老けて見える大きな原因|自分に合った治療方法を見つけよう|目の下のたるみを解消

自分に合った治療方法を見つけよう|目の下のたるみを解消

老けて見える大きな原因

鏡を見る婦人

皮膚が垂れ下がってきます

顔のたるみとは、加齢に伴い皮膚が垂れ下がってくる現象のことを言います。皮膚が垂れてくると、ほうれい線や口元など顔の様々な部位にシワが生じるため、顔が老けて見える大きな原因となります。顔のたるみは様々な原因によって発生します。まず、肌の弾力の低下が挙げられます。肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの成分によって弾力性が保たれていますが、加齢や生活習慣、紫外線などによってこれらの成分が減少し弾力が低下します。次に筋肉の衰えがあります。皮膚のすぐ下にある表情筋や表情筋を支える深層筋が衰えることにより、皮膚を支えられなくなりたるみが生じます。さらに、猫背など顔を前に突き出す姿勢もたるみの原因となります。顔のたるみを予防・解消するには、紫外線対策をきちんと行う、エクササイズを行って顔の筋肉を鍛える、正しい姿勢で過ごすなどが挙げられます。

程度がひどい場合には

日頃の予防方法では対処できないほどたるみがひどくなってきた場合には美容整形を利用することもできます。たるみを解消する方法は、主に、リフトアップ、肌質の改善、注入治療の3つに分けられます。リフトアップとは皮膚を上方に引き上げる手術のことで、効果の持続時間が長く、確実にたるみを改善できる方法です。皮膚を切って引き上げる方法と糸を用いて引き上げる方法の2種類があります。皮膚を切る場合には、生え際の皮膚を切って縫合するため傷跡は目立ちません。特に、SMAS法と呼ばれる、皮膚だけでなく皮膚の下にある組織も一緒に引き上げる手術なら最大限のリフトアップ効果が得られます。糸を用いたリフトアップは比較的短い期間、小さな改善を行う場合に適しています。肌質を改善する方法は、糸を用いて皮膚を刺激したり、レーザーを照射して肌を引き締める方法などがあります。注入治療は、ヒアルロン酸などをくぼんだ部分に注入してたるみを目立たなくする方法です。これらの治療法は根本的にたるみを改善する方法ではないため、効果や持続時間が限られていますが、施術時間が短く気軽に行えるとして人気です。