまで下ろされて、下腹部にアル
コールのゼリーみたいのを塗られました。
超音波の機械を滑らせたり、少し押しつけたりされながらしばらく見た後
「性交経験があれば膣から超音波の機械を入れるんだけど、できないから
お尻から指を入れて、後ろと前から挟んで子宮の大きさを診ます」。
ありえないってば、それもできないから!!!!!!

結局スカートも脱がされて、身につけてるのは靴下とブラだけになって、
お尻にクリームみたいのを塗られて………指を入れられちゃいました…。
さすがにこらえきれなくて大粒の涙が出てきて泣いてたら。
「つらいだろうけど、もし何かあっても、早く治療をすれば治るものも
あるからね。我慢してよく調べようね。」って言われても耐えらんないっ
てば。まだ男も知らない15歳の女の子に。

拷問のような時間が終わって診察の結果は、
「外陰部の発育が遅いようだけど、子宮や卵巣は正常のようなので、生理が
こなければ半年後、来ても発育の状態を診るので一年後に来てください」
でした。

でもさぁ、それから一カ月もたたないうちに生理はじまってね。
あんな超ハズイ検査しなくても良かったじゃんって真剣思ったよ。

[紹介元] エロ体験談 成長遅いとこんな恥ずかしい検査受けることもあるって、かわいそうな

銭湯にて

私が、中学1年の話です。
毎週、金曜日にほぼ定番にお父さん弟二人私四人で、銭湯に出かけてました。

もう小さい頃からです。
お母さんは、家の片付けを理由に行きませんでした。

なんで、いつも男湯に入ってたんです。。全然周りの目も気にせずに家族で、
小さい頃からなんで、男のアレも見慣れて何ともナシ!

今、思えばたまに私の裸を見てアレをイジッテルおじさんもいてました。
だって、弟達とはしゃいで遊んでいたので、幼いながらも丸見え。

小6で、薄らと毛も生えていたので、ロリコンにはたまらないでしょう
身長は、130cm無かったと思いますし、胸は膨らみかけですが、
昔の家族旅行の露天で取った写真を見ると、手のひらに収まるサイズはありますね。
(今は、Dカップ有ります)(身長148)(体重40前後)(幼児体型)

お風呂の端にM字開脚でいるとアソ●の前におじさんの顔がありましたよ。
それにでっかくなった「チン●」を目の前をブラブラ通り過ぎるなんて普通。
大抵そのとき、お父さんは洗い場なんで、気付いてない感じ。
私も、性に関しての認知が無く、今思えば、ホント恥ずかしい話です。

話は戻り、中学になると試験があり、塾で帰りが遅くなった金曜日。
お父さん達待ってくれてたんですが遅く先に行ったので
追いかけ、銭湯に行ったんですが、入り口ですれ違い。
仕方なく一人で入る事になったんです。
いつものように男湯の脱衣場で服を脱ぎ中へ。それが失敗。

ジロジロ見られてる感じは、有りましたが気にもせずにゆっくり浸かり
身体を洗い流して、二階にある露天風呂に行きました。

狭い町中の銭湯なんで、露天と言っても狭い。
入ると少しお酒に酔ったおじさんが、5人入ってました。
割り込んで、座った時にお酒の臭いがしたんです。

私が入ると驚いたみたいで、しばらくすると話かけて来たんです。
歳を聞かれ、なんで男湯に入ってるとか話しているうちに
おじさん達なんだか楽しい話をして来て、ドサクサに話ながら
私の身体を触り始めました。
まだ、恥かしいとか思わない、私でした。
くすぐったいと無邪気にしてたんです。
段々エスカレートになり、背中に脇やオッパイや足の指を舐めだしました。
それでも、私は遊んでもらってる間隔だったんです。

笑ってはしゃいでいると、足を広げられて、チ●チ●付いてないよねーっと
言いながら生え始めた私の毛を触りだしたのです。
もう、その時点で、5人のおじさんの手が、私の身体中を触っていたんです。

可愛いね。綺麗だね。お利巧さんだと優しく褒められて
私は、なんの抵抗もなく、悪戯三昧され。
なんか、気持ちいいよなんて言ってたと思います。
M字開脚状態で、アソ●を観察され、両方のオッパイは吸われ凄い状態です。
後ろ向きにさせられて、お尻穴のシワを数えたり、ホクロあるとか舐められたりと
大人に囲まれて、なんかおかしいと思ったけど、私は身を任せるだけ。

露天にあるベンチに仰向けに寝かされて、大人5人による前戯が始まりました。
堅いやろうと「ち●ち●」を握らされて、言われたようにシコシコしてました。
それも、二本も同時に。。握ってる私もスベスベして、触りここちは良かった。
凄く夢中で、シゴイてたと思います。

オッパイは、触られ舐められ、あそ●も同じ。
全身舐め回されてる感じでした。今とは違う気持ち良さですが、
気持ち良かったです。寝そうになりました。

アソ●に指がぐっと入ってきて、痛いとビックリしたら、我慢だよ?
って言って、イジクリ出す、私も最初だけ痛かったので、我慢できてました。
今度は、お尻の穴に指が入ってきたんです。
力を抜いて?と指を抜いたときにウン●が出たんです。
今、思うと恥かしい姿です。

おっ出てきたと言って、ウン●座りにさせられ出しなさいと言われ出しました。
それも、おじさん達が、口の中に私のウン●を受け止めてたんですよ。
食べたんです。私のウン●をみんなで、美味しいと残さず。
ええ食べてる?と驚くのもつかの間、今度はオシッコも飲んだ。
また、ええっと思いながら寝かされて、私の顔にまたがりチン●を食べてと口に入れてきた。
咥えてモグモグしてました。口が裂けそうですが、冷静にチン●を味わう私。
ほんと言いなりなるしかないのです。分かります。

ボチボチ私のアソ●もほぐれてきたらしく、私もそんな感じかなーっと思った。
結構、ヌルヌル濡れてるのが分かりました。
さぁいくよって言われたとき、先に口の中に温かい液体が出てきて、ノドが詰りそうに
それでも、吸ってくれと言われて無我夢中に吸いました。
アソ●に入れられる瞬間に口のおじさんが先に出したんです。
今度は、右手のおじさんが私の顔にかけて、また吸ってくれと吸わされて、
顔を上げて全部、飲んだんです。私はなぜだか必死です。

バタンと寝た瞬間、今度は、アソ●に熱い物がブチ!と入って来たんです。
少し入るたびにブチ。。ブチ。。とおじさんが、膜が切れてると言いました。
本当にそんな感じでした。少し痛かったですが、私は息を吸って我慢したました。
回りのおじさん達も、頑張れと励まして、手を握ってくれてたんです。
奥まで、ゆっくり出し入れして、一回抜いて、血まみれのチン●を見せてきました。

そして、私に良かったね。おめでとう。とか声をかけ頭を撫で撫でして、
これは、メデタイ「血」なんだよ。舐めなさい味わいなさいと舐めさせられて、
血を味わさせられました。
タオルで、アソ●を拭いて、このタオルは記念に持って帰りなさいと言ってた。
(持って帰りました)

はぁーっと落着いたのも、つかの間で、ここからが本番の始まりなんです。
また、私のアソ●に入れ始めたんです。ガンガン激しく!
締り過ぎで、チン●が痛いよ。小さいなぁと嬉よとかなんとか言ってたような

また、口にもチン●を咥えさせられ、苦しくて涙が出る。
アソ●中は熱くて、感覚が無い感じです。。もちろん気持ち良くないです。

回りでシコシコしているおじさんは、出るときに精子を吸わせるし
5回は吸い尽くしたと思います。

小さな私を持ち上げ、立ちながら私をほり投げては、チン●が刺さり
マン●のキャッチボールだと楽しんでました。
完全にオモチャのように扱われて、フラフラになりグッタリ状態。

それも、つかの間、今度はお尻の●に入って来たんです。
入った瞬間、ギャー!と声が出ました。痛過ぎです。
ぅぅ。。ぎゅう。ぎゃ。と何を言っているか分からない声を出し。

立ちながらの体制で、前と後ろから、ズボズボ犯され気が遠くなりそう
おじさんに捕まるので、必死でした。
しばらくするとベンチに寝かされて、一発目の中だし!

また、次のおじさんが、ガンガン突いてきて、二発目!
もうその辺から、覚えては無く、お尻の中にも出された。
何回出されたのかは、どうでも良くグッタリした私は感覚も無く
終るのを待つばかり、いつまでも揺れている私が次に気が付き起こされ
おじさん達にアソ●とお尻とどっちが気持ち良かったと聞かれ、お尻と答えた。
本当はどっちに入っていたのか、分からない。

帰るから、いこうかと言われて、意識を持ち直して回りを見渡すとビデオがあり
撮影されたみたいです。今日はおじさん達、露天を貸切で借りてたのも、
脱衣場で服を着せてもらってるときに聞きました。
8時に来た私は、帰る頃は夜中の2時を過ぎてました。
銭湯の閉店時間です。隠されるように連れ出されて、歩けない私をおんぶして
おじさん一人家まで、運んでくれました。
家は私のことは、忘れてたのか電気は真っ黒でみんな寝ている様子

裏の勝手口から、入らないといけない。
おじさんにありがとう。と言うと最後に一回といいながら
玄関先で、全裸にされまた、2回出されて最後に一言、
おじさんもう、止めて、ごめんなさい
と言うと、有り難うと言って去って行きました。

しばらく、裸のまま玄関前でグッタリと歩けない。
服を抱えながら這いつくばって、裏から入りベットに辿りついたのが
朝の5時、アソ●の中も痛くてお腹痛いし、お尻も痛い
身体中がボロボロ、その日から2日学校を休みました。

休みの間、この出来事を横になりながら、ノートに書いて置きました。
記念のタオルも有ります。

その後、同じように一人で、男湯に入ることが有り
触られる程度の悪戯されるので、お母さんに話したら
銭湯に行かなくなりました。
それ以降、私は性について知ることになります。
なんか、銭湯に行ってチン●が見れないと寂しい気持ちになり

それから、親にはナイショで、中3までたまに銭湯にいって
オシッコを見えるようにしたり、マン●を開いたりと
私の裸で、勃起したチン●を見にいってました。

私のHな体験の始まりです。

[紹介元] エロ体験談 銭湯にて

10年以上セフレの人妻看護師ミカ

10年くらい前に交通事故で足を骨折して入院。
相手が100パーセント悪かったのと、どっかのお嬢さんだったみたいで、示談してくれと大金積まれた。
保険会社から出た分と合わせて年収5年分くらいの金額になったので、すぐに示談成立。
病院の一番いい個室に入れてくれて、差額ベッド代も出してくれた。

その病院で担当してくれた看護師がミカ。すでに結婚していて俺の2個上だから32、3才だったかな?
細身でサバサバした性格だった。話も合ってそれなりに話をしていた。
入院していると当たり前だけど溜まってくる。入院して3週間くらいだったか、夜の見回りきたミカに冗談交じりであー溜まってるわー風俗いきてーなんて言ったら、抜いたげよっか?って言ってきた。
冗談だと思っていたからノリいいねーと思いながら、口でやってくれたら1万出すよ飲んでくれたらもう1万って答えたら、次の仮眠時間に来るって笑いながら出て行った。

本気にしてないから、そのまま寝ていたら、小声で起こされて布団まくられていた。
ミカはびっくりしてる俺のパジャマのズボンとパンツをずらして

「飲んだら2万だよね?」

とにっこり笑って、俺のをしゃぶり出した。
ミカは顔も悪くないし、久しぶりにしゃぶられてすぐにバッキバキになった。

「くっさい…ほんまデカすぎなんやの」

と言いながらもミカはしゃぶり続けた。ぶっちゃけ下手くそだけど、人妻ナース服補正と溜まってたんですぐにでた。ミカは顔をしかめて本当に飲み干した。

「溜めすぎやろ、濃すぎて喉詰まるかとおもたわ」

上気して赤くなった顔がエロかった。

その日から三日に一回抜いてもらっていた。ああいう時、個室って便利だよなあ。
早くマイホームのローン返済に、金が欲しかったみたいな事を言っていた。

それから一月くらいして退院した。ミカは非番の日だったから、特に挨拶もなく家に戻ったら携帯に見覚えのないアドレスがあった。連絡したらミカのサブアカウントのメアド。

何度かやりとりして、ミカの夜勤明けに初めてラブホに行った。
旦那も夜勤ありの仕事だから、ちょうど重なってバレる心配もなかったみたい。

30すぎにしては綺麗な体していた。手入れもしているようで、肌も綺麗だった。
ひと通り前戯して、ゴム着けて挿入したら狭い狭い。
入り口辺りは柔らか人妻らしいフワフワなんだけど、途中から狭いし痛がるしで、出し入れ出来ずにゆっくり馴染ませていった。

「おっきいおっきすぎやだおっきい」

呻きながら言うんだけど、20センチくらいだからそんな大っきくないけど優越感?みたいなのはあった。少なくとも旦那よりはでかいって事だろ。
ゆっくり腰回していたら、馴染んできたみたいで中がやわやわに解れてきたから、ゆっくり根元近くまで入れたら奥に当たった。

「刺さってる刺さってる奥きすぎ刺さってる」

軽くパニックみたいになって痛がってたけど、しばらくすると良くなったみたいでビクビク痙攣し出して。

「抜いてなんかくるなんかくる抜いて!抜いてって言うてるやろ!」

ミカは海老反りになって泣きじゃくりながら潮吹いた。白眼剥いて10分くらい逝きまくってエロかった。

その日から月三の頻度で一回二万で会ったけど、途中から金は要らないと言い出した。
ミカが妊娠した頃だったと思う。

時期考えたら、夢中でやりまくってゴム忘れた時あったから顔真っ青になったけど、ミカは特に気にもしていない風だった。女つえーわ。
結局、ミカは臨月まで働いて月一でラブホ通いも続いた。

長女生まれてからはしばらく会わなかった。育児してんだから当たり前だけど、1年くらいしたらまた会うようになった。子連れでホテル入るの抵抗あったけど、アレはアレで興奮した。
数年後、もう1人くらい欲しいなーとミカが呟いて、その日はめちゃくちゃセックスした。

それから、会わない時期はあったけど10年以上、ミカは看護師を続けているし、ミカの夜勤明けに月三回ラブホ通いも続いている。

この前、娘たちが似てきたねーと言われて顔真っ青になった。

最近、一番興奮したのは旦那が会社の慰安旅行で長女を連れて旅行に行った時。
初めてミカの自宅に入った。次女はよく眠るようで、夜8時に寝たら、翌日6時まで絶対に起きないと言われたがビクビクしながら、ミカの自宅に上がり込んだ。

途中まで心臓ばくばくしたけど、キッチンやミカの旦那との寝室や子供部屋のドアに手を突かせてバックでやるのに興奮した。いつもは着けないエロい下着だったミカもかなり激しかった。
危ない日と言われたのに、生で思いっきりやって五回も奥に出してしまった。

「まー出来たら出来たで」

女つえーわ。

[紹介元] エロ体験談 10年以上セフレの人妻看護師ミカ

巨乳の友達

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。

昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。

ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。

医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。

待合室は空いていて僕たち以外には誰もいなかった。「先に身長体重など計りますんで○田さん(←あつし)こっちにはいってください」といわれあつしが入っていった。

かなこと話をしているとあつしの入った部屋から、「178センチ」しばらくして「78キロ」「つぎ胸囲計りますね…87センチ」「腹囲…」と聞こえてきた。僕はあつしって思ったよりも体重あるんやなとか思っていてふと気がついた。これはかなこの胸囲などもわかるんじゃないか…と。

かなこは身長は小さくちょっとぽっちゃりだけど胸は大きい。男だけで話す時は話のネタにしたりもしている。僕はかなりドキドキしていたが、それをかなこに悟られないようにしていた。

あつしが戻ってきて次はかなこが入っていった。あつしに、「中で話してる内容丸聞こえだったぞ。もしかしたらかなこのも…」というとあつしも興奮したようだった。

案の定あつしの時のように中での会話は丸聞こえだった。「じゃあ服脱いで身長体重計のってくださいね」「身長が…154.7、体重が54キロ」看護婦さんの声が聞こえる。
「じゃあ次胸囲と腹囲計るからブラジャーはずしてね。」僕はこのあたりでかなり興奮していた。あつしもそんな感じで顔を見合わせていた。

「はいじゃあちょっと失礼しますね」看護婦さんの声が聞こえた。「胸囲…103センチ」
胸囲103!?巨乳だとは思っていたが思った以上だった。あつしと小声で「かなちゃん何カップなんやろ?」と言い合っていた。

かなこが終わりその後僕が測定を受け、順に内科の診察があり、その日は帰りました。

それから何日かたった日のことです。あつしから電話がありました。「○村(僕のこと)プールいこうぜ、みんなで。」「みんなって誰よ?」と聞くと、「かなちゃんとあと女の子誰か誘って」といいました。よくよく話を聞いてみると、かなこの水着姿が見たいと言うことでした。というわけでかなこと仲がよい綾を誘って、4日後プールに行くことになりました。

大阪のとある大きなプールへ行きました。電車で計1時間ちょい。頑張りました。このプールにいくために、いや、かなちゃんの水着姿を見るためにわざわざ水着まで買いに行きました(笑)女の子2人も水着は持っていなかったらしく2人で買いに行ったと行っていました。電車の中で綾は「かなちゃんの水着姿はセクシーだもんね、2人とも悩殺されるなよー」て言っていました。「そんなのされるわけないじゃん」と言いつつも僕は考えただけで大興奮でした。

プールに着き、更衣室出たとこで待ち合わせねといって男女分かれました。僕とあつしは心持ちダッシュ気味で着替え、更衣室を出たところで2人を待ちました。

待つこと5分くらい…ついに2人がでてきました。綾は黄色のビキニで大きな花柄が入ったやつを着ていました。腰はきゅっとくびれていました。胸は前から予想していた、よいうか元彼がBカップといっていた通りあまり膨らんでいませんでした。ビキニの上は
首からかけるタイプのやつでした。かなこは薄い水色のビキニを着ていました。やっぱり予想通り胸はかなり巨乳でした。普段からそう思っていた以上に大きく前につきだしていました。綾のように腰がくびれているわけではないのですがちょっとだけむっちりした感じがたまらなくエロかったです。ビキニの上は綾のように首からかけるタイプではなく肩と背中にストラップがあるタイプでした。

この姿をみただけで満足だったのですが、僕たちにとってラッキーだった事件が起こりました。もう1時間くらい泳いだ頃だったでしょうか…あつしが僕に「かなちゃんブラのストラップ外れかけてない?」と耳打ちしてきました。よく見るとブラのホックのところがズレてあと少し引っかかっただけになっていました。

あつしは「そろそろ俺ちょっと泳ぎ疲れてんけど、スライダーいかね?」といいました。僕の方に軽く目くばせを送りながら。そしてスライダーの階段を上っている時、あつしは「俺最初でいい?やっぱ男が最初いかんとね」と言いました。そして順番はあつし→僕→綾→かなこという順になりました。

まずあつしが滑り降り、次に僕が、そして綾が下りてきました。このスライダーはけっこう急で、綾は「あんた達こんなんやってポロリでもしたらどうするん!」と冗談ぽく言っていました。そしてついにかなちゃんが滑り降りてきました。スライダーの勢いで水中に投げ出され、水中に頭まで沈みました。そして髪をかき上げながら顔を水面から出しました。そして立ち上がった瞬間事件は起きました。

かなちゃんが立ち上がった瞬間、いや立ち上がりきる前に綾の「かなちゃん胸!!!」という声。そう、かなちゃんのビキニは胸の上までズレ上がっていました。かなちゃんの胸は丸見えです。予想通りの大きなお椀型の胸。乳首は小さめで色は薄め。乳輪は少し大きめでした。
綾の声を聞いたとたん、かなちゃんは胸に手をあてて水中へ首まで潜りました。とても早かったけど僕たちはかなちゃんの胸を見てしまいました。かなちゃんは顔だけ水面からでていますが、真っ赤な顔をしています。水中でビキニをつけ直し、真っ赤な顔のまま上がってくると僕たちに「見えた?」と聞きまとした。僕は「ううん。」とだけ答えましたが、顔にでていたかもしれません。「あつしは?」とかなちゃんが聞くと、「見えてないで、でも今はちょっと…」といってかなこの胸を指さしました。かなこの左胸から乳輪がわずかにはみだしていました。きっと水中で急いで直したからでしょう。これを聞いてかなこは急いでビキニを直しましたが、また真っ赤になってしまいました。このときの顔が今でも忘れられません。
この日はそのままあと2時間くらいして京都に帰りました。

後々飲み会の罰ゲームでかなこに聞いたところ、かなこの胸はhカップということでした。

[紹介元] エロ体験談 巨乳の友達

堅物の恵利との駐車場での出来事

大学時代、同じクラスに、いつも冴えない女子3組がいた。
3人とも、もっさりしたセーターに長いスカートをはいているような堅物で、
この大学に入ったのは勉強のためだと本気で思っているような3人組だった。
でも、俺は、その中の1人、
恵利は、本当は美人なんじゃないかと前々から思っていた。
だから、何かの飲み会の後、オンボロ中古車で恵利をドライブに誘った。
昔は、まだ飲酒運転がそれほど厳しくなかったし、そんな学生は
いくらでもいた。そういう時代だった。

30分ぐらいドライブをして、公園の駐車場に車を止めた。
いい雰囲気に持ち込むのに、テクなどいらない。
俺は会話を押さえて、徐々に、黙り込むようにした。
恵利は、空気が読めてないのか、それともそんな空気にならない
ようにしようと思っていたのか、車の中でずっとしゃべっていた。
スイスのコルビジェセンターがどうしたとか、
何だかそんなことをいつまでも話していた。
正直、恵利がこんなにしゃべるとは思っていなかったので、
少し意外だったが、俺は、ああそうか、飲み会の後で、
ちょっと酔ってるんだなと、ようやく理解してきた。

イライラしてきた俺は、結局、実力行使で良いんだろという結論に達し、
「お前さあ、本当は美人だよな、ちょっと顔見せて」
と、俺の顔を恵利の至近距離まで近づけた。

普段はメガネをかけていて、あまりよく分からなかったんだが、
間近で見て、確信した。本当に美人だった。
恵利の瞳は、展開が読めなくて驚いていたように見開いていた。
短いまつげがきれいに目の縁を取り囲み、
切れ長の目は、少し汗をかいたこめかみに続いていた。

息を押し殺した恵利から、それでも少し漏れてくる吐息は、レモンサワーの臭いがした。
カーステレオから流れるジプシーキングスが次の曲に変わる一瞬、
車の中に静寂が訪れて、
俺は、きらきらと輝く恵利の薄い唇に、自分の唇を重ねた。

恵利は一瞬、ビクッとして、体を固くした。
俺は、大切なものを守るように、恵利を抱きかかえた。
それは、ちょっと本能的とも言えるもので、
優しく抱いてあげることで、恵利の不安を少しでも取り除いて
あげたかったんだと思う。

意外だったのは、恵利が俺の口の中に舌を入れてきたことだ。
たぶん、何かで読んだか聞きかじったのか、恵利は口づけとは
そういうものだと思い込んでいるらしかった。
ぬるっとした感触が、恵利の口から俺の口に伝わってきて、
俺の股間は一気に硬さをましてきた。

Gパンの中で俺のペニスは、痛いくらいに硬くなってきた。
恵利は、はじめて異性とキスをしているという事実もさることながら、
自ら舌を差し込んだという破廉恥な振る舞いに、
自ら猛烈に興奮しているようだった。

ふだんあれほど堅物でまじめだと思っていた恵利が、
今、俺の口のなかで舌をレロレロと動かしている。
その感触にどの程度、溺れて良いのか、恵利は少し
とまどいつつも、自分の中に呼び覚まされた猛烈にいやらしい
情欲をもはや押さえきれないようだった。

俺は、ふいに唇を離し、
「お前、本当はいやらしいんだな」と耳元でささやいた。
恵利は少し泣きそうな顔をして、俺から目をそらす。
俺は、もう一度、唇を重ねて、今度は俺の方から、
恵利の口の中に舌を差し込んだ。
と同時に、恵利の胸に手をやり、服の上から、
少しなでさするように恵利の胸に触れた。

恵利は堪えようとしても堪えきれないといった調子で、
鼻息を荒くする。
俺は恵利の胸を揉む手に力を加える。胸全体を大きく
回転させるように、大きく大きく揉みしだく。
恵利は、俺の手の回転運動に呼吸をあわせるかのように、
口からも息をもらしだす。

「本当にいやらしいな」、耳元でささやくと、
恵利は小さな声で「イヤ」と反応する。
ここからは、速攻だ。
まず、恵利の上着とスカートの隙間から、右手を服の中にすべりこませる。
恵利のほっそりとした脇腹から、背中に向けて右手をすべらせ、
ブラのホックに到達する。
ブラのホックを外すのに2、3度手間どったが、それも外し、
ブラの内側を撫でるように、今度は、恵利の脇の下から、右の乳房に到達。
見かけによらず、たっぷりとした重量感のある乳房を、今度は
少しやさしくもみしだく。
手のひらに固くなった恵利の乳首を感じつつ、恵利の乳首をころがすように、
右の乳房全体をもみしだく。

「ああ」 恵利の口から、はじめてエロい声が出る。
「感じるのか」
「・・・」
「感じてるんだろ」
「・・・・・・」
「いいんだ、それで」
右手を微妙にスライドさせ、親指と人差し指で、かるく乳首をつまんでやる。
それがスタートの合図であるかのように、
「ああああ」と恵利が声をあげはじめる。

その間、俺は、恵利の首や頬や耳たぶや瞼や額に、
繰り返し繰り返し、キスをし続けた。
それから、乳房を揉む手を、恵利のスカートにホックに滑らせる。
案外、スカートのホックは簡単に外れて、恵利のウエストが露わになる。
「いやっ」
「何がいやなの?」
「あ、あたし少し太ってるから」
「こんなの、太ってるうちに入らないって」

恵利を俺の方に抱き寄せて、恵利の腰を浮かす。
と同時に、スカートをずりさげる。
堅物の恵利のパンツなどすっかり中学生みたいな子どもっぽい
パンツなんだろうと思っていたが、意外にも、恵利のパンツは薄紫色で、
とてもエロかった。
「いつも、こんなパンツはいてるの?」
「え、ああ、普通だよ、はあ、こんなの」
「いや、それは普通だろうけど、お前にしては意外だな」
「・・・」
「だろ?」
「わたしのこと、すっごい真面目っ子だと思ってたんでしょ?」

恵利は、いきなり、俺のいきりたったジュニアを、Gパンの上から
さすりだした。少しは手慣れてることを示そうとしたんだと思うが、
実際には、力が入りすぎていて、少し痛かった。
それで、俺は恵利の手を少し脇にのけて、
ベルトとボタンを外し、Gパンのチャックをおろした。
俺は、トランクスから飛び出しそうになっているジュニアを、
完全に外界に解放した。

恵利の手を、いきなり飛び出した肉の塊にもっていくと、
今まで経験のない得体の知れない感触を確かめるように、
恵利は俺のジュニアを強く握ったり、離したりしはじめた。
「す、すごい、おっきい」
「どうだ、いやらしいだろ」
「あと、熱い」

本体とそれを取り巻く皮という二重構造に興味がひかれるらしく、
恵利は本能的にジュニアをしごきだす。
「う」
不覚にも声をあげた俺を見逃さず、
「え? 気持ち良いの?」
「もっと先っぽの方も、今みたいにして」
「ん? こう」
「あああ」
俺は、少し大げさに声をあげてやった。
「ね? 気持ち良いの? 気持ち良いの?」
「ああ、気持ち良い」
「ん? 先っぽから何か出てきたよ」
たぶん、こういうことも本能的にプログラミングされてるのか、
恵利は、ジュニアの先から出てきた汁を亀頭にぬりたくる。
「おお」
今度は、本当に、強烈な快感が襲ってきた。
恵利は、少し狂ったように、ジュニアを握る手を動かし出した。
たぶん、恵利自身、猛烈に興奮していたんだと思う。

俺は、お返しとばかりに、恵利のパンツの中に手を入れた。
想像どおり、あり得ないというほど、パンツの中は洪水状態に
なっており、股間部分はまるで熱い飲み物をこぼしたようになっていた。
こんなの、どう触っても大丈夫そうだなと思った俺は、
適当に中指と人差し指を恵利の穴の中に押し込む。

「あああああ」
今までの流れからは信じられないほどのトーンと大きさで
恵利は声をあげる。
中指と人差し指を適当にかきまぜる。
「あああ、あああ、あああ、あああ」
かきまぜる回転運動に反応して、リズミカルに喘ぎ声をあげる恵利。
少し手首にスナップをきかせて、回転運動と同時に穴の上壁を
押し上げる動きをプラスすると、恵利は腰を動かし出した。
「エロいな」
「あああ、あああ、あああ、いわないで、はあ、はあ」
「お前は、本当にエロイな」
「いやあ、あああ、あああ、あああ」
「お前、授業の時とか、真面目な顔しながら、エロいこと考えてるんだろ」
「あああ、あああ、いや、考えてないって、はあ、はあ」
「いや、考えてるね。少なくとも、明日の外国語講読の時間には思い出すね」
「はあ、はあ、何を? あああ」
「指を入れられて、腰を振って、よがっていたってことをだよ」

回転運動、手首のスナップに加えて、手のひらでクリも押し込む。
また別に快感が恵利を襲い、体を少しねじるようによがる。
「んんんーん、いやああ、ダメ、ダメ、ダメ」
「何がダメなんだよ」
「ダメ、あああ、もう、本当にダメ」
「何がだよ」
「あああ、なんか、なんか、出てくる、熱いのが、熱いのが」
「それはお前がエロいって証拠だよ」

今まで遊んでいた左手を、恵利の背中からまわし、
恵利の上着の下に滑り込ませる。そして、左手で乳房を揉む。
「ああ、もういじめないで、いじめないで、ねえ、あああ」
「いじめてなんかないだろ、お前はこういうのが好きなんだ」
「いやあ、もういやあ、あああ、あああ」
「気持ち良いって言ってみなよ」
「いや、はあ、はあ、はあ」
「気持ち良いんだろ、気持ち良いって言ってみなよ」
「・・・・・はあ、はあ、はあ」
サディスティックな欲望がふくれあがった俺は、いきなり手首を
ぐりんと反転させ、今までクリの裏側を押し上げていた人差し指、中指で
今度は肛門の方を押し上げる。たぶん、ここまで濡れてなかったら
痛かったと思う、この乱暴な動きが、恵利に最後の一線を飛び越えさせた。

「ああああああ!、気持ち良い、気持ち良い、気持ち良い、ああああ、」
「それだけか」
「あああ、ダメえ、もう死にそう、死ぬ、死ぬ、死ぬ、あああ」
「お前、明日、外国語講読の時間、発表、あたってるだろ」
「え? あああ、あああ、はああ、はああ」
「もう準備できてんの?」
「え、う、うん。でも、なんで、こんな時にそんなこと言うの?」
「今、俺は穴を乱暴にかきまぜたからな、」
「・・・・」
「だから、お前は、明日になっても、股間の奥底に俺の感触を感じ続ける」
「・・・・」
「穴の中が少し痛くて、クリがジンジンしているはずだ」
「・・・・」
「俺は、そんなことを考えながらお前を見つめる。」
「え?」
「それで、お前は俺の視線を感じるたび、股間の感触を思い出す」
「何、やらしいこと言ってるの?」
「やらしいのはお前だろ」

「恵利、ティッシュもってる?」
「え? 何に使うの?」 恵利はティッシュをバックから取り出す。
「今から出す」
「え?」
「見てろよ」
俺は、これ以上ないくらい固く突き上がったジュニアを、
ゆっくりしごき出す。
「やらしい。。」
俺は、恵利に見せつけるように、手を大きく上下させる。
恵利は、駐車場の車の中で、男がジュニアをさすっているという
状況に興奮しているようだった。
「ほら、恵利も、自分の、さわりなよ」
「え? そ、そんなこと、したことないし」
「嘘つくなよ」
俺は左手で恵利の右手首をつかみ、そのまま恵利の右手を
恵利の股間に導いた。
「ほら、ほら」
「いや」
「自分で、自分のクリを触ったり、穴に指を入れたり、」
と、そこまで言ったところで、恵利はクリを小さく揉み出した。
少し面白かったのは、恵利が俺のジュニアとオナニーを見つめる
真剣なまなざしが、まるで、授業中の恵利の真剣な表情そっくり
だったことだ。俺は、授業中の恵利の顔と、恵利がクリを愛撫する様に
興奮して、堪えきれなってきた。

「ねえ、いきそうなの?」
「ああ」
「いくとき、精子、出てくるの?」
「そうだ」
「ああああ」
何に興奮したのか分からないが、恵利が喘ぎ出す。
「白いのがドクドクと出てくるぞ」
「はあ、はあ、はあ、」
「見たいか」
「いやあ、はあ、はあ」
「一緒にいくぞ」
と俺が言って、ジュニアをしごくスピードを速めると、
恵利もクリをさする手をスピードアップさせた。
「はあ、はあ、はあ、あああああ」
恵利はいつの間にか、左手を服の中に入れて、自分の乳房を揉んでいる。
「はあ、はあ、いやあ、ああああ、ああああ」
恵利も絶頂に近づいているようだ。
「ああああ、ああああ、ああああ、ああああ」
恵利は軽くまぶたを閉じると、苦しげに眉間にしわを寄せ、
少しずつ体を震わせている。
「ああ、はああ、ああ、ダメ、はあ、ああ、ああ、ああ」
恵利は、いくんじゃないのか。
俺のジュニアをしごく手はますます速まる。
「ねえ、ねえ、ねえ、ああああ、もうダメぇ」
恵利は、体を大きくブルンと震わせると、
「ああああああー」とひときわ高い声をあげて、果てた。
俺も、恵利のいった様をみながら、射精した。
ジュニアは、初発の後、5回も6回もうねりながら、精液を放出した。

その後、ちょうど他の車が駐車場に入ってきて、俺と恵利は
すぐさま服を整えた。それからそそくさと駐車場を立ち去った。

恵利のアパートの前に着くと、恵利は明日の発表の準備が残ってるからと
言って、すぐに車を降りようとした。
俺は、こういう日にはこうするものだといった調子で、
恵利の手をとって引き寄せ、恵利の唇にキスをした。
恵利は、今度は決して流されまいという感じで、俺を軽く押し戻した。
俺が「じゃあ、また明日」と言うと、
それでも恵利は、少し固い笑顔を見せて車を降りていった。

翌日、外国語講読の時間に恵利は発表をした。
恵利は、発表の途中、一度も俺を見なかった。
たぶん、恵利の体には、本当に前日の余韻が残っていて、
だから、俺の顔をまともには見られなかったのだろうと思う。

恵利はその後、彼氏ができたのか、それとも、もしかしたら、
その時からつきあっていた奴がいたのか、ともかく俺とは
そのまま何も発展しなかったんだけれど、
20年近く経つ今でも思い出す、俺のとっておきの青春ズリネタだ。

[紹介元] エロ体験談 堅物の恵利との駐車場での出来事

ハッピーメール出会い系19歳性欲凄まじいセフレちゃん黒い乳首Aカップ生ハメ中出し2発無料エッチ体験談!ハメ撮り撮りまくり!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです!

またまた 19歳性欲凄まじい

黒い乳首のセフレちゃん😍

会ってきました〜😊

セフレなので、もち、無料エッチです😍笑笑

今回も、3発 中出しされて

ぐったりと、5分ダウンしていた

セフレちゃん❣️😍

今回は、後ろ姿をどうぞ❣️😍笑笑

お尻、むちむち❣️😍

下半身、がっちりよ❣️😍笑笑

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系19歳性欲凄まじいセフレちゃん黒い乳首Aカップ生ハメ中出し2発無料エッチ体験談!ハメ撮り撮りまくり!

ハッピーメール出会い系21歳Eカップスタイル抜群OLさんセフレ探してます!エッチ上手な方セフレなってください!生ハメ中出し2発やった!セフレは合格か?不合格か?体験談!笑笑

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです❣️😍

3月に入って、あったかくなってきましたね!

ハッピーメール出会い系は、

3/6 あたりから、まったく釣れません😭😭😭

アポも、2人入ってたんやけど、

当日に、2連ちゃんで、

ドタキャンされて、最悪でした😭😭😭

出会い系は、やはり、釣れまくる時、

釣れない時とあります😭😭😭

いまは、釣れないときが、きてしまいました😭

釣れまくるときは、1週間に毎日7人エッチ😍

釣れないときは、まったく釣れません😭😭😭

ガンガンメールして、

釣れるまで、メールします!😳笑笑

さて、今回の女の子は、

3月の頭に会った、

21歳のOLさん❣️😍

めっちゃエロい感じの、

スーツ系の感じで来てくれたわ❣️😍笑笑

おっぱいは、Eカップ 巨乳ちゃん❣️😍笑笑

この子も、お金は興味なく、

エッチ大好き、性欲まんまん❣️😍

セフレを探してるらしい ❣️😍笑笑

とにかくエッチ大好きで、

エッチの相性が合う、

エッチの上手なセフレが欲しいらしい😳笑笑

ハッピーメールで、

もう、2人会って、エッチしたらしいが、

27歳と、30歳と、エッチしたらしい😳

が、2人とも、早く出ちゃうわ、😳

エッチは、上下じゃないわ😳で、

却下らしい😱😱😱

そんで、私が、40代後半やけど、

ハッピーメールには、38歳となってる😳笑笑

セフレの面接で、会うことになった

体験談 始まりみーす❣️😍笑笑😳

さて? セフレは合格💮💯

したかな〜?😳笑笑😳

春、まだ、ちょい寒いけど、

セットアップのスーツで、

めっちゃ 決めてきた、21歳 巨乳ちゃん❣️😍

やる気まんまんだわ〜❣️😍

エッチ確定なので、

会って、5分で、ホテルへ❣️😍笑笑

お風呂いっしょに、入って、

電気を暗くしようとして、

お尻丸見えの、巨乳ちゃん❣️😍笑笑

今回は、セフレのテストなので、

前戯に、たっぷりと、

時間をかけて、❣️😍

クンニ、10分、生まくり❣️😍笑笑

クンニ、電マ、やりまくり❣️😍笑笑

もうダメれす〜❣️😍😍😍

早く入れてください〜い❣️😍😍😍

まで、来て、

じゃ、フェラしてみるか〜😍笑笑

うん😍する😍笑笑

ふふふ😊

セフレ 決まったな!笑笑😳

と、余裕で、フェラさせて、

ちんこ、生で、いん❣️😍笑笑

生は、なんも言わないので、

前回の、2人も、生ハメか?😳

と、聞いたら、

うん。😳

1人は、外だしで、

もう1人は、中出し、許しちゃった😍笑笑

らしい😳😳😳

おいおい😳

性病、大丈夫なんか?😳😳😳

わかんない😳

なったら、病院いくから、いいよ!😳

とのこと、😳😳😳笑笑

生が、めっちゃ気持ち良いらしく😳

ゴムつける人には、

生で、良いよ!❣️😍

と、言うらしい😳😳😳 やばっ!😳

ほとんどの人は、

まじで〜❣️😍笑笑

と、喜んで、生でハメるらしい😳笑笑

が、たまに、数名は、

性病怖いから、ゴムつけるよ!😳

と、ゴムハメもいるらしい😳笑笑😳

みなさんは、生ハメ、やっちゃいます?😳笑笑

私は、もちろん、生ハメ 決めたわ❣️😍笑笑

性病は、めっちゃ怖いけど、

生は、めっちゃ気持ちいいかんね〜❣️😍笑笑

生で、ガンガン 振りまくったわ❣️😍笑笑

今回は、セフレテストなので、

数時間前から、

実は❣️😍笑笑

バイアグラ、飲んで、スタンバイしてたのよ❣️😍笑笑

なので、ちんこは、

めっちゃ ギンギン❣️😍

めっちゃ ガチガチ❣️😍笑笑

しかも、膨張率も アップ⤴️して、

ちんこ、かなり、でかい❣️😍笑笑

これは、セフレ決まったわ❣️😍笑笑

生で、めっちゃ 振りまくる❣️😍笑笑

あぁぁ〜ん😍 やばいですぅ〜❣️😍😍😍

セフレ、なってくれる?😍笑笑

うん😍

なって欲しいです❣️😍笑笑

ふふふ😊 もらったわ❣️😍笑笑😳

もうダメだわ〜❣️😍笑笑

出すよ〜❣️😍😍

うん😍 出して〜😍😍😍

そのまま 生ハメのまま

めっちゃ 中出し〜❣️😍😍😍

え〜😍

出しちゃったの〜?😍

うん😍 中に出ちゃった😳😳😳笑笑

まっ、いーけど〜😍

気持ち良かったから〜😍😍😍

前回のひとも、出したんやろ?😳笑笑

うん😍

中出し 気持ちいいから、いいよ❣️😍😍😍

無料エッチ 生ハメ 中出し

いただきました〜❣️😍😍😍笑笑

このあと、

2回戦やる?😳

うん😍やる😍

らしいので、2発目、中出し❣️😍笑笑

3回戦やる?😳 帰る?😳

3回目、やる😍 笑笑

まじかよ〜😳😳😳

でも、セフレ無料のためなので、

3発目 中出し❣️😍笑笑

ホテルに、4時間くらいいて、

もうダメやから、帰るべ〜😳😳😳😭

うん。いいよ〜😊

すっきり、満足して、お帰り〜😳😭笑笑

駅まで送って、

セフレ合格なら、また会ってよ❣️😍笑笑

うん😍 もち、合格💮💯💮😍

カカオ 連絡するね❣️😍😊

やったぜ〜❣️😍笑笑

また、セフレ増えちゃったわ❣️😍笑笑

バイアグラ、買わないと〜😳笑笑

その後、連絡しても、

既読になることは、なかった😭😭😭

めっちゃ 頑張ったのに?

何が、ダメだった?😳

顔か?😳 スタイルか?😳

年齢か?😳 おじさんだからか?😳😭😭😭

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系21歳Eカップスタイル抜群OLさんセフレ探してます!エッチ上手な方セフレなってください!生ハメ中出し2発やった!セフレは合格か?不合格か?体験談!笑笑

ハッピーメール出会い系22歳保育士さんむちむちEカップ巨乳めっちゃグラマラスお姉さん生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮りもいいよ〜体験談!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです!

2月は、めっちゃ会えたので、

2月だけで、13人、エッチしました😳笑笑

すごいわ〜😳

めっちゃ ちんこ、疲れたもん😳

この子は2月の後半に会ったお姉さん❣️😍

めっちゃ グラマラスな❣️😍

むちむちボディ〜のお姉さん❣️😍笑笑

22歳 保育士さん❣️😍笑笑

保育士さん、幼稚園教諭さんは、

出会い系では、めっちゃ会える方で、

保育士、幼稚園教諭だけで、

もう、10.20人は会ってるかもしれん?😳笑笑

それだけ多いってこと!😳

それでは、

むちむちボディ エッチ 生ハメ

中出し 2発 無料エッチ体験談

始まりみーす❣️😍笑笑

むちむちの、身体最高やったわ❣️😍

めっちゃ、濃いの2発、中出しよ❣️😍笑笑

最高に気持ちかったわ〜❣️😍笑笑

ごちそうさま〜❣️😍笑笑

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系22歳保育士さんむちむちEカップ巨乳めっちゃグラマラスお姉さん生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮りもいいよ〜体験談!

ハッピーメール出会い系22歳めっちゃ美人Eカップ巨乳グランドホステスさん釣れた!生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮り顔隠せばいいよ!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです!

今回の女の子は、

22歳の 空港勤務の、

グランドホステスさん❣️😍

めっちゃ美人のスタイル抜群きたわ❣️😍笑笑

仕事帰りに来てくれたので、

黒いタイツに😍

黒いワンピース👗できたわ😍笑笑

めっちゃ空港にいる✈️

グランドホステスさんだった😍

体験談 始まりみーす❣️😍笑笑

黒いタイツ、履いたまま

エッチしちゃう?😍笑笑

え〜😳やだっ❣️😍変態じゃん❣️😍😳笑笑

と、言われたので、

黒いタイツエッチは、無理でした😭😳笑笑

コートを脱ぐと、

黒いミニのワンピース👗よ❣️😍笑笑

めっちゃ エッチやる気まんまんよ❣️😍笑笑

かなりの、スタイル抜群だわ❣️😍笑笑

おっぱいも、突き出でるのよ❣️😍笑笑

いっしょにお風呂入って、

エッチスタートよ❣️😍笑笑

この子は、半月前に、

3年付き合った彼氏に振られたらしい😳

めっちゃ寂しくなってきて、

出会い系で、遊んじゃえ❣️😍笑笑😳

で、3日前にハッピーメール登録したらしい😍

100人くらい、めっちゃメールきて

かなり、驚いたらしい😳

やっぱり、男は、エッチするために、

みんなメールしてんのね〜😳笑笑

早いもん勝ちだもんな〜😳

この女の子が、言うには、

たくさんメール来ちゃうから、

下の方、後ろのメールは、

多すぎて、見れないらしい😳😭😭😭😳

最初の5人ほど、みて、

良さそうな人が、私だったらしい😍😊

やはり、早めのメールが、

会えるコツみたいです❣️😍笑笑

皆さん、早めにどんどんメールしましょう❣️😍笑笑

今日は、弾けたいから、

めっちゃエッチしたいです❣️😍😳

とのこと😍笑笑

お泊まりでも良いですよ〜😍

と、お泊まりしたいみたいだが、

明日は仕事なので、

じゃ、4時間くらい、

めっちゃ エッチしようか❣️😍笑笑

うん😍

エッチスタート❣️😍笑笑

めっちゃスタイル抜群だわ❣️😍😳

めっちゃ美人やし〜❣️😍😳

彼氏いたのは、うなずけるわ〜😊

しかも、感度も素晴らしい❣️😍😳

今日は、めっちゃ楽しませてもらうぜ❣️😍

4時間エッチになったので、

バックから、一応持ってきてる

バイアグラを、隠れて飲む❣️😍😳笑笑

15分ほどで、

顔が、副作用で、ほてってくる😳笑笑

あと、鼻がつまってくるのと、

たまに、頭痛もくる😳😳😳

副作用は、あるが、

ちんこは、めっちゃ ギンギン❣️😍

膨張率もあり、めっちゃでかい❣️😍笑笑

バイアグラは、やばいですよ❣️😍笑笑

3回戦、余裕で、できるかんね❣️😍😳

彼氏は、生外か?😳 ゴムか?😳

あっ、私、ピル飲んでるので、

彼氏は、全部中出しでした😊

まじかよ〜😍😍😍

このスタイルに、毎回毎回中出しか〜😍😳

彼氏、最高じゃんな〜😍😳

なんで、振ったんやろ?😳

私もわかりません😭😳笑笑

本日、生ハメ中出し 3発決まりました❣️😍笑笑

たっぷりと、中出し決めます❣️😍😳

ハッピーメール さいこ〜❣️😍笑笑

生ハメで、ゴム使ってないから、

パネルのとこに、ゴムあるでしょ?😍笑笑

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系22歳めっちゃ美人Eカップ巨乳グランドホステスさん釣れた!生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮り顔隠せばいいよ!

ハッピーメール出会い系色白のFカップ爆乳むちむち20歳大学生きたわ!生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮りもオッケー!体験談!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです❣️😍

めっちゃ スタイル抜群の

Fカップ爆乳 幼い大学生きました❣️😍笑笑

ものすごい、ボリュームのおっぱいでした😳笑笑😍

めっちゃ 揉みまくりの

ハメ撮り撮りまくりました❣️😍笑笑

それでは、体験談 

始まりみーす❣️😍笑笑

おっぱいは、隠したけど〜😳笑笑

では、お待ちかねの〜

おっぱいは、こちらです❣️😍

さぁ❣️😍

皆さん、拡大してください❣️😍笑笑

拡大できました?❣️😍笑笑😳

色白で、めっちゃ良いおっぱいだったわ〜❣️😍

がんがん、揉みまくりよ❣️😍笑笑

手に、食い込んでたわ❣️😍笑笑

では、そろそろ

おっぱい、食い込む、揉みまくりの

ハメ撮りは、こちらです❣️😍笑笑

今回は、めっちゃ写メ と

ハメ撮り 撮ったので、

どんどんアップ⤴️するので、

たまに、見にきてね〜❣️😍笑笑

ホテルは、もちろん、

いつもの、階段のホテルね❣️😍笑笑

この子は、めっちゃ良い身体してたわ〜❣️😍笑笑

また会えそうな感じなので、

また、中出し、やらせてもらう予定よ〜❣️😍笑笑

こーゆー、スタイル抜群の女の子が、

出会い系は、釣れるから、

ほんと❣️😍 

やめられないわ❣️😍笑笑

皆さんも、ハッピーメールで、

美味しい思いしてくださいね❣️😍笑笑

こちらから、登録すると、

ポイント付くので、

それで、1人は、釣れるかもですよ❣️😍笑笑😳

めっちゃ ええ、おっぱいだわ❣️😍笑笑

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系色白のFカップ爆乳むちむち20歳大学生きたわ!生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮りもオッケー!体験談!

ハッピーメール出会い系19歳Dカップ性欲やばいわ!3人目のセフレちゃん生ハメ中出し2発3発目は出来なかった体験談!笑

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです!😍

3人目のセフレちゃん❣️😍

19歳 Dカップ性欲やばいセフレちゃんと

2回目会ってきました〜❣️😍笑笑

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系19歳Dカップ性欲やばいわ!3人目のセフレちゃん生ハメ中出し2発3発目は出来なかった体験談!笑

ハッピーメール出会い系22歳AカップちっぱいOLさんのマグロきたわ!笑167㎝42キロきた!膣がめっちゃ狭くて入らないか?生ハメ中出し体験談ハメ撮りは絶対ダメ!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです!😍笑笑

3月も、大学生が春休みなので、

予想以上に、入れ食いきてます❣️😍笑笑

めっちゃ釣れすぎで、

2人くらい、疲れて、ドタキャンしてしまいました😳

それだけ、ちんこ、疲れてます😳笑笑

めっちゃ 贅沢なつかれです😳笑笑

40代半ばのころより、40代後半は、

性欲が、なくなってきたかもしれません😭😳

みなさんは、どうですか?😳笑笑

まだまだ、性欲ありますか?😳笑笑

無料エッチなので、

できるだけ、やりに行くんやけど、

最近は、今日は、やめた!😳笑笑

オフにするべ!😳

ってのが、増えてきました😳笑笑

今回の女の子は、

22歳 アパレルのOLさん❣️😍笑笑

167センチの、42キロで、

めっちゃ ガリガリやったわ😳笑笑

おっぱいは、Aカップ ちっぱい❣️😍笑笑

スタイルは抜群やった❣️😍笑笑

めっちゃ 素敵なワンピース👗で、

来てくれたわ〜❣️😍笑笑

勝負服だな〜❣️😍笑笑 素敵やった❣️😍笑笑

めっちゃ 細めのスタイル抜群よ❣️😍

この子は、今までに、

2人しか、彼氏いなくて、

2人とも、エッチ、1回しか、

してなくて、お別れしちゃったらしい😳

なので、エッチは、2人だけで、

回数も、エッチ2回しか、

したことないらしい😳笑笑

めっちゃ 処女じゃん❣️😍笑笑

しかも、もう、3年くらいは

エッチしてないらしい😳笑笑

めっちゃ処女か〜❣️😍

ラッキーと、思いながら、

エッチ スタート❣️😍笑笑

なんと❣️😍笑笑😳

この子は、めっちゃ マグロ🍣だった⁉️笑笑😳

キス、おっぱい、クンニ、電マ

と、めっちゃ頑張るも、マグロ🍣❣️😍笑笑😳

つまんね〜😳😳😳😭

だから、彼氏、別れたんだわ〜😳😭笑笑

気持ち良くない?😳😭

気持ちいいですよ〜😊

とは、言うが、

めっちゃ 本マグロ🍣 笑笑😳

大間のめっちゃ 本マグロ🍣❣️😍笑笑

でも、めっちゃ 濡れ濡れになってきたので、

頑張ったわ〜😳おれ。笑笑

フェラさせようとすると、

ごめんなさい🙇‍♀️

フェラ苦手なんで、出来ないです😳😭笑笑

マジかよ〜😳😭 最悪じゃんか〜😳😭笑笑

だから、彼氏、逃げんだわ〜😳😭笑笑

と、思いつつも、

やらないと、もったいないので、

なまで、ちんこ、すりすりして、

頑張って、たたせて、笑笑

やっと立ってきたので、

生のまま、ちんこ、入れる❣️😍笑笑

なまは、良いらしく、何も言わないので、

生で、ちんこ、いん❣️😍笑笑

めっちゃ 濡らしたので、

カリは、入った❣️😍笑笑😳

が???😳 

ん??? 😳😳😳

そこから、奥に、入らない⁉️😳😳😳

痛い? 

はい😭痛いです😭

ちんこ、ガンガン立ってるので、

思いっきり、押し込むも、

びくともしない?😳😳😳

え???😳

膣が、開かない???😳😳😳

指は、さっき、入ったけど、

めっちゃ きついから、

膣が、開かないのか???😳😳😳

元カレたちは、

奥まで、ずっぽり、入ったの?😳

う〜ん😳 2人とも、

頑張ってましたけど、

たぶん、奥までは、入ってないと思います😳😭

とのこと❣️😍笑笑

マジかよ😳 めっちゃほんとの処女じゃん❣️😍笑笑

そこから、

よだれつけて、🤤 ローション🧴出したわ!😳笑笑

電マやりながら、

時間かけて、ほぐして、😍

10分くらい、かかってか?😳😳😳笑笑

やっと、奥が、濡れてきて、

少しづつ、入ってきたわ❣️😍笑笑

おし❣️😍いける❣️😍笑笑

いくよ❣️ はい😭

メリメリメリメリ〜❣️😍笑笑

いた〜い😭😭😭😭😭

めっちゃ メリメリメリメリ〜❣️😍笑笑

ずっぽし、奥まで入ったわ❣️😍笑笑

今まで、処女、28人、エッチしてきたか、

1番、硬くて、きつかったわ❣️😍笑笑😳

入らないか?ぐらい、やばかったわ😳

奥まで、入れば、

こっちのもんなので、

足を、開かせて、

ガッチリホールドさせて、

めっちゃ 振りまくる❣️😍笑笑

処女の、最高のきつめ❣️😍笑笑

ちんこ、擦れるくらい、きつめ❣️😍笑笑

やばい❣️😍 かなり、気持ちいい❣️😍

だけど、めっちゃ マグロ🍣 笑笑

5分くらいで、

めっちゃ 射精感きた❣️😍笑笑

そのまま 振りまくって、

生で、中出し〜❣️😍笑笑

めっちゃ どくどく 出てたわ❣️😍笑笑

目 つむって、ぐってりしてるときに、

撮ったやつ❣️😍笑笑

めっちゃ 血が出てたわ😳笑笑

めっちゃ 疲れたので、

今日は、1発で、終わり〜😳😭😳

帰るわ〜😳

事前にもらった、LINEは、

こんな感じね❣️😍笑笑

めっちゃ 美人だわ❣️😍笑笑

だけど、本マグロ🍣 笑笑😳

本日のまとめ❣️

ハッピーメールには、処女がいる😍

めっちゃ 本マグロ🍣もいる😍

ガチガチに硬い処女もいる😍😳

処女膜破れば、めっちゃ気持ち良き❣️😍笑笑

本マグロの、体験談 面白かったら、

登録してみてください!笑笑😳

ポイントつきますので!笑笑😳

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系22歳AカップちっぱいOLさんのマグロきたわ!笑167㎝42キロきた!膣がめっちゃ狭くて入らないか?生ハメ中出し体験談ハメ撮りは絶対ダメ!

風俗での出会い
先月、会社の社員旅行で千葉へ行った際、夜に同僚と風俗へ行こうとの話になり、船橋の風俗へ行きました。そこで来た風俗嬢がAV女優のつぼみにそっくりでした。私も大好きなAV女優そっくりだったので、とても興奮してしまいました。プレイもとても良く、遠いですが通おうと思ったほどです。とても可愛く、素晴らしいテクニックの持ち主で、私の心はもう持っていかれてしまいました。もちろんあまりの可愛さに延長してしまい、同僚を待たせる始末。それほど可愛く、また来たいと思わせるような娘でした。地元は田舎で風俗さえない地域なので、引っ越しも考えたほどです。今でもあの時の感触が忘れられず、来月休みを利用して、また行くつもりです。もちろん指名して、また気持ち良くなりたいです。元々人をあまり好きにならない性格なのですが、これはもう恋をしてしまったのかもしれません。毎日その子のことを考えてしまいます。もちろんそれ以上の関係になれるとは思っていませんが、一つの夢として私の中にあります。来月を楽しみに今を生きています。あの子が他の男の人に抱かれていると思うと毎晩眠れません。私は本気で恋をしてしまったようです。あの子に会うために毎日仕事を頑張っています。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 風俗での出会い

ハッピーメール出会い系18歳Fカップ現役の巨乳女子高生JKきたわ!制服エッチ生ハメ中出し2発決めた体験談ハメ撮りも撮りまくり!無料エッチ!

見てよ❣️😍笑笑

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです❣️😍

毎年、春休みは、大学生と、そして、

女子高生が、釣れるので、笑笑

めっちゃ 18歳を狙ってました❣️😍笑笑

18歳に絞って、

ハッピーメール、メールを、

50通、3500円分、

送りました😳😳😳笑笑

まっ、それだけ遅れば、

釣れるでしょう❣️😍笑笑😳

18歳現役の女子高生JK きたわ❣️😍笑笑

しかも、Fカップ きたわ❣️😍笑笑

めっちゃ良い子で、なんと❣️😍笑笑

制服も 持ってきてくれたのよ❣️😍笑笑

それでは、

18歳 女子高生と、制服エッチ❣️😍

生ハメ 中出し 2発

やっちゃった 体験談

始まりみーす❣️😍笑笑😳

めっちゃ 美乳の、もちもちお肌よ❣️😍笑笑

めっちゃ 最高だったわ〜❣️😍

とりあえず 乳首は、隠しました😳笑笑

はい❣️ どーぞ〜❣️😍笑笑

めっちゃ 巨乳ちゃんだったわ😳😍

揉み心地、最高やったわ❣️😍笑笑

また、この子、声が可愛いくて❣️😍❣️

ん〜😍 はぁ〜ん😍 んふ〜😍

めっちゃ 可愛いかったわ〜❤️

マグロ🍣のあとだったから、

めっちゃ声は、大事やと思ったね〜😳笑笑

18歳 めっちゃ美乳だわ〜❣️😍❣️

めっちゃ クソ柔らかい❣️😍❣️😍❣️

さいこ〜だ〜❣️😍

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系18歳Fカップ現役の巨乳女子高生JKきたわ!制服エッチ生ハメ中出し2発決めた体験談ハメ撮りも撮りまくり!無料エッチ!

出会い系サイトで出会える人と出会えない人の違い
出会い系サイトで、出会える人と出会えない人には、明らかな違いがあります。出会える人は、きちんとしたプロフィールを作っていて、写真をきちんと載せている人です。もし逆の立場で考えた時に、自分のプロフィールを載せていなかったり、写真が載っていなければ、こちらからコンタクトを取りたいとは思いません。自分だったらと相手のことを考えて、きちんとプロフィールは作成し、写真を載せる必要があります。出会い系サイトが原因で、事件が起こったりすることがあるとよくテレビで報道されています。最近では、その恐怖心なら出会い系サイトを控える方もいらっしゃいます。どこの誰かも分からないのに、連絡を取るのは、恐いことです。恐いのは相手を知らないからです。つまり、プロフィールに出身学校や現在の働いている仕事になど、こと細かく書いてあれば、相手も心を開きやすくなります。趣味があれば、そちらもプロフィールに記入すれば、同じ趣味の人との出会いもあるかもしれません。男性も女性も、今は出会いはインターネットという方も多いです。有料の出会い系サイトは、有料な分出会える確率も高くなります。コンテンツがしっかりしていますので、本気で出会いを求めている方は、有料の出会い系サイトの利用をお勧めします。中には悪質なサイトもありますので、しっかり調べてから登録することをお勧めします。今はインターネットの出会い系サイトで出会うのは普通のことです。そこから結婚まで至った方はたくさんいらっしゃいます。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 出会い系サイトで出会える人と出会えない人の違い

ハッピーメール出会い系医療系23歳理学療法士さん細めCカップパイパンスタイル抜群生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮り撮りまくり体験談!

出会い系 年間120人中出し決めた!

たつやです❣️😍

ハッピーメール出会い系

3月も、めっちゃ入れ食いきてます❣️😍

春休みなので、学生が、

めっちゃハッピーに登録してきてますよ❣️😍

食い放題です❣️😍❣️😍

みんなも、やりまくってますか〜?😍笑笑

今回の女の子は、

23歳の、理学療法士さん😍

細めのめっちゃスタイル抜群❣️😍

乳輪大きめの、Cカップ❣️😍笑笑

2022.3/2 に、カカオ開通❣️😍笑笑

で、早めに会わないと、

他のライバルにやられちゃうので、😳

出会い系は、速攻エッチが、

鉄則です❣️😍笑笑😳

3/6 日曜日に、エッチしてきました〜😍笑笑

それでは、

乳輪デカめ、Cカップ乳輪❣️😍

生ハメ 中出し 2発 ハメ撮りあり

体験談 始まりみーす❣️😍笑笑

足も、ウエストも、

めっちゃ 細めやったわ❣️😍😳

でも、おっぱいは、Cカップ❣️😍😳

乳輪デカめ 美乳ちゃん❣️😍❣️

その、おっぱいの写メは、

こちら❣️😍笑笑😳

めっちゃ細めの、パイパンよ❣️😍笑笑

膣が、めっちゃきつくて❣️😍笑笑

ちんこに、めっちゃ絡まってたわ❣️😍

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系医療系23歳理学療法士さん細めCカップパイパンスタイル抜群生ハメ中出し2発無料エッチハメ撮り撮りまくり体験談!

失敗しない出会い系サイトの選び方
近年は、インターネットの普及により、出会い系サイトの運営サービスも増加している傾向にあります。にたような文言を取り扱うサイトがたくさんあります。まず悩むのがどのサイトが安心かつ安全に利用できるのかはなやむところです。そこで、出会い系サイトの失敗しない選び方をご紹介します。出会い系サイトは選び方を間違うと出会えなくなる可能性が高くなりますから注意が必要になります。どうしても利用するのを避けなければならないサイトがアダルト色が強いサイトです。例えば、裸丸出しの女性がプロフィール画像に登録されていると言ったケースがそれに当たります。いわゆるぼったくりサイトです。また、利用規約や会社名がないサイトも要注意であると考える方が無難です。サイトの選び方のポイントとしては、まずは、自分の利用目的をはっきりとした上でどのサイトが妥当であるかがわかります。出会う目的が違えば出会い系サイトの意味も変わってきます。それに準じた対策をすることが望ましいです。また、自分の出会いたい異性の特徴を知ることが大切です。例えば、真面目に交際する相手を探したい、趣味の合う異姓と仲良くなりたいなどターゲットを決めておけば、ある程度絞りやすいと考えられます。そうすることで「こんなはずじゃなかった」という後悔をしなくても済むのです。次に注目すべきは金銭面です。経済的なアキレス腱といわれる金額については慎重に検討するべき事項です。
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 失敗しない出会い系サイトの選び方

ハッピーメール出会い系19歳めっちゃ性欲やばいスタイル抜群セフレちゃんとコロナ陽性から復活セックスしてきたわ!生ハメ中出し3発やらされた体験談!

先月2月の末に、コロナ陽性になってしまった

19歳 性欲凄まじい セフレちゃん

コロナ陽性から、半月くらい過ぎて

めっちゃ性欲溜まってきた❣️😍😳

らしく、久しぶりに

会ってきました〜❣️😍笑笑

生ハメ 中出し 3発

やらされました〜❣️😍😳笑笑

バイアグラ、飲んだので、

3回戦、ギンギンで、

余裕でした〜❣️😍😳笑笑

40代後半の、みなさんは、

バイアグラ、飲んでますか?😳笑笑

この子は、

今も、ずっと会ってるので、

後ろ姿 だけでーす😍😳

もし、捨てられたら、

ハメ撮り たっぷり、アップ⤴️しまーす😳

今回は、コロナ感染させるとこで、

ごめんなさい🙇‍♀️

ってことで、

何か、お詫びする❣️😍

って、言うので、

なんと❣️😍😳笑笑

女子高生のときの、

制服を、お願いしました❣️😍😳笑笑

え〜😳やだぁ〜😳笑笑

って、言ってたけど、

コロナ、やばかったんだぞ〜😳笑笑

と、押したら❣️😍

制服、持ってきてくれました〜❣️😍😳

いや〜 言ってみるもんだわ❣️😍😳笑笑

その、写メは、こちら❣️😍😳

お尻、プリッとしてるわ〜❣️😍😳

この、お尻に、

生ハメ 中出し 3発よ❣️😍😳笑笑

ハッピーメール さいこ〜❣️😍❣️😍❣️

制服のハメ撮りは、

振られたら、アップ⤴️しますね〜😳

お尻が、むにむにで、

最高なのよ〜❣️😍

で、生ハメ 中出しできるから、

そのまま、めっちゃ中出しよ❣️😍❣️😍

19歳に、中出し、なんて最高なんだ〜❣️😍

[紹介元] 出会い系~年間120人やれた体験談~ ハッピーメール出会い系19歳めっちゃ性欲やばいスタイル抜群セフレちゃんとコロナ陽性から復活セックスしてきたわ!生ハメ中出し3発やらされた体験談!

ザ・シークレット・ゾーン
ザ・シークレット・ゾーン (北条麻妃)公式サイトへ
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 ザ・シークレット・ゾーン

ero kink
大人の女性の為の情報サイトserecora出会い系サイトアプリ比較 OneLove【ワンラブ】大人の官能小説(画像付きエロ小説)蜜箱出会い系体験談~【蜜時(ミツドキ)】安全無料のエロ動画ミツバコセックスレス解消法!恋愛継続ラボ【セクレラボ】
[紹介元] 出会い系体験談 【蜜時(ミツドキ)】 ero kink