【人妻体験談】温泉宿でお風呂場にいた奥さんとエッチをした思い出

【人妻体験談】温泉宿でお風呂場にいた奥さんとエッチをした思い出
俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。

休みも日・月の隔週だった。

4月から半年働いて、いい加減疲れたので、温泉でも行こうと思った。

山奥まで電車で行って、ひなびた温泉宿を捜したんだけど、行ったのは日曜だからなかなか見つからない。

夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。

そこは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。

一応、温泉だけはちゃんとしてて、源泉から引いてるって言うので、とにかくそこに泊まることにした。

その宿は、40代と30代の女性二人と、若い方の女性の子供の3人が居て、男性は誰もいなかった。

外へ食事に行き、さて風呂に入ろうと脱衣所で勢いよく脱いで風呂場の扉をがらっと開けると・・・。

若い方の奥さんが入っていて、おいらのナニはしっかり見られてしまったのだった。

「あ。ごめんなさい」

と俺が出ようとすると・・・。

「いいえ、お客さん、こちらこそごめんなさい。

いつも日曜はお客さん居ないから広い方の男湯を使っているんです。

間違えてしまったあたしが悪いんですから、お客さんは出ないで下さい」

と言う。

「でも・・・」

と言って躊躇していると、大胆にも奥さんはそのままの姿で近付いてきて俺の手を引っ張る。

これでは入らないわけにはいかない。

とにかく湯船に浸かることにした。

湯船に入っても、奥さんはすぐには出て行かなかった。

また身体を洗い始めたのだ。

後ろを向いて洗っている。

見るまいと思ってもついつい目が行ってしまう。

雪国の人らしく肌は透き通るように白い。

スタイルもそんなに崩れていない。

顔は松坂慶子をもう少し和風にしたような感じだった。

もういい加減、身体も洗い終わったから出るだろうと思っていると、今度は髪を洗い始めた。

長い髪が水に濡れたところはウブだった俺には十分すぎるくらい艶めかしかった。

俺は風呂の中で勃起していた。

これでは俺のほうが出れない。

俺は温泉と奥さんにのぼせ上がってしまってフラフラだった。

と、その時

「そんなに入られてると、のぼせちゃいますよ」

と言う奥さんの澄んだ声が響いた。

続きを読む

[紹介元] 【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ 【人妻体験談】温泉宿でお風呂場にいた奥さんとエッチをした思い出