【熟女体験談】母娘をレイプした鬼畜な男たち

【熟女体験談】母娘をレイプした鬼畜な男たち
「お母さん、どこにいるの?」

リカが母の姿を求めて廊下を移動する足音が聞こえる。

赤いランドセルを背負ったまま、リカは部屋を覗きまわっていた。

「奥さん、どうやら娘が帰って来たようだぜ」

傷のある男は織江の耳元でそう囁くと、手に持っていたガムテープで織江の口を塞いでしまった。

「すまないね奥さん、ここであんたに騒がれちゃあ、元も子もないんでね。

おいお前ら、娘をここに連れて来い」

傷の男が命令すると、後の二人はリカを捕まえる為、部屋を出て行った。

「へへっ奥さん、もうすぐ娘と対面できるぜ」

体を拘束され、声も上げる事が出来ない織江は、娘が無事逃げられるよう、心の中で祈るしかなかった。

「お母さんどこに行ったのかな~?」

リカは母を捜して台所に来ていた。

いつもなら、ここで晩御飯の準備をしている筈。

しかし今日は母の姿が見当たらない。

リカはおもむろに台所に背負っていたランドセルを置くと、その場に立ち尽くしていた。

そのリカの背後に、眼鏡の男が音も立てずに近寄っていく。

「ようし、捕まえたぞ」

突如、自分の身に回された男の太い腕に驚きながらも、何とかそこから逃れようとするリカ。

[紹介元] 【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめ 【熟女体験談】母娘をレイプした鬼畜な男たち